FC2ブログ

記事一覧

木村佳乃&佐竹桃華が“もふもふ”に大興奮!!もう中学生はレッサーパンダに!?『私ときどきレッサーパンダ』配信直前イベント

【イベント】
3月2日、主人公のときどきレッサーパンダ になってしまう女の子・メイ役の佐竹桃華、メイを愛するあまり過保護になってしまう母親・ミン役の木村佳乃、メイの通う中学校にいる“とあるキャラクター”役のもう中学生という個性豊かな本作の日本版声優が登壇し、作品の魅力をたっぷりと語る、配信直前イベントが都内にて開催された。

母親の前での“真面目で頑張り屋ないい子”と、友達の前の“好きなことに夢中な等身大の女の子”、自分らしさ に葛藤する主人公のメイが、ある日の出来事をきっかけに感情をコントロールできなくなってしまい、もふもふのレッサーパンダに変身してしまう!?そん なイマジネーション溢れる物語が描かれる本作。まるで画面からレッサーパンダが飛び出てきたかのような、大きくて可愛い“もふもふ”な しっぽがハミ出たステージにまず登場したのは、まさかの“スペシャル MC”役を担う“もう中”こともう中学生。もう中の合図で、メイ役の佐 竹桃華とミン役の木村佳乃が続けて登場。佐竹はスタイリストが手作りしたというレッサーパンダを意識した華やかなオレンジ色のドレスを身にまとい、木村も自身の演じたミンを意識したグリーンのスーツで華麗に登場した。自己紹介を終えるや否や、佐竹は「しっぽ可愛 すぎませんか!?触ってもいいんですか!?」とステージ上の巨大なもふもふのしっぽに大興奮。しっぽに触れた佐竹は「ふわふわ~ 嬉しい!これずっと念願だったんです!映像を観てて、ふわふわで可愛くて触りたいと思ってたんです!」と喜び、木村も「私もいいんですか?ちょっと恥ずかしいですが...(笑)」と言いながらも、「あ、これはかなり頑丈なもふもふのしっぽですね(笑)」と、そのもふも ふのしっぽを堪能。その後木村が「このしっぽこのあとどうするんですか?」と問いかけ、もう中が「結構リアルな話になっちゃうと思いま す」と突っ込み会場を盛り上げる一幕も。また佐竹は「レッサーパンダが好きになって、動物園に行って本物のレッサーパンダを観たり しています!」と自身の演じるキャラクターに並々ならぬ愛を語った。


ピクサー作品の主人公の声優に大抜擢された佐竹は当時のことについて「受かったと聞いたときは本当に嬉しくて、興奮のあまり 鼻血を出してしまうくらい、生まれてきて一番嬉しかった出来事でした。すぐに母親に連絡し、そのあと二人で夜中の 3 時くらいまで興奮の電話をしてました」と喜びを興奮気味に語る。

メイと年齢の近い娘を持つ木村からは、「私もオーディションだったのですが、何が何でも受かろうと思って必死になりました。受かったことを伝えたら、娘はピクサー大好きなので大喜びでした!」と、本作にかける情熱と家族エピソードも。さらにもう中学生は自身の抜擢に繋がったポイントに「うなじですかね」と謎すぎる回答、佐竹は早くも、 もう中の創り上げる世界観に大爆笑の様子。そして本作で女優として大先輩の木村と共演した佐竹は、「木村さんは憧れの存在ですね。ちょっと恥ずかしいんですけど、仕事を始める際に目標を当時書いていて、10 年後には“ディズニー作品の声優をやりたい” というのと、20 年後には“木村佳乃さんみたいな女優さんになりたい”と書いてたので、本当に光栄なことだなと思います」と強い 憧れを告白!この話を聞いて木村は「この仕事を続けてこれてよかったなと思うほど、ジーンときちゃいました」と語り、まるで“本物の 親子”のように仲睦まじい掛け合いも見せた。本作の一番好きなシーンについて佐竹が「メイちゃんが、妄想で好きな男の子の絵を 描いてるのですが、それがお母さんにバレてしまった時のメイちゃんの感情が激しく変動するシーンがお気に入りです!一番メイち ゃんの魅力が詰まってるシーンだと思います」と答えると木村は「確かに若い頃、好きな男の子を妄想で絵描きましたよね?みなさ んしませんでした?」と意外なエピソードを告白し、会場を笑いに包んだ。
          
本作には、レッサーパンダになったメイや周囲の姿を通して、“自分らしさはひとつじゃない”というメッセージも込められている。それぞれ の“自分を解放している瞬間“について、佐竹は「”お風呂“ですね。自分の中のスイッチが切れる瞬間なので、解放しているのかな って思います。あとは、食べることが大好きなので、食べてるときは一番本当の自分の姿な気がします!揚げ物とかラーメンとか、 カロリーが高くて太るような食べ物が好きなんです(笑)」と、可愛さ満点の回答。女優としてだけでなくバラエティにも出演し飾らない 人柄を発揮している木村は、「やっぱり、好きな人と笑っているときですかね。生きていると大変なこともたくさんありますけど、少しで も長い間笑っていたいなと思うんです」と、深いコメント。一方でもう中学生は、「サラダバーとか朝食バイキングの時とかに、お皿の 上の配置の順番とかに”自分らしさ“を感じますね」と、いつもの奇想天外すぎる発言を炸裂させた。そしてイベントも終盤に差し掛か ると、もう中学生が「佐竹さんと木村さんに会えたことで気持ちが高まってきちゃいました...興奮しすぎて、僕もレッサーパンダになっ ちゃいました~!!」と得意の段ボールで作ったレッサーパンダのお面を被り、“もう中ワールド”も炸裂させた。最後に、佐竹から「この 映画は、笑って、泣けて、テンポも良くて、とっても面白い作品なんですけど、同時に“自分らしさ”にも気付かせてくれるし、明日か らまた頑張ろうって前向きにもなれる作品なので、これを観て、自分を解放してくれたら嬉しいです。エンドロールにも注目してみてく ださると嬉しいです!」と、木村から「この映画は、メイちゃん、お母さん、そしておばあちゃんと三世代の女性が出てくるので、あら ゆる世代の女性が共感していただけると思います!」とメッセージを語り、大盛況のイベントは幕を閉じた。
(写真・オフィシャルレポート)




監督:ドミー・シー
製作:リンジー・コリンズ
日本版声優:佐竹桃華(メイ)、木村佳乃(ミン)ほか
日本版エンドソング「どんな君も」 Performed by Da-iCE 
©2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
3月11日(金)よりディズニープラスにて見放題で独占配信開始

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ