FC2ブログ

記事一覧

主演・野村周平、吉川愛、陣内孝則、⻘柳翔、福⼭翔大が登壇! 『ALIVEHOON アライブフーン』完成報告イベント

【イベント】
5月22日、本作の完成報告イベントを都内会場にて実施。野村周平をはじめ、吉川愛、陣内孝則、青柳翔、福山翔大らに加え、監修の土屋圭市、e スポーツ監修の山中智瑛、下山天監督も登壇し、撮影やストーリーを紐解くほか、本作でも各シーンで存分に取り入れられている e スポーツを代 表するグランツーリスモSPORTの魅力を、リアルの世界で披露すると共に、本作の魅力を語った。イベントでは主演の野村、グランツーリスモワールドチャンピオン・山中、ドリフトキング・土屋の 3 人が、 映画の中にも登場するシミュレーターを使用して、グランツーリスモ SPORT でガチバトルを繰り広げた。


冒頭の挨拶で、野村をはじめ、登壇陣はそれぞれ映画が完成した喜びや公開に向けた意気込みを口にしていたが、異彩を放ったのが陣内。以前のイベントで、野村と共に自分の演技について自信満々にアピールしていたが、その後、西島秀俊と顔を合わせたそう。西島の出演作が次々と高い評価を受けていることについて触れると、西島からは「いやいや、僕がすごいんじゃなくて監督がすごいんです」という反応が返ってきたという。「そうしたら横にいたマネージャーが『評価される俳優さんって謙虚ですねぇ』って。それを聞きまして、私、今日から謙虚な俳優になりたいと思います。この映画、みなさん『面白い』と言 ってくださいますが、僕は全然ダメなんです。監督が素晴らしいんです。僕みたいなつまらない俳優を使っていただいて... あ、これは謙遜ですよ?」とノリノリの“陣内劇場”で場を盛り上げるが、大御所の突然の“謙虚モード”に共演陣からは「やり づらい(苦笑)!」「しんどい!」とツッコミが飛ぶ。

そんな先輩の謙虚な姿勢もどこ吹く風で、主演の野村は映画の見どころについて「ドリフトシーンは迫力満点。あとは僕が出 ているところは基本、良いと思うのでそのあたりを見ていただければ」と自信満々に語る。

吉川は「私は実際にドリフトの撮影を見てなかったので映画で見て、エンジン音をリアルに感じれたことがビックリしました。 こんなにもカッコいい映像にできるなんてすごいなと思いました。本当に全てがカッコよかったです!」と感激の面持ちで語る。

陣内は「僕はたいしたことないんですけど...(笑)、やはりドリフトの魅力、ヒリヒリするような魅力を体感できるし、イケメン のみんなが良い芝居をしてます!驚いたのが解説者席の土屋圭市さんのお芝居があまりに自然で...ビックリしました。あんなリアルな芝居を...勉強になりました」と土屋の解説シーンを絶賛。土屋は「審査員を 30 年ほどやってきたので、そのまま のイメージを出した感じです」と笑顔で語っていた。

青柳は「ドリフトのシーンは、監督、スタッフ、キャストみんなで作り上げたのでぜひ劇場で楽しんでほしいです」と語り、福山 はレースではなく峠を疾走するシーンを「一番の見どころ」と語り「何度見ても心が熱くなります!」と興奮気味に語った。

ちなみに、本作のレースシーンの撮影では、野村らドライバー役の俳優は、プロのドライバーが運転する車の助手席に座り、 据え付けられたステアリングを握って、本物のスピードや G を体感しながら撮影に臨んだ。

野村は「贅沢なことをさせていただきました。(プロドライバーが)本気で走っている車内で本気でステアリングを握らせてい ただいたので、芝居というよりも、本気でやれました。プロのドライバーって本当にすごいなと思いました」とふり返る。陣内は「交通事故に遭ったときって、こうなるんだろうなってくらい乱暴な運転でした(笑)。ドリフトってやはり、乱暴な“美”を追求するスポーツであり命がけのもの。僕自身は、安全第一のペーパードライバーで安全第一なので怖かったです。ケガしたらどうするんだ! って(笑)」と助手席で感じた“リアル”を述懐。

福山は「ドリフトって、ドリフトでしか感じられないエクスタシーがあるんだなと。この競技でしか味わえない、形容する言葉 がないくらい、こんな気持ちよさがあるんだなって」とドリフトで感じた快感を口にし「いかんせん、野村くんがクルマ好きで 目がキラキラしてるんです。野村周平ってこんな無邪気で好奇心旺盛なんだと印象的でした。僕はライバルの役だったので、 このキラキラ輝く野村周平のエネルギーと戦わないといけないんだなと」と現場での野村の様子についても明かしてくれた。

本作では、ドリフトのみならず、e スポーツの魅力や凄さもしっかりと描かれているが、土屋は、以前から e スポーツのイベ ントのゲストに呼ばれることが多いそうで、映画と同様に e スポーツの世界からリアルのレースの世界に転向するドライバーが実際に存在することに触れつつ、本作について「ゲーマーの子どもたちに夢を与えられる映画になると思った」と語る。

e スポーツ監修を務めた山中は「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ」でチャンピオンにも輝いた e スポーツ界の第一 人者だが「お話をいただいて、e スポーツにスポットライトを当てていただいたのが嬉しかったです。自分が走行した映像も使用していただいていますが、微妙な駆け引きだったりを画面越しにリアルとバーチャルで感じられるものになっていると 思います。初めて映画の世界に入り込めて、感謝しています」と喜びを口にする。

野村も、実際にゲームの練習も重ねたそうだが「機械を貸していただいて、家でグランツーリスモをやっていたら、いつの間 にか車に乗り込んで首都高を走ってました(笑)。ゲームがリアルすぎて、実際に走りに行きたくなっちゃう。(ゲームをしてい たつもりが)急にリアルになってました」と明かした。




この日は、映画でも使われたシミュレーターを使用して、登壇陣による「グランツーリスモ SPORT」のバトルを開催! 最初 に野村とドリフトキング・土屋が対戦したが、野村は土屋に対し「ゲームでもリアルでも勝ちに行きたい!」と宣言し、自信 満々。実際、レースが始まると、野村が見事な走りを見せリードし「リアルでも僕のほうが早いんじゃないですか?」と余裕をかましていたが、最終ラップでまさかのコースアウト! 土屋にまさかの逆転を許して敗戦を喫してしまう。これには陣内か らも「やっぱり、野村くんには謙虚さがないんだよ」と“苦言”が...。
続いて、世界チャンプ・中と野村の対戦となったが、ハンデとして山中は最大 5000 回転以内でレースをするという制約が 課されることに。それでも、さすが世界チャンピオン、余裕のレース運びで野村に先行。クラッシュをした野村を気遣い、ハザ ードランプを点灯させる優しさも...。とはいえ、やはり 5000 回転の縛りが効いたのか、最終的には野村が逆転しチェッカ ーフラッグを受けた。
世界チャンピオンに勝利した野村だが、完全に手のひらの上で転がされた感覚で「何も嬉しない...(苦笑)。この 2 戦で、俺 の株しか下がってない!」と自虐気味に語りつつも「楽しかったです」とニッコリ。レースを見守っていた吉川は「無言で見入 ってしまいました」と語り、山中は「e スポーツもリアルもどちらも緻密なレースが繰り広げられているので、ぜひどちらも一 度、見ていただきたいです」とアピール。土屋も「e スポーツのレベルが上がったことで、我々の世界でも通用するドライバー が出てきている」とうなずいていた。

下山監督は本作の制作について、土屋が『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』や『頭文字 D』といった映画に参加して いることに触れつつ「『ワイスピ』はハリウッド、『頭文字 D』は香港のスタッフとキャストの作品。ドリフトも e スポーツも世界 の人が楽しんでるけど、日本が世界に誇るもの。この 2 つが手元にあるのに、なぜ日本は映画を作らないんだ? という土 屋の言葉から始まりました。」と熱い思いを吐露。ゲーマーがリアルのレーサーに転向するというのも「ファンタジーか SF か と思ったけど、映画を作り始めたら既に世界中に e スポーツ出身のレーサーがいて、チャンピオンにもなっている。SF でも ファンタジーでもなく、ドキュメンタリーに近い、一番リアルな作品になったと思います」と力強く語った。

最後に野村は「日本の文化であるドリフトを日本の映画で作ることができて、誇りに思っています。画面から煙とにおいが伝 わってきそうな迫力、映画館でしか楽しめない音、プロの走り、プロの e スポーツの映像などを目の当たりにして楽しんで いただけたらと思います」と映画をアピールし、イベントは幕を閉じた。
(写真・オフィシャルレポート)


出演:野村周平 吉川愛 青柳翔 福山翔大 / 本田博太郎
モロ師岡 土屋アンナ きづき / 土屋圭市(友情出演) / 陣内孝則
監督・編集: 下山天 主題歌:「Hunter or Prey」(NOISEMAKER) 製作:「アライブフーン」製作委員会 製作協力:電通 後援:福島県・福島市・日本自動車連盟 配給:イオンエンターテイメント ©2022「アライブフーン」製作委員会 
6 月 10 日(金)全国公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ