FC2ブログ

記事一覧

映画『泣くな赤鬼』公開御礼台挨拶

【イベント】
映画『泣くな赤鬼』が6月14日より公開され、15日、公開御礼舞台挨拶が都内にて行われ、堤真一、柳楽優弥らキャスト陣が舞台挨拶に登壇した。堤演じるその高校教師は、陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれ、甲子園出場を目指し、強豪チームを率いた黄金の時代から10年の月日が流れ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と思いがけない再会を果たす。 野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だったが、立派な大人に成長したゴルゴは、病に侵され、命の期限が迫っていた。 厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。 主人公“赤鬼先生”こと小渕隆を堤真一が演じ、教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈ご演じている。
 
舞台挨拶では映画公開(試合開始)を記念して<<赤鬼流>>始球式を開催。野球経験のある堤真一は見事な投球を披露。堤は初めに「雨の中足を運んでいただき誠にありがとうございます」とお客様を気遣い、公開を迎えたことに感無量な様子。今回ゴルゴの高校生時代を演じた堀家に対しても堤は「髪の毛があるから堀家くんてわからなかった(笑)」と緊張している若手俳優陣に話しかけ和やかなムードが続き、そんな若手俳優の堀家は柳楽の印象について聞かれると「好きになりました。笑顔が可愛くて...」と告白し、柳楽も「僕も好きになり ました(笑)」と相思相愛の返事に会場を笑わせた。
 
続けて、「堀家さんと武藤さんのシーンで橋の下でバッティングをするシーンでは、二人が本当に自然な演技をしていてすごくよかったです!」と絶賛。竜星も高校生時代を演じた武藤に対し「武藤君の演技を観てから僕は演じたので、本当に参考になったし、ほんと高校生なのに素晴らしかったです。」と互いに高校生時代を演じた堀家、武藤を褒め称えた。キムラ緑子との共演に対して聞かれた川栄は「以前ドラマで自分のお母さん役をしてくださっていて、今回の作品の中でもリハから全力で泣いたりできるすごい方」と語り、それぞれの撮影エピソードを披露。
 
また、堤に今、再会したい人はいますか?と尋ねると中学野球部だった時の監督を挙げ「二か月前に亡くなられていた、まだ生きていたら劇場で見てくれていたと思う」といい、兼重監督にこの人のことをすべて話し、実際演じる上でモデルにもなったことを明かした。また、そんな兼重監督に対して「監督はすごく優しいんです!怒らない、イライラしない、助監督よりも走る。」と続け、再び笑いを誘った。
 
自身も泣いたという本作に対して「今まで作り上げてきたことに対してってのもありますし、ここに登壇していない野球部 の若い連中とずっと一緒にいてそれが一つの作品になるってのも加味して感動しました。」と現場で一緒に野球部を作り上げた俳優陣のことも振り返っていた。また終盤に行われた公開記念始球式では MCからのプレーボールという掛け声に合わせて堤がボールを投げ、キャッチしたお客さんに舞台に上がっていただきキャスト陣のサインが入ったボールがプレゼントされ、堤が登壇したお客さんに「竜星君のファン?握手してもらいな」と竜星に誘導、横にいた柳楽が握手に割り込み、「またおまえ!」とコントを見ているかのように、笑いの渦に会場が包まれた。
 
そして最後に兼重監督は「僕の先生と言える先輩監督から教えて頂いたことは、目に見えることがすべてじゃない、目に見えないものを映像にするんだ。と教えて頂いてそれをいつも思いながら撮っています。今回は前半が劣等感とかを軸に描いた。そのあと夢や想い最終的に愛を描きました。目に見えない空気感みたいなものを皆さんに感じてお帰り頂けたら幸せです」、柳楽は「堤さんハグしてもらってもいいですか?」と話しハグされると感極まってしまった様子。「ばかやろう!笑」とツッコミを入れながらも感極まった堤。そして「若い人たちとお仕事ができて成長する ことができた。皆さんに広めて頂いて、少しでも多くの人に見てもらいたいです。」と思いを話していた。
(オフィシャルレポート・スチール)
 
公開中!
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ