FC2ブログ

記事一覧

阿部顕嵐 板垣瑞生「寝顔は恥ずかしい」工藤遥に寝顔を撮られる!映画『ツーアウトフルベース』公開記念舞台あいさつ


【イベント】
3月25日公開を迎えた映画『ツーアウトフルベース』が公開日の翌日となる 26日、公開記念舞台あいさつを東京・新宿バルト9 にて実施。舞台あいさつには、主人公イチを演じた主演の阿部顕嵐 ハチ役の板垣瑞生 早紀役の工藤遥 らメインキャストが顔を揃えた。

主演作の公開を迎えた阿部は「この時間からこの映画を見ていただくことが本当に嬉しいです。1回と言わず、何回でも見ていただける作品だと思うんで、まず見ていただいていろいろ感じてください。」と、あいさつ。

板垣は「本当にめちゃくちゃくだらない1日って最高なんだなっていうのができたと思うので、楽しんでください!」と呼びかけ、次に工藤は「男性陣が多い中で女子1人頑張って奮闘しておりますので、なにとぞそんなところにも注目していただけたら嬉しいです!」とアピールしていた。



また阿部は、公開日に映画館に足を運び鑑賞したといい「静かに皆さんにばれないようにこっそりこっそりと、皆さんと同じ空間で見れたんで、なんかそれも映画の醍醐味かなとは思ってて、嬉しい空間だった。」と嬉しそう。

板垣は「いやもうこの映画が世に出ていいのかっていう不安もあります。ニュアンスは違うけど伝わるっていう機会があるのがなんか嬉しいなってすごく思うのと、めちゃめちゃ全力で遊んでたので、何か遊ぶってことの楽しさをみんなに伝わったり、遊び皆さんに楽しんでいただきたい」と、公開を迎えた気持ちを吐露。

また工藤は「撮影期間中も含めていろいろありまして、やっぱなかなか完成が見えなかったときもあったので、今無事に作品を送り出せていることが何よりも嬉しいです。」と語りつつ、「今、綺麗な格好をさせてもらってますけど作中はなかなか酷いのでそういう新しい一面をこうちゃ挑戦させていただけたことはすごくありがたい機会だったなと思ってます。」と振り返り、実は現場に行って綺麗にメイクしても汚される繰り返しだったといい「 でもいざ作品になったら、すごく自分が頑張った甲斐があったなと思えているので、皆さんに届けばと思いってます。」と公開を迎えた心境を明かした。

本作が初主演となる阿部。演じたイチについて聞かれると、「普段は多分ダラダラと堕落した生活をしてる人だなあっていうのは僕の印象なんですけど、この映画は、その一生懸命生きてるっていうか、ジェットコースターな1日を生きてるキャラなんで、少しでも成長していくっていうキャラですね。」と説明した。


イチとハチの同級生で、野球部の元マネージャーを演じた工藤。2人との共演について聞くと、「初めてお会いしたときからその2人のバディ感な空気感が出来上がっていたので、私は一歩引いて見ているだけって思ってましたし、撮影中もカメラが回ってないところでも 2人がずっとその空気でいてくれるから、その年齢は違いますけど、本当すっと同級生になって、昔からの知り合いみたいな感覚がどこかにずっとあったので、そういう意味ではすごく一緒にできて良かったと思いますし、安心感がありました。」と阿部と板垣のコンビを絶賛していた。

まて撮影現場では、3人で写真をよく撮っていたといい、ワチャワチャしてて面白い写真を撮っていたと明かし、工藤は「2人はどこでも寝るんです。その2人の寝顔の写真をいっぱい持ってます!」と告白。阿部も板垣も『それは知らない!』と驚き!! 工藤は「きっと喜ぶ人がいるだろうし、それは公式さんに送って、公式 Twitter で世に晒してもらいますね(笑)」とニヤリ。これに阿部も板垣も『嫌だな、寝顔は恥ずかしいな…』と戸惑う姿に笑いを誘っていた。


忘れられないシーンについて、阿部にきくと、「全部なんですけど、全員集合の駐車場のシーンは、もうアドリブっていうかアイディアのぶつけ合いみたいな、僕はすごい印象でしたね。何も聞かされてないしそういうふうになるかとか、どういうシーンになるかとかもう、台本読んだだけで想像はするけど絶対これ通りにはいかないだろうなって思えるような現場っていうかそのシーンのとき思いました。車から降りてきて、まず、ひろぽんが僕に予想外のポーズとって降りてきたりとかあり、生でその場で受けることができてすごい楽しかった」と、印象に残るシーンを語っていた。

板垣は「景色がいい感じのところで撮って、そこのシーンはなんか映画撮ってんなってすごい思ったシーンでしたね。映像もすごい綺麗だし、なんかそのバックでこの映画がこれで終わるんだっていうのってすごい印象に残ってました。あのシーンで何かこの映画で唯一温かいなって感じたシーンなんです。僕個人的にすごい温かいなって雰囲気を空気感を求める感じですね。何かスパイスっていうか、このシーンはこんなシーンもあるんだっていうような、また、1個色がまた全然違うし 2人が喧嘩してた色にもちょっと似てたりとかするんでそういうところが伝われば」と印象に残ったシーンをアピールした。

そして工藤からは「渋川さんと対峙させていただくシーンがあるんですけど、そのときの緊張感とか、私としても体当たりな感じが印象深いです」と明かし、その場面について、クエンティン・タランティーノ監督作品『トゥルー・ロマンス』をオマージュしているといい 工藤も「ぜひ映画を観た後に「トゥルー・ロマンス』と観て欲しい。映画好きが作る映画だと伝わるのでは」と述べていた。

舞台あいさつも終盤となり、最後に阿部は「1日の話なんですけど この1日は皆さんが足を運んで見てくれてからこそ、1日の完成するっていう映画だと思うんで、皆さん少しでもこの映画を見て、1日1日を大切に生きて、生きたいなって少しでも思っていただけたら嬉しいです。『イチ回じゃなくて ハチ回観てください!』最近のマイブームです!」と舞台あいさつを締めくくった。

また、この舞台あいさつには、後藤剛範、出演・企画プロデュースの新羅慎二、監督・脚本:藤澤浩和も登壇した。
(写真・記事 オオタ・マコト)













阿部顕嵐 板垣瑞生
工藤 遥 諸星翔希 渡部龍平 趙珉和 宮崎秋人 成松修 佐野和真
新羅慎二 カトウシンスケ 後藤剛範 / 渋川清彦
企画プロデュース:新羅慎二 脚本:内田英治 
監督・脚本:藤澤浩和 音楽:吉岡聖治 
主題歌:7ORDER「レスポール」(日本コロムビア) エグゼグティブプロデューサー:加藤和夫 プロデューサー:菅谷英智 中島裕作 キャスティングディレクター:杉山麻衣 宣伝プロデューサー:丸山杏子 撮影:伊藤麻樹 照明:井上真吾 美術・装飾:松塚隆史 編集:小美野昌史 録音:内藤和冬 助監督:米倉祐依 アシスタントプロデューサー:藤田航平 制作担当:原田博志 ヘアメイク:清水美穂 スタイリスト:神恵美 CG:若松みゆき
製作:日本コロムビア KSR 東映ビデオ 制作プロダクション:RIKI プロジェクト 
配給:東映ビデオ 
©2022「ツーアウトフルベース」製作委員会
絶賛上映中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ