FC2ブログ

記事一覧

ドキュメンタリー『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』リンダの言葉の裏に隠された知られざる思いとは?インタビュー映像・新場面写真を公開


【ニュース】
公開となった本編映像は 1970 年代、人気絶頂期のリンダが音楽業界における男女差について思いを吐露するインタビュー映像。「ロックンロールの文化は男性優位なの 女への敵意に満ちているわ」と今以上にジェンダーの格差が大きかった当時の状況を嘆き、男性ミュージシャンに対して「ロックンロールのスターは孤独に陥りやすくて そのせいで疎外感と不安を募らせるあげく麻薬に逃げて自分を壊してしまう」と現代にも通じる持論を展開。リンダはスタッフやバックバンドのメンバーなど、常に男性に囲まれた環境で違和感や劣等感を抱いていたことが本作で明かされている。



しかしそのような状況の中でも、圧倒的な歌唱力と音楽に対するストイックな姿勢で着実にキャリアを重ね、当時の音楽業界において女性シンガーの地位向上に貢献した。同時期に活躍していたボニー・レイットやエミルー・ハリス、カーラ・ボノフらとは公私ともに姉妹のような仲で、女性シンガーがまだ多くなかった当時、互いに曲を提供・共有するなど良い関係を築いていたという。しかしリンダ自身は男女を差別することなく、バックバンドを務めていたイーグルスのバンドとしての独立を後押ししたり、男女問わず多くのミュージシャンとコラボやデュエットをしたりと、周囲の仲間へ良い影響やチャンスを与える存在でもあった。彼女が多くの人々に愛される理由は、音楽はもちろんのことながら、強い芯を持ちつつも周囲の人々に平等に接するその人柄にもあったことが伺える。

約 50 年前の映像ながら現代のジェンダー社会にも通じる不当な格差を指摘し、それに屈することなく自身の努力と人柄で大きな成功を収めたリンダの姿に、当時のファンはもちろん、現在の若い世代や多くの女性もエンパワメントされるはず。



同時期に活躍した女性シンガーのドリー・パートン(左)とエミルー・ハリス(中央)


リンダのバックバンドを務めていた イーグルスの Vo.グレン・フライ(左)


闘病中の現在のリンダ


4 月 22 日(金)より公開の『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』は、5 月 6 日(金)より公開の『スージーQ』、『ローレル・キャニオン 夢のウェスト コースト・ロック』とあわせて”ROCKUMENTARY2022 極上のロック・ドキュメンタリー“と銘打ち、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほか一挙公開。


『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』
出演:リンダ・ロンシュタット、ジャクソン・ブラウン、エミルー・ハリス、ドリー・パートン、ボニー・レイット、ライ・クーダー、ドン・ヘンリー、ピーター・アッシャー、デヴィッド・ゲフィン、キャメロン・クロウ 
監督:ロブ・エプスタイン&ジェフリー・フリードマン 製作:ジェームズ・キーチ、ミッシェル・ファリノーラ 音楽:ジュリアン・レイモンド 撮影:イアン・コード、ナンシー・シュライバー 2019 年/アメリカ/93 分/ビスタ/ステレオ 提供:ジェットリンク 
配給:アンプラグド 
©LR Productions, LLC 2019 – All Rights Reserved

『リンダ・ロンシュタット サウンド・オブ・マイ・ヴォイス』4月22日(金)より 『スージーQ』、『ローレル・キャニオン 夢のウェストコースト・ロック』5月6日(金)より 新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか 3 作連続公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ