FC2ブログ

記事一覧

映画『MEMORIA メモリア』より新場面写真、坂本龍一、西島秀俊ら著名人コメント解禁

【ニュース】
アピチャッポン・ウィーラセタクン監督最新作『MEMORIA メモリア』より新場面写真、著名人コメントが解禁
『ブリスフリー・ユアーズ』、『トロピカル・マラディ』、『ブンミおじさんの森』に続き、本作でカンヌ国際映画祭4度目の受賞となったアピチャッポン・ウィーラセタクンの監督・脚本による最新作『MEMORIA メモリア』。2021年カイエ・デュ・シネマのベスト3入りや、全米映画批評家協会賞の撮影賞ノミネートなど、本年度の話題作として世界中を回り続けている。南米コロンビアが舞台の本作は、監督が初めてタイ国外で制作した作品で、監督自身が経験した「頭内爆発音症候群」から着想を経た記憶の旅路が描かれる。
 


新場面写真が到着。ティルダ・スウィントン演じる主人公のジェシカ(ティルダ・スウィントン)が、音響技師のエルナン(フアン・パブロ・ウレゴ)と共にヘッドフォンに耳を傾けるシーン、自分にしか聞こえない【音】を聞いているかのようなシーン、義弟のフアン(ダニエル・ヒメネス・カチョ)とともにボゴタのカフェで談笑するシーン、山間部の町、ピハオの川沿いでたたずむシーンが解禁。いずれも日常の瞬間を切り取った場面ながら、静かな緊張感に満ちており、本編への期待が膨らむ。

また、本作をいち早く鑑賞した音楽家の坂本龍一より本作に寄せたコメントが到着。俳優の西島秀俊の、2021年の東京国際映画祭にてアピチャッポン監督と対談時のコメントと併せて紹介。


ある場所が過去を記憶しているとして、ある人にはそれが音として聞こえる。記憶と音の映画。

坂本龍一(音楽家)


耳鳴りがしそうなくらいの静寂、そして神聖さ。
記憶、夢というテーマはそのままに、アピチャッポン監督が新たな次元に進んだと感じました。

西島秀俊(俳優)
東京国際映画祭 アジア交流ラウンジでのアピチャッポン監督との対談より


監督・脚本:アピチャッポン・ウィーラセタクン
出演:ティルダ・スウィントン、エルキン・ディアス、ジャンヌ・バリバール
2021/コロンビア、タイ、フランス、ドイツ、メキシコ、カタール/カラー/英語、スペイン語/136分  原題 MEMORIA  映倫:G
配給ファインフィルムズ 
©Kick the Machine Films, Burning, Anna Sanders Films, Match Factory Productions, ZDF/Arte and Piano, 2021.
3月4日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、
ヒューマントラストシネマ渋谷他にてロードショー
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ