FC2ブログ

記事一覧

阿部寛、父への想い、北村匠海、名前の由来を明かす 映画『とんび』完成披露舞台あいさつ


【ニュース】
2月 17 日、阿部寛、北村匠海、薬師丸ひろ子、杏、安田顕、大島優子、麻生久美子、瀬々敬久監督登壇の映画『とんび』完成披露舞台あいさつが都内にて開催。幼少期の写真や北村匠海の名前の由来なども飛び出し舞台あいさつを大盛り上がりとなった。

ようやく観客に映画を届けられることになった気持ちを聞かれた阿部は「去年、岡山という人が暖かい場所で、皆で全力を尽くして撮影 してました。親子の話ですが、街ぐるみで子供を育てる大きな家族の話でもあります。是非楽しんでほしいです。」と喜びの表情を浮かべる。今回、映画化の企画が上がった際、主演の阿部自ら、瀬々監督にお願いしたいとラブコールを送ったそうで、阿部は「とんびという作品は、過去に何度か映像化されている作品なので、出演させて頂くか悩んだのですが、瀬々さんだったら是非やらせて頂きたいと思いました。(これまでの作品と)違う切り口から描いてくださると思い、また久々にご一緒したいと思い、ラブコールさせて頂きました」と、その思いを赤裸々に話すと、瀬々も「ラブはなかったと思うんですけど(笑)。2000 年の頃から一緒に仕事をしているのですが、また一緒にできてうれしいです。」と、少し照れ隠し交じりに喜びの表情をみせた。

本作では、阿部演じる破天荒ながら愛すべき父親のヤスと、北村演じるヤスの息子・アキラの親子の物語が描かれるが、「常に温度が 高い、街をかき回していく役だったので、現場でエネルギーは失ってはいけないと思って演じました。」と自身演じるヤスについて語る阿部。共演の北村について聞かれると、「本当にとんびが鷹を生んだような...取材でも僕が片言で言ったことを、サッとまとめてくれる。本当に父親想いで、鷹だな。と思いました。」と、劇中の関係性そのままのようだったと話す。

息子を演じた北村も、「阿部さんの胸に飛 び込んでいく毎日でした。この作品への熱量と、ヤスとしての愛情を肌で感じたので、正直毎日全力でぶつかりに行きました。本当の父の ようなおっきい背中でした。」と、父親への愛を語った。



また、思い出に残るシーンを聞かれた阿部は、「初めて息子のアキラが反抗期に反抗してくるシーンは、本当に現場で 1 日中悲しかったです。匠海くんに怒られているような気持ちでした。」と、赤裸々に告白。また、映画の後半に、幼馴染を演じた安田にテイクを重ねて 10 回も頭を殴られたことも激白。「物凄い痛くて、役者魂を受け取りました」と笑い交じりに話すと、「すいませんでした...ただ 10 回も繰り返 すと思わなかったんです」と、大先輩の阿部に対して全力でぶつかっていったことを謝る様子は、幼馴染という役柄そのままの様子が垣間見えた。
 
さらに、それぞれが役作りや撮影中のエピソードについて聞かれると、阿部演じるヤスの姉のような存在で小料理屋の女将・たえ子を 演じた薬師丸は「出演している皆さんが本当に良い方で暖かくて、2 年振りに会うのですが、また一緒に住んでいた街の人に会うような 気分になりました。本当に良いチームワークで、楽しい撮影でした。」と、北村演じるアキラの婚約者・由美を演じた杏は「商店街がノスタルジックな街並みで、町の皆様もとても協力的でした。たえ子さんのお店のおかいがちょうど魚屋さんで、『お弁当にちょっとこれ足してくださ い』とお魚を分けてくださり、皆で食べました。本当にご厚意が染みて更においしかったです。」と、ヤスの幼馴染でアキラを我が子のように接する住職・照雲を演じた安田は「大先輩である阿部さんと、幼馴染という役柄で共演させて頂いたのは、とても素晴らしく夢のような時間でした。」と、その安田演じる照雲の妻で、アキラに母のような愛情を注ぐ幸恵を演じた大島は「照雲さんが笑えば笑うし、叫べば叫ぶ、というように周りを盛り上げる夫婦という形を意識して演じました。」と、ヤスの妻でアキラの母・美佐子を演じた麻生は「撮影初日が、11 月に淡路島で海の撮影だったのですが、海がきれいだったのと空が真っ青だった。そこにトンビが飛んでいて、この映画は恵まれているな と感じました。」と、それぞれが撮影当時を、温かなエピソードと共に振り返った。

阿部演じるヤスと、北村演じるアキラ。この父と息子の親子家族の物語を描く本作にちなみ、キャスト陣の家族との思い出が詰まった写真をスクリーンに投影しながら、当時のことを振り返ったトークパートでは、それぞれの家族の温かなエピソードが披露された。
まず、スクリーンに映し出されたのは、母と 3 人の子供が写るモノクロの家族写真。これは阿部が幼少期に父が撮った写真だという。 「兄弟 3 人なんですけど、兄と姉と母親です。父はエンジニアで寡黙な父親です。現在 95 歳になるのですが、子供の時よりも、今の方がなんでも親父に積極的に聞いています。今も生きていてくれてうれしい。ありがたいと思っています。」と今でも続く、父親との温かい関係性を明かした。

次にスクリーンに映し出されたのは、北村が幼少期に父と釣りに来た時に撮られた1枚。父の趣味が釣りで、よく家族で磯遊びをしてい たという。「僕の名前の“匠海”も、海がついているんですけど、父が釣り好きだったので、海がつきました。」と自身の名前の由来も語った北村だが、「同じ 11 月に生まれた B 型で、よき飲み仲間という関係です。ファッションや映画、音楽など、全部両親から影響を受けてきました。」と、両親との仲の良さを嬉しそうに語った。

続いてスクリーンに大きく映し出されたのは「押し花」の写真。「これは、母が最近はまっている押し花ですね」と答えるのは安田。「自分 の家の庭に咲いている花を残すことにはまっているんです。北海道のとある新聞に掲載頂いたみたいで、身内が何かに載るのは凄いうれ しいものですねうちの母ちゃん新聞にのった!誇らしい母だなと思います。」と、趣味の域を超えた母の押し花のエピソードを、誇らしげに語っていた。

最後に映し出されたのは、大島の写真。父親と一緒にスキューバダイビングをした時とのことで、「父はいつもニコニコしていて、全部趣 味が同じですね。スキューバダイビングも父が 60 歳になってから始めたんです。私が趣味で始めたら、父も取りたいと言って、一緒に行 きました」と、その仲の良さを告白した。四者四様の家族愛に満ちたエピソードが披露され、会場は幸せに満ちた空間となっていた。

最後に会場に駆け付けた観客に向けて、瀬々監督は「映画『とんび』は繋がりをテーマにして描いた映画です。今、人と人がダイレクトに 繋がることが難しい状況ですが、そんな中でも人と人が出会って、悲しみや喜びを共有する。そんな大事なシーンが沢山ある映画です。是非、このような状況のなかでも人との関係性を感じてもらいたいです。この映画は間違いなく面白いです。期待してください!」と熱い思いをピーアール。主演の阿部は「監督がそう言ってくださるのは初めてですごく嬉しいです。瀬々さんとやれてよかった。誰もが親になった瞬間から 1 年生で、いろんなことを悩んで楽しいこともあれば、大変なこともある。時には泣いたり笑ったりすると思うんですけど、僕が演じたヤスという男は、周りの力も借りながらはがむしゃらに子供を愛し一生懸命に育てる。そういう姿が、人の心を打ち、感動してもらえたら嬉しいです。」と強い想いと作品への自信と期待を伝え、温かな雰囲気の中、イベントは終了した。

また本日より、【映画『とんび』家族自慢キャンペーン】が開催される。イベントで阿部はじめとするキャスト陣が、家族へ想いを馳せなが ら家族自慢を披露したように、本キャンペーンで、是非「家族」を存分に自慢していただきたい。
(写真・オフィシャルレポート)


阿部 寛 北村匠海 杏 安田 顕
大島優子
木竜麻生 井之脇海 田辺桃子 村上 淳
薬師丸ひろ子
麿 赤兒 麻生久美子 /
原作:重松 清「とんび」(角川文庫刊) 監督:瀬々敬久 脚本:港 岳彦 音楽:村松崇継
主題歌:ゆず「風信子」
配給:KADOKAWA イオンエンターテイメント 
©2022 『とんび』 製作委員会
4 月 8 日(金)全国公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ