FC2ブログ

記事一覧

『奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤーセレクション』孤高の映画作家の魂揺さぶる4作品がデジタルリマスターで甦る! ビジュアル&予告編が解禁


【ニュース】
「二十世紀の至宝」と謳われ、世界映画史が誇る孤高の映画作家カール・テオドア・ドライヤー監督の特集上映『奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション』をシアター・イメージフォーラムほか全国にて開催! 12 月 25 日に上映が決定! ポスタービジュアルと予告編が完成した。



1889 年 2 月 3 日にデンマーク・コペンハーゲンで生まれ、79 年の生涯で長編 14 作品を 発表したカール・テオドア・ドライヤー。人間、とくに女性の心の本質をフィルムで見つ め続けた、孤高の映画作家です。常に独創的で革新的な作品を生み出し、ジャン=リュッ ク・ゴダールを筆頭とした世界の巨匠たちからアルノー・デプレシャンら現代の先鋭たち まで多大なる影響を与え、国や世代を超えて今なお敬愛されています。 本特集は、すべてデジタルリマスタリングされた素材での上映となり、上映作品は、“人 間”ジャンヌ・ダルクを描いた無声映画の金字塔的作品『裁かるゝジャンヌ』、魔女狩りが 横行した混沌の時代を映し出した衝撃作『怒りの日』、家族の葛藤と信仰の真髄を問い、ヴ ェネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞した代表作『奇跡』、愛を探し求め続けた一人の女性 の姿を完璧な様式美の映像で捉えた遺作にして集大成的作品『ゲアトルーズ』の 4 作品を ラインナップ。『裁かるゝジャンヌ』は 2015 年にフランスのゴーモン社によってデジタル 修復された素材によるもので、特集上映「ゴーモン 珠玉のフランス映画史」以来の貴重な 上映、『怒りの日』『奇跡』『ゲアトルーズ』においては、新素材での上映は今回が劇場初となります。また映画評論家・蓮實重彦氏よりコメントが到着。「古典的であることが奇跡のように前衛性に通じてしまうドライヤーの作品は、どれもこれもが傑作である。あえて一本というなら『奇跡』を挙げようが、彼のすべての作品を見ていなければ、映画について語る資格はないと断言したい。」とコメントを寄せている。 



解禁となった予告編では、蓮實氏のコメントともに、各作品の荘厳で重厚な劇伴にあわせ上映 4 作品を紹介、ポスタービジュアルは、『裁かるゝジャンヌ』より主人公ジャンヌを演じたルネ・ファルコネッティの物憂げな表情を大胆に配し 5 色のグラデーションで彩ったビジュアルとなった。




ポストカードセット付き 4 回券はシアター・イメージフォーラムにて発売中、11月2 日(火)よりメイジャー・ネット通販でも販売開始となる。

『奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤーセレクション』
配給:ザジフィルムズ
「裁かるゝジャンヌ」
(c) 1928 Gaumont
「怒りの日」「奇跡」「ゲアトルーズ」
(c) Danish Film Institute
(http://www.zaziefilms.com/dreyer2021)は、12月25日(土)より、シアター・イメージフォーラムほか全国順次開催


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ