FC2ブログ

記事一覧

ディーン・フジオカ、笑顔で復活!『Pure Japanese』公開御礼露舞あいさつ

【イベント】
「復活!!Pure Japanese・公開御礼舞台あいさつ」と題し、都内にてイベントが実施された。舞台あいさつには本作の企画・プロデュース、主演を担ったディーン・フジオカ、共演の蒔田彩珠が登壇し、松永大司監督も駆け付けた。



冒頭でディーンは「3 年半かけて作り上げた映画の初日にコロナに感染してしまいました。本日、公開記念イベントができることを心からうれしく思います」と会場を見渡しながら笑みを浮かべた。SNS などで見られる観賞後の感想が「賛否両論」であることを受け、「すごく興味深いと思いました」と伝えたディーンが「こんなにダイナミックに意見が分かれる映画に出会ったことがありません。多種多様なご意見、ご感想をいただく中で自分の中ではっきりしたことがあります。通常、映画を観た方のことをビューアー、ライブであればオーディエンスという呼び方をします。でも、この映画に関しては“ユーザー”という言葉がぴったりだと思いながら、コメントを読んでいました」と新しい呼び名を提案すると、会場は大きな拍手に包まれた。

映画の制作についてディーンは「負担が大きくて大変だったという思い出が強いです」としみじみ。夜のアクションシーン撮影は、日が暮れてから日が昇るまで、血まみれ、泥まみれで、時には怪我もしながらという苦労があったと振り返り、「撮影が終わったときはものすごい達成感がありました が、ひとことでまとめると映画の撮影は“大変”です」と語った。



アクション作品への参加が初めてだったという蒔田は「(アクションシーンの)撮影を近くで見るのも初めてでした。みんな全力でカッコイイ!と思 いながら見つめていました」とニコニコ。蒔田との共演についてディーンは「彩珠の変化を見るのが楽しみになっています。芝居ができないと絶対演じ きれないキャラクターでした。女優としてやるべきことをやってくれました。芝居以外で見せていた彩珠の無垢なところ、あどけなさが、今後どう変化し ていくのか、どんな大人になっていくのか、親戚のお兄さんのような気持ちで楽しみにしています」と優しい眼差しで伝えた。「ディーン、彩珠という二人の天才のいる現場だった」と満足の表情を浮かべた松永監督。蒔田について「素晴らしい女優でありながら、普通の女 の子の一面もあってすごく魅力的です。ディーンさんに抱きかかえられるシーンの撮影で“やった!お姫様抱っこされたー!”と無邪気にはしゃいでい て。かなりシリアスなシーンだったのですが、“すごい女優さんだな”と思いました」と語った松永監督に対し、「お姫様抱っこは女の子の憧れですよ。う れしいに決まってるじゃないですか!」とうっとりとした表情を見せた蒔田が「ディーンさんのお姫様抱っこゲット!」とはしゃぐ姿がかわいかったと暴露される場面もあった。松永監督が印象に残っているのは、アクションシーン撮影前のディーンの姿だという。「肉体を追い込んでからシーンの撮影をする のですが、僕、そしてスタッフみんなが、ディーンさんの作り込みのタイミングが分かるようになって。顔が鬼に変わる瞬間があるんです。昼夜関係なく、どのアクションシーンでも時間をかけて体を作る。なかなかできることではないので、ただただすごいと感心していました」とディーンの役作りに触れ た松永監督。


ディーンが「今思うと、狂気だったよね(笑)」と照れ笑いすると松永監督は「スタッフみんながディーンさんの作り込みを待つ。シーンとした現場にディーンさんの“うわっ”とか“うっ”という唸り声が響き渡るんですよね」と細かく解説。ディーンが「雄叫び待ちみたいな感じ。エヴァ初号機に 乗る前みたいなイメージかな(笑)」とニヤニヤ。松永監督は「今だから、こんな風にちょっとふざけて話せるけれど、当時はみんな真剣で、誰一人 笑ってなかった。そこまでのものを捧げようとするディーンさんの思いが伝わってくる現場でした」と撮影現場は終始アツかったことを明かす。

日光江戸村での撮影についてディーンは「日光江戸村で時代劇ではなく現代劇を撮影するのは、未知数。あのロケーションの魅力を生かすも 殺すも我々次第。どの建物をどう使うか、プランを何度も練り直して、撮影ギリギリまで話し合いました」と思い出を語った。また、劇中に登場する P (ure)J(apanese)キットは、DNA ヘルスチェックキットから着想を得たという。ディーン、松永監督は、パッケージのフォントから、価格設定、 商品名の表記をひらがなにするのか、カタカナにするのかなど、細かく話し合ったという。ディーンとのやりとりについて「たくさん長電話をしました。あれ やこれやと話したことが形になるのはとても素敵なことだし、こんな幸せなことはありません」と語る松永監督に、「恋愛ドラマみたいな話になってな い?長電話して、幸せな時間って」というディーンの例えに会場からは笑い声も漏れていた。

本作のインタビューで「いつか宇宙で映画を撮りたい」と語っていたディーン。次回作の構想について「まずは宇宙に行った人にインタビューするところから始めようかな。そのまま資金を出してもらって(笑)。100 万円を 100 人に配るなら、それを投資してみませんかと提案したいです」と思いを述べ、続けて、真面目な話と前置きし、「映画産業のキャッシュポイントの少なさは作品作りの上で大きな課題。それを乗り越えるために、どんなテーマをどんな手段で具現化していくのかを常に考えています」と映画作りへの思いを吐露した。ディーンから次回作のテーマを求められた蒔田は「ロードムービー」とし、逃亡先の条件として「美味しい食事とキレイな宿」を挙げ、「それはロードムービーなの?」とディーン、松永監督からツッコまれる場面も。



松永監督は「ディーンさんに馬に乗ってもらいたいです」とリクエスト。会場からこの日一番の拍手が沸き起こったことからも、ファンからの期待も高いテーマのようだ。「人里離れた島で、上半身裸で馬に乗ってほしい」という松永監督の設定にディーンは「下は履いていていいのね?よかった、 全裸じゃなかった(笑)」とホッとした様子。「人間味剥き出しのディーンさんを撮りたいです」という松永監督に「(体から)湯気が出ているような 感じかな?馬は大好きなのでいつでもやります!」とディーンがノリノリで答えると、松永監督は「彩珠、ディーンさんの後ろに乗っていいよ。馬に乗っ て美味しいゴハンとキレイな宿探しのロードムービーもいいじゃない。だいぶおかしい映画になりそうけど」と提案しながら大爆笑。馬のパーキングスペ ースを心配するディーンに「ゾンビみたいな世界で車は走っていない設定にすればいいのか」と提案する松永監督だが、すぐに我に返り「僕がすでに イメージしている次回作とはかなり設定が遠のいています」と微笑んでいた。

時折ジョークを飛ばしながらも映画作りへのアツい思いを語ったディーン。「映画をという文化を残すことはリスクもとても大きいけれど、映画館で観る 映画がいいと思ってもらえるような作品を作り続けていきたい」と力強く宣言。最後の挨拶では「この映画に関してはネタバレは全く問題ありません。 むしろ、ネタバレしてこそより深く楽しめる作品になっています。まだ観ていない人は“何を言ってるんだ”と思うかもしれませんが、観賞後には、思った こと感じたことをネット上でも、クチコミでも伝えてください。具体的に言いふらして“ユーザー”のみなさんに楽しんでいただきたいです。いわば実験装 置のような映画です。同じ空間、同じ時間を分かち合うのも何かの縁。ぜひ、共犯者になっていただき、ユーザーのみなさんひとりひとりのお力で、 何かひとつの大きなムーブメントになっていけばいいなと思っています。『Pure Japanese』から何かがはじまった、そんなものを作り上げることができ たら幸せです」と呼びかけた。そして、まさかの同時期での新型コロナウイルス感染・療養となった松永監督とともに、「まだまだ、コロナが蔓延していま す。お体に気をつけて過ごしてください」と伝え、イベントを締めくくった。
(写真・オフィシャルレポート)



出演:ディーン・フジオカ 蒔田彩珠/渡辺哲 金子大地 坂口征夫(DDTプロレスリングプロレスラー・元総合格闘家)村上淳 嶋田久作 別所哲也 監督:松永大司(『ハナレイ・ベイ』『トイレのピエタ』『ピュ~ぴる』) 脚本:小林達夫(『合葬』)
企画・プロデュース:ディーン・フジオカ 製作:アミューズ 企画・制作協力:ブリッジヘッド
制作プロダクション:ザフール 配給:アミューズ 配給協力:クロックワークス 
©2021「Pure Japanese」製作委員会
全国公開中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ