FC2ブログ

記事一覧

HU35 老山綾乃監督『まんたろうのラジオ体操』に注目の新人女優・片山友希が主演!⻑塚京三、渡辺真起子、福澤朗も参戦! コメントあり


【ニュース】
自らが監督・脚本を務め、Hulu で配信する「短編作品」を完成させるため、2組目にクランクインしたのは『まんたろうのラジオ体操』の老山組。 本作の監督を務める老山綾乃は、現在、日本テレビの報道番組「真相報道 バンキシャ!」のアシスタントディレクター(AD) 3 年目として働く 23 歳。ファイナリスト選考会では、AD らしくカンペ用のスケッチブック 1 つでプレゼンを敢行。報道番組の AD という実際の自分自身を重ねた物語で、誰よりも熱のこもったプレゼンテー ションを行ったことで、審査員たちの心を惹きつけ、ファイナリストに選ばれた際も涙ながらに感謝を伝えてい た。プレゼン時はロングだった髪をばっさり切り、監督として気合十分で本番撮影に挑む! 老山監督が描くのは 報道番組の AD の仕事に疲れ自宅に戻った主人公・さくらは、毎朝、大音量でラジオ体操 を行っている隣家の老人・万太郎に出会う。さくらが万太郎との交流を通じて、自分の生き方と仕事を再起動さ せる物語。本作で老山監督が焦点を当てたのは「映らない存在」。大きなニュースや報道で見過ごされがちな社 会問題をエンターテインメントとして描く。 



⻑塚京三 場面写真:万太郎に話かけるさくら(片山)


場面写真:ラジオ体操していた万太郎(⻑塚)



老山監督 片山友希



メイキングカット

そして、本作のキャストが発表、主人公・さくら役には、先日発表された報知映画賞で最多7部門にノミネートされた『茜色に焼かれる』(石井裕也監督)で、苦境の中で生きる女性を熱演した注目の俳優・片山友希。さくらの自宅の向かいに住む、大音量でラジオ体操を行う老人・万太郎役は、映画、演劇、ドラマとジャンルを問わず独特な存在感と魅力を放ち続ける名優・⻑塚京三が務め、映画祭常連監督たちに愛される実力派女優の渡辺真起子が万太郎の姪として出演。そして老山監督が AD を務める「真相報道 バンキシャ!」から心強い応援キャストとして、放送開始から本番組のメインキャスターを務めていた福澤朗が、アナウンサー役で友情出演することも決定! なお福澤は、「報道の現場では彼女は AD でしたので、その気質が抜けていないのか、撮影現場でも監督なのにペコペコしているのが、とても微笑ましかったですし、好感を持ちました。これからも、そのままの姿勢で、もの作りを続けてほしいと思います。」と応援コメントを寄せた。

制作スタッフには、『花束みたいな恋をした』などを手掛けた撮影・鎌苅洋一、『溺れるナイフ』『⻘くて痛く て脆い』の音楽・坂本秀一が参加し、制作プロダクションを『聖の⻘春』『茜色に焼かれる』などの RIKI プロ ジェクトが務め、最前線で活躍するスタッフ陣が新人の老山監督をサポート。クランクアップした老山監督は、「自分で書いた物語なのに、カットをかける前に涙がこぼれそうな瞬間がありました。現場ではありがとうとすみませんしか言えなかった危うい若葉マークの監督でしたが、胸を張って最高 の作品になると声を大にして言います、最高の作品になります!!」と話し、主演の片山友希は、「老山監督は何事にも一生懸命で、私も全力で応えないといけないと思いました。」とコメント。万太郎役の⻑塚京三は、「老山監督の世界に触れることは新鮮でとても刺激がありました。人数も機材も最小限のコンパクトなチームでしたが、映画の基本に立ち返ったような、充実感のある数日間でした。」と話し、渡辺真起子は、「老山監督は柔らかく優しくて、脚本・演出どちらからも“人を見つめたいという欲求”を強く感じました。一度作った作品は一生自分につきまといます、老山監督、どうぞ「まんたろうのラジオ体操」を大事にしてください。」とエールを送った。


「HU35 ファイナリスト作品」制作準備
制作期間:2021年8月~2022年2月
ドキュメンタリー、「HU35ファイナリスト作品」配信:2022年2月想定
最終審査・グランプリ発表・授賞式:2022年3月
公式HP:http://HU35.jp/
主催・企画・製作/HJホールディングス株式会社 
制作・運営/東京テアトル株式会社
©︎2021 HJ Holdings, Inc.
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ