FC2ブログ

記事一覧

『ジャック・リヴェット映画祭』4月8日(金)~4月28日(木)開催決定!! リヴェット監督、初期傑作、日本劇場初上映を含む5作品を上映


【ニュース】
フランスを代表する映画作家ジャック・リヴェット映画祭を 4 月 8 日 (金)~4 月 28 日(木) ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催決定!! 日本劇場初上映を含む5作品を上映!!
ジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーらと並んでヌーヴェルバーグの中心的人物であり、1991 年には『美しき諍い女』で第 44 回カンヌ国際映画祭審査員グランプリを受賞、80 歳を過ぎても精力的に活動を続けていたリヴェット監督。

上映するのはある時の舞台はパリの街、孤島の海辺、ある時は空間と時間をも飛び越えてしまう、魅惑的な遊戯で満ちた初期傑作 5 作品。その中でも『デュエル』(76)、『ノロワ』(76)、『メリー・ゴー・ラウンド』(81)は日本劇場初公開となる。また、ゴダール『中国女』『ウイークエンド』のジュリエット・ベルトやダニエル・シュミット『ラ・パ ロマ』、ルイス・ブニュエル『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』のビュル・オジェ、エリック・ロメール『満月の夜』のパスカル・オジェはじめフランス、欧州を代表する豪華な女優たちの魅力も凝縮されている。

もちろん全作品デジタル・リマスターでの上映。リヴェット監督が誘う、突拍子もない遊び心が詰まった⻑くも楽しい映画という旅は、私たちに鮮やかな驚きをもたらしてくれるに違いない。



メインビジュアルも完成、上映スケジュールも決定した。全国共通特別鑑賞券にはオリジナルポストカード2枚付が発売。

上映スケジュールは公式サイトにてご確認をお願いします。http://jacquesrivette2022.jp





『セリーヌとジュリーは舟でゆく』 (1974) Céline et Julie vont en bateau 
出演:ジュリエット・ベルト、ドミニク・ラプリエ、ビュル・オジェ 
公園のベンチで魔術の本を読んでいた司書のジュリーが魔術師セリーヌと出会ったことから始まる奇妙な冒険。「不思議の国のアリス」的迷宮を思わ せる冒頭から始まる本作はセリーヌ役のジュリエット・ベルトとジュリー役のドミニク・ラブリエが書き始めた台本から出発し構成された。幻想と現 実の境界線を軽やかに飛び越えて自由に入れ替わる主人公たちのユーモラスなやりとりや 70 年代を象徴するサイケデリックな衣装も楽しく、遊び心 に溢れたファンタジーの傑作にしてリヴェットの人気作。




『デュエル』(1976) Duelle ※日本劇場初公開
出演:ジュリエット・ベルト、ビュル・オジェ、ジャン・バビレ 
現代のパリを舞台に、地上での生を受けるため魔法の石をめぐって太陽の女王と月の女王が対決するファンタジー。リヴェットはジェラール・ド・ネ ルヴァルの小説に着想を得て、ラブストーリー、犯罪劇、⻄部劇、ミュージカル・コメディといった内容の<火の娘たち>と称した 4 部作を構想し、 本作はその“犯罪劇”にあたる。奇想天外なおとぎ話のような題材を挑戦的なフィルム・ノワールの要素を盛り込んで表現し、超現実的で詩的な美しさを達成した。



『ノロワ』(1976)Noroît ※日本劇場初公開
出演:ジェラルディン・チャップリン、ベルナデット・ラフォン 
女海賊モラグは弟の仇を討つために孤島の城を占拠する海賊団のリーダー、ジュリアに復讐を誓う。『デュエル』と同様、対決するふたりの女性を描く本作は 4 部作<火の娘たち>の 2 作目であり⻄部劇として作られたが、リヴェットの魔術にかかれば時代やジャンルを問わない作品へと変貌する。ブルターニュ沿岸の 12 世紀の要塞と 17 世紀に再建された城といった壮観なロケーションで繰り広げられる物語の中で虚構と現実がぶつかり合い、死の舞踏が振り付けられてゆく。




『メリー・ゴー・ラウンド』(1981)Merry-Go-Round ※日本劇場初公開
出演:マリア・シュナイダー、ジョー・ダレッサンドロ 
ベンジャミン(ベン)は元恋人エリザベスから電報を受け取りパリへ向かうが、そこにいたのは彼女の妹レオだった。ふたりのライバルが『デュエル』『ノ ロワ』とは異なり今度は男と女になり、謎に支配された舞台で終わることのない追いかけっこが繰り広げられる。レオ役を演じたマリア・シュナイダーや リヴェット自身の個人的な問題により撮影は⻑引き混乱を極めるも、⻑編第一作である『パリはわれらのもの』で導入されたテーマを家族間の復讐やパラ ノイアを絡めメランコリックなミステリーとして見事に再構築した。




『北の橋』(1981)Le Pont du Nord
出演 : ビュル・オジェ、パスカル・オジェ、ピエール・クレマンティ、ジャン=フランソワ・ステヴナン 
ビュル・オジェと実娘のパスカル・オジェの共演作である本作はリヴェット版現代の「ドン・キホーテ」。ビュルとパスカルは撮影前にリヴェットに渡された「ドン・キホーテ」に魅了されたのだと言う。突然現れた閉所恐怖症の女テロリストのために、彼女の昔の恋人との連絡を引き受ける少 女バチストは鎧の代わりに革ジャンを羽織り、馬の代わりにバイク、兜の代わりにヘルメットをかぶってドン・キホーテを演じてみせる。パリの街 と符号する双六ゲームの上で、日常を生きながらにして幻想に駆られた俳優たちの身体と、現実の中から立ち現れてくるファンタジーが結びつく興味深い一編。



配給: マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム 
宣伝 : VALERIA
ジャック・リヴェット映画祭 4/8(金)~4/28(木)ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催!他全国順次公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ