FC2ブログ

記事一覧

橋本祥平 鳥越裕貴 田淵累生 谷口賢志らキャスト登壇! 映画『文豪ストレイドッグス BEAST』完成披露舞台あいさつ

左から田淵累生、鳥越裕貴、橋本祥平、谷口賢志

【イベント】
12月20日、映画『文豪ストレイドッグス BEAST』完成披露上映会が都内にて実施され、キャスト登壇の舞台あいさつも中島敦役の鳥越裕貴、芥川龍之介役の橋本祥平、太宰治役の田淵累生、織田作之助役の谷口賢志らキャストが舞台あいさつに登壇した。

原作・朝霧カフカ、作画・春河 35 により 2013 年 1 月号の「ヤングエース」で 連載が開始され、現在シリーズ累計 850 万部(電子含む)を突破し小説版や 2016 年にはアニメ化、2017 年に 第一作となる舞台が公演され、2018 年に劇場アニメーションも公開されたメディアミックスを幅広く展開する。

ヨコハマを舞台に、中島敦、太宰治、芥川龍之介といった実在の文豪の名を懐くキャラクターが繰り広げる“異能”アクションバトル。メインキャラクターのひとり中島敦は、虎に変身する異能力“月下獣”の持ち主。芥川龍之介は凶悪なポートマフィアの構成員で外套から黒獣を生み出して攻撃ができる“羅生門”の使い手。他にも文豪たちの作品にちなんだ、数々の異能力が登場する。シリーズ初の実写映画化となる本作では、「中島敦(鳥越裕貴)と、その宿敵である芥川龍之介(橋本祥平)。もし、ふたりの所属する組織が逆だったら......?」という“if”のストーリーが描かれる。

上映後が終了し、キャスト4人が客席からの大きな拍手で迎えられ、次々と壇上に上がりそれぞれがあいさつ。本作の完成を迎え、橋本は「ようやくって感じですね。この BEAST やるよって時からこの日を待ち望んでいて楽しみにしていた」と嬉しさを伝えた。



谷口からは「映画の公開の時に感じるのは子供(作品)を心も体も痛めて産んで、大切に産んだ子供をみなさんに可愛がってもらいたい、僕たちの赤ちゃんは愛せてもらえたのかなという気持ちであります。」と、率直な心境を語った。

撮影時のことを聞かれると、和気藹々と良い感じだった様子、撮影となれば、橋本や他のキャストも「凄い緊張感で。お互い全力のぶつかり合いで挑めた」と振り返り、鳥越は「アクションシーンが凄くて相手に気を遣うと気を遣った芝居になっちゃうんです。だから祥平としかあのアクションシーンはできないと思った」と明かし、橋本は「やってる僕らからしたら、アクションを撮って、OK ってなって、また長い手数を教えてもらって。いつ終わるんだろうなってパンクしそうになるくらいたくさんのアクションを教えてもらった。いい思い出として残っています」と、振り返っていた。

また、舞台版とは違い本作では田淵が太宰という役を演じたことについて、谷口は「あんまり元カノの話するのはかっこいいと思わないので、もちろん昔の彼女を愛してましたけど、今の彼女を一番愛してるみたいな、、、今回の田淵累生という太宰と一緒にやってけいけたらいいなと思っていたから、最高の時間を過ごすことができました」と語っていた。



坂本浩一監督について「休憩中に、距離感0で人を苦しめる…拳を気功みたいな…」と、橋本が話すと、鳥越が「本当こうやってバン!(拳で)としたら、マンガみたいに後ろにブワーって飛ぶんですよ!凄いんてわすよ!あれ!!」と興奮気味に語るが、客席を見た鳥越は「全然伝わってないような…」と苦笑い。橋本は拳を突き出し「(拳を)こうやってやるだけで、アァーってなるんですよ。それを伝授してもらうために、ずっと2人で一緒にずっとやってました。」と説明し、鳥越と2人で練習していたことが一番印象に残っているという。その姿を隣で見ていたという田淵は「子供のようにはしゃいでました(笑)」と付け加えていた。

谷口は坂本監督の演出について「台本には何人かの兵士をやっつけると書いてあったんですけど…『谷口くん!テーブル飛んでこようか!』と始まったので、これやばい一日が始まる、『次、下から転がってこようか』ってなって、僕となかなかヘビーな」と、坂本監督の話題で盛り上がり。「でも映像からにじみ出る気迫は、僕らも追い詰められないと出ないものなので、2人のアクションが素晴らしかったですし、それに負けないようにがんばったし、坂本さんもめちゃくちゃ楽しそうにやってました」と、撮影エピソードを披露。さらに鳥越からは「長回しでずっと撮影してて、『この人は気が狂われているのかな?あれは異能力だよね!」と笑いを誘った。



田淵は谷口とは初対面だったといい「鳥さんとか他の先輩方に『賢志さんは本当に怖い人』と言われ続けて、最初に会った時はガチガチで緊張して。挨拶も返答が弱くて、本当に怖い人なのかなと感じながら撮影させていただいていたけど、実際はめちゃめちゃ優しい方でした! 」と、ニッコリ。そんな谷口は「 if なので、彼と新しい関係を築きたいなと思って、しゃべらないで挨拶もしないで撮影だけをやろうと心に決めて臨んでたら裕貴とか祥平、僕のことすごい悪魔みたいにおっかないと教えていた」と明かし、谷口も苦笑い。
(写真・記事 オオタ・マコト)








【キャスト】
橋本祥平 鳥越裕貴
谷口賢志 田淵累生
紺野彩夏 桑江咲菜/植田圭輔
輝馬 長江崚行 桑野晃輔 堀之内 仁 広川 碧 齋藤明里 村田 充 岸本勇太 南 圭介/荒木宏文
【原作】角川ビーンズ文庫「文豪ストレイドッグス BEAST」
【監督】坂本浩一
【脚本】朝霧カフカ
【音楽】岩崎 琢
【主題歌】GRANRODEO「時計回りのトルク」
【配給】KADOKAWA
©映画「文豪ストレイドッグス BEAST」製作委員会 
【公式サイト】https://bungo-movie.com/
2022年1月7日(金)公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ