FC2ブログ

記事一覧

映画『激怒』狂っているのは世界か、俺か!? 町内会を相手に血みどろの戦いを繰り広げる!本予告、場面写真を解禁

【ニュース】
犯罪ゼロの町、富士見町へようこそ。」暴力で町を支配する「町内会」に、一人の刑事が立ち向かう!?封印していた怒りがあふれ出し、中年刑事が大・大・大・大・大激怒!!



本予告映像では、川瀬陽太演じるいったん激怒すると見境なく暴力を振るってしまう中年刑事、深間が、とある暴力事件をきっかけにニューヨークの医療施設に入れられ、3 年の精神治療を経て日本に戻るところから始まる。


空港で若手刑事に迎えられ「最近はいい感じなんで、世の中」と聞かされる深間。しかし、帰国した彼を待っていた のは、「町内会」が暴力で支配する、変わり果てた狂気の町だった。町の中では絶えず拡声器から「安心、安全、富士見 町」というスローガンが流れ、通りの壁には「みんなが見ているよ!」と書かれたポスターがビッシリ...。見回りを行う町 内会のメンバーは、駐車料金を踏み倒した男を容赦なくリンチし、挙句の果てには気に食わない人間を残酷な処刑方法 で焼き殺すなど、まさにやりたい放題!異常な町の姿に、最初はなんとか怒りを抑えつけていた深間だったが、立て続け に起こる理不尽な暴力に耐え兼ね、ついに怒りが爆発。「俺は、お前らを殺す!」と大激怒し、町内会を相手に血みどろの戦いを繰り広げる。

狂った町に一人の中年刑事が立ち向かう、迫力の予告編だ!!


新規場面写真も一挙解禁!!




出演:川瀬陽太『ローリング』「レッドアイズ監視捜査班」(TV)、小林竜樹、奥野瑛太、彩木あや、森羅万象
【STAFF】企画・脚本・監督:高橋ヨシキ/プロデューサー:森田一人、高橋ヨシキ、川瀬陽太/撮影:高岡ヒロオ/照明:岩丸晴一/特殊造形:藤原 カクセイ/モーション・グラフィック:佐伯雄一郎/VFX スーパーバイザー:鹿角剛/音楽:中原昌也・渡邊琢磨
日本映画/2021 年/100 分/スコープサイズ/ドルビーデジタル/映倫:R15+ (C)映画『激怒』製作委員会/配給:インターフィルム 
8月26日(金)より新宿武蔵野館、テアトル梅田ほか全国順次ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ