FC2ブログ

記事一覧

Netflix『ラブ、デス&ロボット』制作に日本のスタジオとしてポリゴン・ピクチュアズが初参加!!

【ニュース】
『ラブ、デス&ロボット』は、NetflixInc.(本社:アメリカ カリフォルニア州、会長/共同CEO:リード・ヘイスティングス、 共同 CEO/CCO:テッド・サランドス、以下 Netflix)が配信する大人向けのアニメアンソロジーシリーズ。『セブン』 (1995)、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)などを手掛けるデヴィッド・フィンチャー(映画監督)と、『デッドプール』 (2016)、『ターミネーター:ニュー・フェイト』(2019)のティム・ミラー(映画監督/プロデューサー)が製作総指揮をと り、アニメーション制作会社ブラー・スタジオ(本社:アメリカ カリフォルニア州、設立者:ティム・ミラー)がプロデュースを手掛けている。

すでにシリーズ 2 までが配信され、2019 年のシーズン1の公開以来、エミー賞に通算 12 部門 ノミネート、アニメーション賞短編アニメーション部門を含む 11 部門での受賞という高い評価を得ている。そして、公開となった『ラブ、デス&ロボット』VOLUME 3 には、当社がアニメーション制作を務めた『The Very Pulse of the Machine』の他に、シーズン 1 で人気を博した『ロボット・トリオ』の続編『Three Robots: Exit Strategies』 や、デヴィッド・フィンチャーのアニメーション監督初作品『Bad Travelling』、など 9 話の短編作品が収録されている。



『The Very Pulse of the Machine』は、SF 作家マイクル・スワンウィックのヒューゴー賞受賞作「死者の声」(1998)を原作とする作品。『シドニアの騎士』(2014)や『パシフィック・リム: 暗黒の大陸』(2021)、『トランスフォーマー: ウォー・フォー・サイバトロン・トリロジー』(2020~2021)など多くの SF 作品の実績を持ちアニメーション制作に加え、アートディレクション、キャラクターデザインにも参加している。



『ラブ、デス&ロボット』VOLUME3 は 2022 年 5 月 20 日より Netflix にて独占配信中

『ラブ、デス&ロボット』VOLUME3 収録作品
『Three Robots: Exit Strategies』
監督:パトリック・オズボーン 脚本:ジョン・スコルジー 制作スタジオ:ブラー・スタジオ
『Bad Travelling』
監督:デヴィッド・フィンチャー 脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー(原作:ニール・アッシャー) 制作スタジオ:ブラー・スタジオ
『The Very Pulse Of The Machine』
監督:エミリー・ディーン 脚本:フィリップ・ヘラット(原作:マイクル・スワンウィック) 制作スタジオ:ポリゴン・ピクチュアズ
『Night of the Mini Dead』
監督・脚本:ロバート・ビシ、アンディ・ライオン(原作:ジェフ・ファウラー&ティム・ミラー)
制作スタジオ:BUCK
『Kill Team Kill』
監督:ジェニファー・ユー・ネルソン 脚本:フィリップ・ヘラット(原作:ジャスティン・コーツ) 制作スタジオ:Titmouse、Inc.
『Swarm』
監督・脚本:ティム・ミラー(原作:ブルース・スターリング) 制作スタジオ:ブラー・スタジオ
『Mason’s Rats』
監督:カルロス・スティーブンス 脚本:ジョー・アバークロンビー(原作:ニール・アシャー) 制作スタジオ:AxisStudios
『In Vaulted Halls Entombed』
監督:ジェローム・チェン 脚本:フィリップ・ヘラット(原作:アラン・バクスター) 制作スタジオ:ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス
『Jibaro』
監督・脚本:アルベルト・ミエルゴ 制作スタジオ:Pinkman.tv
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ