FC2ブログ

記事一覧

映画『ニトラム/ NITRAM』世界に銃規制の必要性を訴える契機となった無差別銃乱射事件「ポートアーサー事件」を映画化! 特報、解禁

【ニュース】
第 74 回カンヌ国際映画祭主演男優賞、第 11 回オーストラリア・アカデミー賞最多 8 部門を受賞した、ジャスティン・カーゼル監督、ケイレブ・ランドリージョーンズ主演最新作『NITRAM』が、邦題を『ニトラム/ NITRAM』として、3月25日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ 有楽町を皮切りに全国劇場にて、公開が決定した。

『ニトラム/NITRAM』は、1996 年 4 月 28 日日曜日、オーストラリアの世界遺産でもある観光地ポート・アーサー流刑場跡で起こっ た無差別銃乱射事件の犯人を描いた初の映画作品。コロンバイン高校銃乱射事件の3年前に起こり、2 倍以上の死者数を出した通称「ポート・アーサー事件」は、銃規制の必要性を全世界に問いかける先駆けとなり、さらに当時 27 歳の単独犯の思想的動機が不明瞭であることも拍車をかけ、新たなテロリズムの恐怖に各国が騒然となった象徴的な出来事として、今なお議論が絶えない歴史的な事件だ。

本作が描くのは、事件当日に至るまでの犯人の<日常>と<生活>。舞台は、90 年代半ばのオーストラリア、タスマニア島。かつて囚人の流刑地だった、観光しか主な産業がない閉塞したコミュニティに暮らす 20 代半ばの青年 が、いかにして同国史上最多の被害者を出した銃乱射事件の犯人となったのか。何より「普通」の人生を求めていた彼が、なぜ銃を求め、いかに入手し、犯行に至ったのか。その不可解な半生が、破格の臨場感と緊張感で描かれている。


主人公「ニトラム(NITRAM)」を演じるのは、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。『ノーカントリー』でデビュー以降、『アンチヴァイラル』『ゲットアウト』『スリー・ビルボード』『フロリダ・プロジェクト』『デット・ドン ト・ダイ』など現代の名匠たちの作品に相次いで出演する、今ハリウッドで最も熱い視線を浴びるライジング・ス ター。「ニトラム」の内面に巣食う孤独と劣等感、屈折した男性性とナルシシズムを痛々しいまでのナイーブな演 技で強烈に表現し、カンヌ国際映画祭、シッチェス・カタロニア映画祭などで主演男優賞を受賞。

監督は、「現代オーストラリア最高の映画作家」と称されるジャスティン・カーゼル。カンヌ映画祭国際批評家週 間特別賞を受賞したデビュー作『スノータウン』(2011)以降、マリオン・コティヤールとマイケル・ファスベンダ ーを主演に迎えたハリウッド・メジャー作品『アサシンクリード』(2016)の監督などを務める一方、オーストラ リア史の英雄ネッド・ケリーを描いた『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』(2019)を国内で低 予算で撮るなど、メジャーとインディペンデント、グルーバルとローカルの間を自在に行き来し、唯一無二のキャ リアを重ねる若き巨匠。カーゼル監督の最高傑作にして到達点と各国映画祭・メディアで絶賛されているのが本作。



事件から 25 年しか経過しておらず、オーストラリア国内でも未だ議論が交わされ続け、当初映画化に当たっては否定的な声も大きかったにも関わらず、犯人の青年の人物像を、多角的・多層的・多極的に描き切った倫理的な姿 勢、その比類なき映像美学と圧倒的なリアリティが、国内ジャーナリズムからも高く評価され、2021 年 12 月に発 表されたオーストラリア・アカデミー賞では作品賞・監督賞・脚本賞ほか主要 8 部門で最多受賞を果たした。


発表された特報では、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ演じる「ニトラム」が子供のときから好きだった花火遊びや、犬や猫との遊びに興じる様子とともに、サーファーに憧れ海を眺める後ろ姿が印象的に切り取られ、 彼のパーソナリティの一端が感じられる映像になっている。


監督:ジャスティン・カーゼル 脚本:ショーン・グラント 製作:ニック・バッツィアス 撮影:ジャーメイン・マックミッキング ACS 美術:アリス・バビッジ 編集:ニック・フェント ン 音楽:ジェド・カーゼル 音響:スティーブ・シングル 
出演:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、ジュディ・デイヴィス、エッシー・デイヴィス、ショーン・キーナンほか

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ