FC2ブログ

記事一覧

映画『英雄の証明』より、ソーシャルメディアの脅威を語るアスガー・ファルハディ監督のインタビューが到着

【ニュース】
2度の米アカデミー賞受賞監督アスガー・ファルハディが放つ、ソーシャルメディアの功罪を問う、極上のヒューマン・サスペンス。ベルリン、カンヌ国際映画祭にて数々の賞に輝き、『別離』と『セールスマン』で米アカ デミー賞外国語映画賞を2度も制した世界的な巨匠ファルハディ。日常の中に生じた 小さなひび割れのような出来事が、人生を根底から揺るがす事態に発展していく様を、 サスペンスフルかつ情感豊かに描出する傑作を世に送り出し、世界中の観客たちを魅了してきた。

本作では、人間の倫理観を問う普遍的なこのテーマを追求するにあたって、いまや 絶大となった SNS やメディアの影響力に着目。主人公の振れ幅の大きな運命を通して、真実というものの曖昧さや、社会に潜む欲望とエゴを現代的な切り口であぶり出す予測不可能なヒューマン・サスペンス。


アスガー・ファルハディ(監督・脚本・製作)/インタビュー


Q.本作はどのように着想されたのですか?

かなり以前から新聞でこうしたストーリーを目にしていました。普通の人たちが何か利他的なことをした結果、注目を集めるといった物語です。 そうしたストーリーは往々にして類似の特徴を備えています。本作は特定のニュース記事から着想を得たわけではありませんが、私はそうした報道 記事を念頭に置いてこの物語を書きました。

Q.どのようにこの映画の脚本を書かれましたか?

報道された実際の出来事のおかげで、最初にぼんやりとした物語が思い浮かびました。何年か経つとはっきりとしたアイデアになりました。私はい つも同じように仕事を進めます。動機や推進力となるものは、イメージや感覚、時間が経つに従って広がって行く短いプロットから生まれます。 時に は、こうしたことが、いつの日か脚本の一部になるのだと私が気づかないまま、ただ心の片隅に佇み続けることもあります。 時間は大切な味方です。こうした種子には、自然と消滅するものもあれば、生き残り、成長し、世話をされるのを待つ未完了の作業としてずっと離 れずにいるものもあるのです。この時点で、バラバラに書き留めたノートからアイデアが浮かんできます。それから、リサーチを始め、次にどこへ行く べきかを指し示してくれる最初のスケッチが得られるのです。 私が書いた物語のほとんどが私の頭の中でこうして出来上がってきました。最初から明確な始まり、中盤、終わりのある物語を創作したことはない ように思います。

Q.登場人物の経歴はすべて把握されているのですか?

先ほどお話したバラバラに書き留めたノートは、大体、登場人物の過去の探索で成り立っています。この作業段階は、いつもとても時間がかかるの ですが、原則的には主要登場人物を対象としています。何ヶ月も様々な色の紙に、私が書いている物語に関係したアイデアをすべて書き出して いきます。一つ決まった色の紙には脚本に盛り込むことを確信しているアイデアを、別の色の紙にはまだ確信が持てないアイデアを書き込むので す。このようにして書き込まれた紙の多くは、脚本の執筆段階で直接的に使用されることはありません。こうしたアイデアが脚本に明確な情報を提 供することはないのです。しかし、私が考え出した登場人物を深く理解するのに役立つのです。この準備段階の間、登場人物の過去の多くの面が 構築され、映画の中に多かれ少なかれ目に見える跡を残すというわけです。

Q.多人数のシーン、特に家族でのシーンでは、どのようにして、あれほどまでに自然な雰囲気を醸し出しているのですか?

これは主に脚本によるものです。意識せずにそのようになっています。スタッフとキャストの全員が、そのシーンのあらゆる細部が説得力のある、信 憑性のあるものになっていることを確認し、脚本に命を吹き込むために全力を尽くしたときに自然な雰囲気が生まれます。登場人物たちの振舞い や台詞が、現実離れしていたり、決まり文句に頼っているようなものではなかったため、俳優たちはうわべだけの演技という罠に捕らわれないよう最 善を尽くしてくれたのです。自然なものを追及すること自体が人工的な巧妙さに繋がってしまうリスクが実際にあります。 とても細く目立たない境界線があって、それを決して越えてはいけません。日常生活は冗長で退屈になり得ます。記録映画のように写実的なシー ンの追及が、日常生活のゆっくりしたリズムの再現になってしまわないようにしなければなりません。

Q.『別離』同様、子供たちの視線は重要ですね。

この映画では、子供たちは再び目撃者となります。大人たちが抱える困難な問題や葛藤を子供たちは観察するのです。そうした状況の複雑さを 子供たちは理解できません。そのため、この映画で彼らは『別離』同様、すべての出来事のぼんやりとした目撃者に過ぎないのです。大人が経験 する危機的状況に対する子供たちの感じ方は純粋に感情的なものとなります。この映画では、しかし、バーラムの娘のナザニンは他の子供たちよ り年長で、状況をさらに込み入らせることをしてしまいます。

Q.登場人物のほとんどがソーシャルメディアでコミュニケーションを行います。それは、イランにおいて新しく勢いのある現象なのでしょうか?

世界のあらゆる場所と同じくイランでもソーシャルメディアは人々の生活の中で重要なものです。この現象は、比較的新しいものですが、それ以前 の生活がどんなもので あったか思い出す事が困難なほど、強い影響力を持っています。私は、個人的な体験から、ソーシャルメディアの影響は他 のどこよりもイランにおいて明らかだと確信しています。これはこの国の社会政治的情勢によって説明可能だと私は考えています。

Q.監督のいずれの作品においても、観客は最後にすべての答えを得られることがありません。決まった結末を観客に提供することを選択したくないのですか?

既にお話したように、私の作品に共通するこの特異性は意図的なものではありません。この多義性は、ほとんど私自身の多義性のようなものですが、脚本執筆段階で自然と発生するものです。そして、私がそれを気に入っていることは間違いありません。この側面は、映画と観客の関わりを、上映時間後も続くほど、長持ちするものにしてくれます。その映画についてさらに思案する可能性を与えてくれるというわけです。『羅生門』を見る 楽しみは、まさにこの謎めいた部分にあります。多義性を、日常生活を取り扱った物語と組み合わせることは、面白さと難しさを兼ね備えたやりが いのある課題です。

Q.ジャン・ルノワールの「この世界で一番嫌なことは、誰にでも理由があることだ」という有名な言葉をご存知ですか?

本作の登場人物たちのほ とんどに当てはまる言葉であるように思えるのですが...その通りだと思います。誰しもが理由があって行動しています。たとえ意識していなくても理由はあるのです。ただ、その理由を列挙するように頼ん でも、誰もそんなことは出来ないでしょう。行動の理由は明白ではなく、簡単に要約できるようなものではありません。矛盾でいっぱいなのです。実生活では、自身の行動の理由を理解するのに何年もかかることすらあります。その人の過去に深く刻み込まれたことに関わる理由であるからです。 その上で、すべての行動がそれ故に正当化できると私が考えているのでは ないことも、はっきり述べておきたいと思います。正当化ではなく理解なのです。理解は正当化を意味しません。誰かに行動を促した理由を知ることで、肩入れするのではなく、その人を理解できるというわけです。



監督・脚本・製作:アスガー・ファルハディ
出演:アミル・ジャディディ、モーセン・タナバンデ、サハル・ゴルデュースト、サリナ・ファルハディ
2021 年/イラン・フランス/ペルシア語/2.39:1/5.1ch/127 分/原題:GHAHREMAN/英題:A HERO/日本語字幕:金井厚樹/字幕監修:ショーレ・ゴルパリア ン/後援:イラン・イスラム共和国大使館イラン文化センター、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 
配給:シンカ/提供:シンカ、スカーレット、シャ・ラ・ラ・カンパニー、Filmarks 文部科学省選定 一般劇映画(青年・成人向き)令和 3 年 12 月 21 日
(C)2021 Memento Production - Asghar Farhadi Production - ARTE France Cinema
4月1日(金)Bunkamura ル・シネマ、シネスイッチ銀座、新宿シネマカリテにて公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ