FC2ブログ

記事一覧

3年ぶりのリアル開催!『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2022』キービジュアルを解禁!!

【ニュース】
新型コロナウイルス感染予防および拡散防止に最大限努めるため、本年度の『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』は、 7月28日(木)~8月1日(月)の5日間をオンラインで開催し、夕張市でのリアル開催を7月29日(金)~31日 (日)の3日間で開催。3年目となるオンライン動画配信サービス「Hulu」と、昨年から開設した映画祭公式オンデマンドの2つの配信サービスに加え、映画祭本来の姿である夕張市での現地開催も加えたハイブリッド形式で開催する。

また、4月8日に締め切った2大コンペティションの部門重複を除く応募総数が昨年比約1.5倍となり、映画製作に関わる方々の熱い想いが国内外から数多く本映画祭に寄せられた。


本年のキービジュアルは、先日まで東京都内で個展を開催したばかりの札幌在住の画家「モリケンイチ」氏による描き下し。現代社会の深刻なテーマとキモカワ、ユーモア、ホラー、エロスなどエンタメが同居する世界観を描いてきたモ リ氏らしく、誰しもが体験する映画がはじまる前のワクワクと、ファンタスティック映画ならではの怖いもの見たさが入り混じった劇場の雰囲気に溢れており、3年ぶりの現地開催、かつ初めての夏季の現地開催に挑む映画祭に相応しいキービジュアルとなっている。客席で上映を待つ、スクリーンを輝かせてきた映画の登場人物のようなキャラクターもお楽しみに。期間中は配信とリアルでコンペ選定作品の上映の他、様々な企画も準備中という。



モリケンイチ氏コメント
僕は幼年時代に炭鉱閉山前の夕張に数年住んでいましたので、 この話をいただいた際には本当に嬉しく、感慨もひとしおでした。道⺠にとって誇りでもあるこの文化イベントが歩んできた、夕張に 代表される炭鉱街の険しい歴史を思うとき、他人ごとではない強 いシンパシーを覚えずにはいられません。今回描いた絵柄のイメージには、多くの映画人たちがこのコンペにかける想いと、数多くの 作品が伝え続けてきた映画の魔法に期待する、映画ファンたちの想いを重ねて表現しています。日本のファンタスティック映画が積み重ねた歴史の上に、新たな魅力が付け加わるかもしれないというワクワクするような予感が伝わってくれるといいなと思います。

個展開催 http://www.mori-kenichi.com /index.html


本年度の各コンペティション部門への応募状況について
応募総数:762作品 ※昨年まで部門の重複応募が可能でしたが、本年より単独部門での応募のみとなっています。
ファンタスティック・ゆうばり・コンペティション部門(⻑編部門):218作品
インターナショナル・ショートフィルム・コンペティション部門(短編部門) :544作品 製作国:日本、韓国、台湾、中国、インド、シンガポール、フィリピン、ミャンマー、イラン、オーストラリア、アメリカ、カナダ、ブラジル、キューバ、イギリス、ドイツ、スペイン、スイス、スウェーデン、ポーラン ド、など20ヵ国(合作含む)


『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2022』
夕張市内でのリアル上映(リアル上映の日時、開催場所は調整中)
料金:一部無料 ※開・閉会式などイベントの配信はHulu非会員でも視聴可能。作品の視聴はHuluの会員登録が必要です。※映画祭公式オンデマンドは有料となります。
7月28日(木)~8月1日(月) 開催形態:Hulu&映画祭公式オンデマンド上でのオンライン開催
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ