FC2ブログ

記事一覧

主題歌「Ubugoe」を初披露! 古谷徹、森口博子が登壇!実物大νガンダム立像オープニングセレモニー

【イベント】
古谷「『ククルス・ドアンの島』は はっきり言って、泣けます」実物大νガンダム立像オープニングセレモニー
古谷徹(アムロ・レイ役)、森口博子(歌手)、CGO 藤原孝史が登壇する実物大νガンダム立像オープニングセレモニーにて映画主題歌が初披露された。

実物大ν(ニュー)ガンダム立像「RX-93ff νガンダム」(以下、νガンダム)は、九州初となる三井ショッピングパーク ららぽーと福岡の開業に合わせて 4 月 25 日(月)から一般公開が始まる。公開に先駆けて4月 24 日(日)に現地にてオープニングセレモニーが実施された。

株式会社バンダイナムコエンターテインメントのチーフガンダムオフィサー:藤原孝史(ふじわらこうじ)、アムロ・レイ役:古谷徹、歌手:森口博子が登壇し、機動戦士ガンダムシリーズ総監督:富野由悠季氏によるビデオコメントや、完成した実物大νガンダム立像特別演出の初お披露目、そして映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』主題歌を担当することが発表された森口博子によるミニライブも行われ、非常に豪華なセレモニーとなった。


そして、セレモニーでは本作の話題に触れた様々なトークが繰り広げられ、さらには森口博子による映画主題歌「Ubugoe」も初披露。今日だけの特別なステージに会場は大いに盛り上がりを見せた。

トーク内にて、『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙』の劇場公開からおよそ 40 年の時を経て再びアムロ役を演じる古谷は「40 年ぶりに 15 歳のアムロを演じるのは、正直不安もありましたが、非常に嬉しかったです。安彦監督が描くキャラクターは常に表情豊かに演技してくれるので、ためらいがなくお芝居ができました。」と胸の内を明かす。

次に、見どころを聞かれた古谷は、「モビルスーツの格闘戦がカッコよくて、美しいです。存在感もとてもリアルなんですよね。」と説明しつつ、また「安彦監督ならではの時代劇のような戦闘シーンも見応え満点なんですよね」と語った。
スクリーンには『ククルス・ドアンの島』主題歌 森口博子「Ubugoe」のタイトルと同作の監督を務めた安彦良和氏に
よる描き下ろしジャケット画像が映し出され、『ククルス・ドアンの島』の主題歌が、森口の新曲「Ubugoe」に決定したことが発表された。そして、今回の起用は安彦監督が直々にオファーをしたということで、森口「これまで 10 代から、ずっとガンダムの楽曲を歌わせていただいてきましたが、50代になっても、ガンダムの歌を歌いますとライブで宣言していたんです。それを安彦監督が覚えてくださっていて、「そろそろ 50 代になったかな。この作品に森口さんの声が欲しいです。」と声をかけていただいて、夢を叶えることができました。また、安彦監督からも第 15 話「ククルス・ドアンの島」を映画化することが 40 年越しの夢だったと伺って、監督と私、二人揃って夢が叶いました。」と喜びを綴り、最後の挨拶では、森口 「17 歳の頃からガンダムの歌を歌ってきた身として非常に幸せな空間でした、感無量です。」古谷「『ククルス・ドアンの島』はモビルスーツがカッコいいのは勿論のこと、暖かい人の心、立場を超えて人は分かり合えるという思いがこもった映画になっていると思います。はっきり言って、泣けます。ぜひ、劇場にお越しください。」とそれぞれメッセージを送り、イベントが終了。なお、森口博子による主題歌「Ubugoe」は 6 月 1 日(水)に発売される。



『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』
配給:松竹 ODS 事業室
©創通・サンライズ
6 月3日(金)全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ