FC2ブログ

記事一覧

Netflixシリーズ『新聞記者』綾野剛 横浜流星ほか、第2弾キャスト解禁!併せて予告、ティーザーキーアートも公開


【ニュース】
衝撃の問題作『新聞記者』がさらにスケールアップし、全6話のドラマとしてキャストを一新、新たな物語であるNetflixシリーズ『新聞記者』が2022年1月13日全世界同時配信決定!!綾野剛、横浜流星ら第二弾キャストが解禁された。
“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を、圧倒的存在感でさまざまな“闘う女性”を演じてきた米倉涼子、監督は映画版に引き続き、藤井道人が務めることは既にアナウンスされていたが、豪華キャスト陣と予告映像・ティーザーキーアートも初解禁!!




『ヤクザと家族 The Family』(21)での藤井道人監督とのタッグも記憶に新しい綾野剛が、理想を抱きつつも組織の論理に翻弄される若手官僚・村上真一役を演じる。また、藤井道人監督がNetflix版新聞記者』でどうしても描きたかったというキャラクター、新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役を横浜流星が演じる。映画版にはなかった一般市民、特に若者の視点から物語が描かれる。

さらに、自分の意思に反し改ざん作業を強いられる公務員・鈴木和也とその妻・真弓を、映画界屈指実力派である吉岡秀隆、寺島しのぶのコンビが熱演。複雑に絡みあう物語の脇を固めるのは、吹越満、田口トモロヲ、大倉孝二、田中哲司、萩原聖人、柄本時生、土村芳、小野花梨、橋本じゅん、でんでん、ユースケ・サンタマリア、佐野史郎と、日本映画界を代表する演技派が集結し、骨太な物語に風格とリアリティをもたらしている。



予告編では、あるひとつの国会答弁にまつわる映像から始まる。官邸記者会見で忖度なしの質問を連発する東都新聞記者・松田杏奈(米倉涼子)、エリート若手官僚として職務に邁進する村上真一(綾野剛)、そして政治には興味も知識もない就活中の大学生・木下亮(横浜流星)。メディア、官僚、市井の人々...異なる世界に生きる3人が、世間を震撼させたあるスクープをきっかけに、運命が交わり始める。圧殺される個人の意志と、それを受け継ごうと闘う人々のそれぞれの正義がせめぎ合う中、松田の「この国は変わらないといけないんです」という切実な台詞で映像は締め括られる。ティザーキーアートでも3人それぞれの表情が自分の守るべきものと現実との間で、葛藤に苦しんでいるような表情を見せる。


監督:藤井道人
出演:米倉涼子
横浜流星/吉岡秀隆 寺島しのぶ/
吹越満 田口トモロヲ 大倉孝二 田中哲司 萩原聖人/ 柄本時生 土村芳 小野花梨 橋本じゅん でんでん/ ユースケ・サンタマリア 佐野史郎/綾野剛
脚本:山田能龍、小寺和久、藤井道人
エグゼクティブプロデューサー:坂本和隆、高橋信一
企画・プロデュース:河村光庸
プロデューサー:佐藤順子、山本礼二
ラインプロデューサー:道上巧矢
音楽:岩代太郎

撮影:今村圭佑
照明:平山達弥
録音:根本飛鳥  
キャスティング:おおずさわこ、杉山麻衣
美術:部谷京子
衣装:宮本まさ江
ヘアメイク:橋本申二
助監督:逢坂元
制作担当:櫻井紘史、多賀典彬​​
編集:古川達馬、前田径成
VFX:大澤宏二郎
ポスプロ:石田記理
スクリプター:永倉美香
タイトルバック:松井夢壮
音響効果:勝俣まさとし
ミュージックエディター:石井和之
サウンドデザイン:浜田洋輔
製作:Netflix
制作プロダクション:スターサンズ
2022年1月13日(木)よりNetflixにて全世界独占配信


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ