FC2ブログ

記事一覧

『アウシュヴィッツのチャンピオン』アウシュヴィッツから脱出を試みた囚人が殴殺される衝撃シーンを公開

【ニュース】
公開されたのは、1940 年 6 月 14 日、アウシュヴィッツに移送された“最初の囚人”として主人公のテディが連行されるシーンを切り取った本編映像だ。



「家族のことは忘れろ」「お前たちは人間ではない」という司令官の非道な言葉とともに、テディが家族と引き裂かれ る姿が映し出され、平穏だった日常が一瞬にして奪われていったことが分かる。


収容所では、頭を刈られ、十分な食料も与えられずに労働に従事させられていた。ある時、看守の目を盗み、一人の囚人が脱出計画を話し始めると、後ろから聞いていたカポによって殴殺されてしまう。突然シャベルで頭をはねられる衝撃的なこのシーンは、思わず目を覆いたくなるような残酷さだ。



続いて、作業する囚人らの頭上に掲げられている「働けば自由になる(Arbeit macht Frei)」と書かれた看板が映し出され、ここからは逃れられないのだという絶望感と恐ろしさが漂う場面になっている。この地獄のような環境下で、テディはいかにして希望の象徴になっていったのか。本編の展開に期待が高まる本編映像になっている。

本作が、長編デビューであるマチェイ・バルチェフスキ監督は「映画のクオリティと普遍的メッセージのおかげで、国際的に訴えることができる映画になりました。何よりも、並外れた男と、極限状況における希望、そして希望のための代償をあわせて描いた映画です」と語る。


2020 年/ポーランド/英題:The Champion of Auschwitz/91 分/カラー/5.1ch
監督・脚本:マチェイ・バルチェフスキ 撮影:ヴィトルド・プウォチェンニク 音楽:バルトシュ・ハイデツキ 
出演:ピョートル・グウォヴァツキ、グジェゴシュ・マウェツキ、マルチン・ボサック、ピョートル・ヴィトコフスキ、ヤン・シドウォフスキ 
さ日本語字幕:渡邉一治 
配給・宣伝:アンプラグド 
© Iron Films sp. z o.o,TVP S.A,Cavatina GW sp.z o.o, Hardkop sp.z o.o,Moovi sp.z o.o 
7月22日(金)より新宿武蔵野館、HTC 渋谷ほか全国順次公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ