FC2ブログ

記事一覧

映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』トッド・ヘインズ監督は内部告発映画の隠れファン!?お気に入りの作品、製作の経緯を語るコメントが解禁

【ニュース】
映画『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』トッド・ヘインズ監督は内部告発映画の隠れファン!?お気に入りの作品とともに製作の経緯を語るコメントが解禁。

好きを形に。探求心から生まれた最新作

『ベルベット・ゴールドマイン』、『エデンより彼方に』、『キャロル』など悲劇的なメロドラマを数多く手がけ、観る者の心を揺れ動かしてきたトッド・ヘインズ監督。自身も同性愛者である彼は、社会的マイノリティの人々を美しくも悲劇的に映し出してきた。そんな彼が、巨大企業の陰謀を暴き出す弁護士に焦点を当てた最新作『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』を手掛けたのは少し意外に感じるかもしれない。しかし、ヘイ ンズは昔から内部告発映画のひそかなファンだったのだ。プロデューサーも兼任するマーク・ラファロから本作の話を持ちかけられた時のことを、次のように語っている。「マークは知る由もなかっただろうが、私はこのジャンル、つまり内部告発もののひそかなファンだった。アラン・パクラ(とゴードン・ウィリス)による 1970 年代の 『コールガール』、『パララックス・ビュー』、『大統領の陰謀』のパラノイア三部作や、その後のマイク・ニコルズ監督作『シルクウッド』やマイケル・マン監督作『イン サイダー』に心底敬服しているのは、私だけではないだろう。ただ、権力が犯した過ちを明らかにすること以外にも、私の心をとらえる何かがこれらの作品にはあった。(リチャード・ニクソンがいかに腐敗していたかを知るために『大統領の陰謀』を見る人はいない)。もちろんこれらの作品では、企業や業界によるものであろうと、政府によるものであろうと、権力の乱用や脅迫や隠ぺいが明かされる。実際、それが物語に期待されるものであり、そうした期待が、物語に先立って実社会で高まることもよくあることだ。しかし、内部告発映画の真に焦点をあてるのは平凡な人間であり、彼または彼女のたどる過程であり、真実に立ち上が ることでその人物が直面する、致死的とまではいかないにしても、精神・感情面の危機である。」。

さらに、ヘインズは瞬時にロブ・ビロット(『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』の主人公のモデルとなった人物)のストーリーに惹かれ、新しいジャンルを探求できることにワクワクしたという。「本作は僕がよく携わる映画とは少し違うけれど、僕が昔から好きな内部告発もの(他にふさわしい言葉がないのでそう言わせてもらう)というジャンルと同じタイプの作品だった」と、話すヘインズが特に気に入っているのは、『大統領の陰謀』や『インサイダー』だという。

トッド・ヘインズ監督お気に入りの「内部告発映画」は以下に


『コール・ガール』(71/アラン・J・パクラ監督) 

ペンシルヴァニア州のある研究所の科学者が突如失踪した。それから数ヶ月後のニューヨーク、彼の失踪事件を調べていた刑事のジョン・クルートは、彼がコ ールガールに宛てた卑猥な手紙を頼りに独自の調査を始める。受取人の友人で売れっ子のコールガール、ブリー・ダニエルズに協力を請うが、警察に怨みを もつ彼女に追い返され、クルートは彼女の自宅近くに部屋を借りて監視する。クルートは監視を続けるうち、ブリーに対する恋が芽生え、ブリーもいつしか彼を 愛するようになるがブリーに何者かの魔の手が迫る。

『パララックスビュー』(74/アラン・J・パクラ監督) 

次期大統領候補キャロル上院議員がシアトルのスペースニードルで演説中暗殺され、単独犯とされた犯人が墜落死した。それから三年後、女性ジャーナリ ストでかつての恋人でもあったリー・カーターがやってきた。彼女はキャロル上院議員暗殺事件の 20 人近い目撃者の 1 人だったが、3 年間にそのうちの 6 人 が不慮の事故で死亡し、やがて自分も殺されるのではないかとジョーに打ち明け、ひどく怯える。ジョーはその話を一笑に付したが、数日後、リーは死体となっ て発見される。女友達の死をきっかけに新聞記者が調査をすると、進歩派を憎むプア・ホワイトをテロに仕立て上げる暗殺者養成所の存在が浮かび上がっ た。社会派として名高いアラン・J・パクラ監督の政治サスペンス。

『大統領の陰謀』(76/アラン・J・パクラ監督) 

ウォーターゲート事件の知られざる真相を暴き、ニクソン大統領を失脚に導いたワシントン・ポスト紙の記者カール・バーンスタインとボブ・ウッドワードの回顧録 を映画化した社会派サスペンスドラマ。1972 年 6 月、ワシントン D.C.のウォーターゲートビルにある民主党本部に不審な 5 人組が侵入し、逮捕される。 ワシントン・ポスト紙の新米記者ウッドワードは裁判を取材し、当初は単なる窃盗目的と思われた犯人たちの裏に何か大きな存在をかぎとる。先輩記者の バーンスタインと組んで事件の調査にあたることになったウッドワードは、情報提供者ディープ・スロートの助言や編集主幹ブラッドリーの後ろ盾を得て徐々に 真相に迫るが......。
『シルクウッド』(83/マイク・ニコルズ監督) シルクウッドをメリル・ストリープが演じ、実在の人物であるカレン・
 核の危険性を訴え、労働条件改善を求めていた最中、謎の事故死を遂げたカレン・シルクウッドの実話を M・ニコルズが映画化。シルクウッドというひとりの女性の生きざまを主軸に据えた作品。

『インサイダー』(99/マイケル・マン監督)

ある日、CBS の人気ドキュメンタリー番組『60 Minutes』のプロデューサー、ローウェル・バーグマン(英語版)の元に匿名で書類が届けられる。それはタバ コ産業の不正を告発する極秘ファイルだった。彼はアメリカの大手タバコメーカーB&W 社で研究開発担当副社長を務めたジェフリー・ワイガンドに接触し、インタビューに応じるよう説得する。マスコミとの接触を知った B&W 社に圧力をかけられたワイガンドは苦悩するが、『60 Minutes』のインタビューに応じ、法廷 で証言することを決意。『60 Minutes』の看板キャスター、マイク・ウォレスによるインタビューの収録を受ける。しかし、CBS の上層部はタバコ産業との訴訟を恐れ、ワイガンドのインタビューをカットして放送する事を決定、バーグマンも『60 Minutes』を降ろされてしまう。B&W 社は、ワイガンドと彼の家族に圧力をかけ始める。




併せて解禁された場面写真には、巨大企業デュポン社の陰謀に立ち向かう弁護士・ロブ(マーク・ラファロ) と、彼を取り巻く周囲の人々が切り取られている。山積みになった内部資料に隈なく目を通すロブや、そうして次 第に疲弊していく夫を優しく抱きしめる妻のサラ(アン・ハサウェイ)の姿からは、巨大企業との闘いに挑んだ苦難の道のりが垣間見える。さらに、深刻な表情のロブが、上司のタープ(ティム・ロビンス)に相談を持ち掛けているようなカットも。



また、メイキング写真には、マーク・ラファロに演出するトッド・ヘインズ監督の姿が。製作と主演を兼任し、環境活 動家でもあるラファロと、内部告発映画のファンだというヘインズ。そんな二人の心を動かしたという物語に期待は高まるばかりだ。


出演:マーク・ラファロ アン・ハサウェイ ティム・ロビンス ビル・キャンプ ヴィクター・ガーバー ビル・プルマン 
監督:トッド・ヘインズ(『キャロル』『エデンより彼方に』)
2019 年/アメリカ/英語/126 分/ドルビーデジタル/カラー/スコープ/原題:DARK WATERS/G/字幕翻訳:橋本裕充 
© 2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ 
公式サイト:http://dw-movie.jp
12 月 17 日(金)、TOHO シネマズ シャンテほかロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ