FC2ブログ

記事一覧

オスカル・カタコラ監督作品『アンデス、ふたりぼっち』予告編が完成!!

【ニュース】
オスカル・カタコラ監督作品『アンデス、ふたりぼっち』 (7 月 30 日(土)から新宿 Kʼs cinema)の予告編が完成いたしました。本作はペルー映画史上初の全編アイマラ語⻑編作品として注目され、ペルー本国で異例の大ヒット!! 2018 年のアカデミー賞国際映画賞のペルー代表に選ばれた秀作!!予告編が完成した。




完成した予告編では、息子の帰りを待ちながら慎ましく暮らす老夫婦と、その背景にそびえるアンデスの山々が目に飛び込んでくる。最後は、医師・作家の鎌田實さんの絶賛コメントで締めくくっている。





母なる大地で、たっぷりの愛情で生きる二人。なんにもないけど、静かで豊か。小津映画のようなさわやかな後味。久々に心が満腹!
鎌田實(医師・作家)



新しいポンチョを織ってくれないか 老夫婦の厳しくも逞しく生きる愛の物語。その行き着く先はーー観客の心を震わせるラストシーンを目撃する。
南米・アンデス山脈。標高 5,000mを越える社会から遠く離れた場所に暮らすパクシとウィルカ。アイマラ文化の伝統的な生活の中で、リャマと羊と暮らしていた。コカの葉を噛み、日々の糧を母なる大地のパチャママに祈る。ある日、飼っていた羊が狐に 襲われてしまう。さらに、マッチを買いにいった夫・ウィルカはその途中に倒れてしまう...。そして都会に出た息子の帰りを待つふたりにやがて訪れる、心を震わせる衝撃のラストシーンを我々は目に焼き付けるだろう。

小津安二郎や黒澤明の日本映画に大きな影響を受けたーー 惜しくも夭折した期待の新星、惜しくも夭折した期待の新星、オスカル・カタコラ監督初長編にして遺作 
本作は、ペルー映画史上初の全編アイマラ語長編作品として注目され、ペルー本国で異例の大ヒットとなった。ウィルカ役は監 督の実の祖父が、パクシ役は映画もみたことのない素人が演じている。監督は、ペルー南部プーノ県出身のオスカル・カタコラ監督。小津や黒澤などの日本映画から大きな影響を受け、本作で、アイマラの文化・風習の中に、私たちが存在を知りながらも目を背けていた現実を、悠大なアンデスの自然と共に痛烈に描いた。ペルーのシネ・レヒオナル(地域映画)の旗手として今後の活躍を期待されていたなか、2021 年 11 月、2作目の撮影中に 34 歳の若さでこの世を去ってしまう。本作が長編初作品であると同時に遺作となった。




監督・脚本・撮影:オスカル・カタコラ 編集:イレーネ・カヒアス 出演:ローサ・ニーナ、ビセンテ・カタコラ
後援:在日ペルー大使館 協力:日本ペルー協会
ペルー/2017 年/アイマラ語/86 分/原題:WIÑAYPACHA 英題:ETERNITY ©2017 CINE AYMARA STUDIOS
2022 年 7 月 30 日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ