FC2ブログ

記事一覧

映画『ビーバップのおっさん』主演・白井光浩オフィシャルインタビューが到着

【ニュース】
待たせたなシャバ僧!!アクションあり、笑いあり、涙ありのファン待望の痛快人情活劇 映画『ビーバップのおっさん』が完成!!
「ビー・バップ・ハイスクール」で、”城東工業のテル”こと藤本輝男を演じた白井光浩(54)と主人公・加藤浩志を演じた清水宏次朗(57)が、喧嘩っ早い藤元輝(テル)と女にモテる愛徳浩(ヒロシ)として、再共演!本作が劇場公開商業映画初主演作となった白井が企画から携わり、キャスティングの段階で清水の名を一番に挙げたことで、再共演が実現した。


映画『ビーバップのおっさん』主演・白井光浩オフィシャルインタビューが到着!!
 


Q:本作出演のきっかけをお教えください。
プロデューサーさんに、私を主演に映画を撮りたいと言っていただきました。「ビー・バップ・ハイスクール」世代のプロデューサーですし、いつか私を取り上げてみたいというご希望を持っていただいていたみたいです。「ビー・バップ」は、作品全体のコンセプトとして、もちろん主役のお二人とヒロインの方をフィーチャーした映画ではありますけど、私に限らず、脇役も人気がある映画でした。

Q:本作に出演するにあたり条件などはあったんですか?
特に条件というものはありませんでしたが、思いはありました。
清水宏次朗さんはご病気を患っていて、経緯をずっと見ていましたが、いつか復活してもらいたいという思いがあり、この作品の話を頂いた時に「ぜひ宏次朗さんと一緒に出演させていただき、俳優業再開のきっかけの一つになれば嬉しいです」とお話させていただきました。



Q:清水さんが『ビー・バップ・ハイスクール』で演じたヒロシは、白井さんにとってはどのような存在ですか?
「与太郎シリーズ」では、トオルとテルが中学校が同じで、高校で因縁を持って再会したという設定なので、ヒロシとテルって、因縁みたいなものはないんですよ。「与太郎シリーズ」では全く触れ合っていなかったんで、本作は、いいおっさん同士のいいバディになっていて良かったと思います。

Q:清水さんとの共演はいかがでしたか?
非常に楽しかったです。『ビー・バップ』の時はそんなに絡みはなかったので、久しぶりというよりは初めてという感じだったんですが、宏次朗さんのお陰もあり、非常にやりやすかったです。

Q:『ビー・バップ・ハイスクール』は1985年に1作目が公開されましたが、本作には、80年代に活躍された方が多数出演されています。1980年放送の「3年B組金八先生」で「腐ったミカン」こと、不良生徒・加藤優を演じてブレイクした直江喜一さんは、白井さんにとってはどのような存在ですか?
 中学校の時に、「3年B組金八先生」を再放送で見たんですが、直江さん演じる加藤が逮捕されるシーンは、コタツに潜り込みながら泣いた記憶があります。すごいなと思って。直江さんご自身が大好きだったので、本作でご一緒出来てすごく嬉しかったです。

Q:映画『湘南爆走族』(1987)で江口洋介さんと織田裕二さんと共に暴走族「湘南爆走族」メンバーでモヒカンがトレードマークの丸川角児役を演じた村澤寿彦さんが本作では丸川会長役を演じていますが、村澤さんはどのような経緯で出演されたんですか?
『ビー・バップ』の公開が終わったら、『湘南爆走族』が公開されたんです。1回か2回拝見したので、村澤さんのことはよく覚えていたました。3年前位にとあるイベントで共演したら、気があって、個人的に連絡をさせてもらうようになり、YouTube番組「テルチャンネル」に出演していただいたりしていました。本作では、『ビー・バップ』だけじゃなく、他の80年代のテレビ番組や映画のオマージュもしたかったので、「『湘爆』の村澤さん、いいじゃないですか」という話になりました。

Q:大映ドラマ「ヤヌスの鏡」(1985)で性格が豹変する主人公を演じた杉浦幸(みゆき)さんが、本作でも性格が豹変する丸川の美人妻を演じますが、どのような経緯で出演されたんですか?
直江さんや村澤さんと同じで、80年代のドラマや映画でインパクトが強かった「ヤヌスの鏡」の杉浦幸ちゃんにお願いしようという話になりました。
杉浦幸ちゃんは、僕らの世代とってスーパーアイドルで、お会いするのは初めてでしたが、気さくで明るい方だと知ってびっくりしました。
 
80年代に爪痕を残した者同士、いいおっさんといいおばさんになってますんで、いい感じで映画の撮影もプロモーションもやらせていただいています。映画の撮影中もいい感じの現場でしたし、今はプロモーションを皆で楽しくやらせていただいています。

Q:あまりネタバレはできませんが、ラストシーンの撮影では、清水さんはもらい泣きしてしまいそうだったとおっしゃっていましたが、演じていた白井さんはいかがでしたか?
クライマックスシーンについては、後から話を聞いてみると、スタッフや共演者の方達は、「あの時は白井さんに近寄れない雰囲気だった」と言っていました。一発勝負だったのと、一番気持ちを乗せたいシーンだったので、すごく気持ちを集中していました。
後から聞いたんですけれど、ラストシーンの撮影時には、宏次朗さんが、「テルの気持ちが入ってきてるんだから、みんな気を使ってやれよ」と周りの方達に言って下さっていたみたいです。あの場面を作ってくれたのは宏次朗さんかもしれないです。

Q:完成した作品を見ていかがでしたか?
思った以上に楽しかったです。想像いていた以上にいい映画に仕上がっていました。色もカット割りもよかったですし、満足しています。

Q:本作の見どころはどこだと思いますか?
『ビー・バップ』にものすごいリスペクトを払ってオマージュをさせていただいた作品で、私たちの世代の人たちに観ていただけると、ハートをくすぐられるような方々が多々出ています。オマージュ作品なので、『与太郎シリーズ』の一面も多々ある、笑いあり、涙あり、アクションありの人情活劇・娯楽映画です。



Q:読者にメッセージをお願いします。
それぞれの役者がそれぞれ喜びを持って精一杯撮影に挑んで、ものすごくいい映画が出来上がったと自負しております。家族愛、友情、涙、笑い、アクションと、非常に難しくない映画に出来上がっています。ストレートにおっさんやおばさんたちの応援映画になっています。少しでもこの世知辛い世の中が元気になってもらえたら幸せです。よかったら見てやってください。

 
新作映画「ビーバップのおっさん」独占プレミア上映 & ビーバップ与太郎伝説トークライブ 大阪夏の陣
 
全出演 白井光浩、清水宏次朗
MC 桂 三四郎(落語家)

【第1部・第2部】
ビーバップ与太郎伝説トークライブ
スペシャルゲスト
古川勉(兼子信雄 役)・高山瑛光(part1・2・3出演 高瀬道場)
新作映画「ビーバップのおっさん」独占プレミア上映
☆「ビーバップのおっさん」トークライブ
旭 正嗣監督と愉快な出演者たち
 
2022/8/11(木・祝)
会場 大阪 朝日生命ホール
 
【第1部】
開場10:30
開演11:00
チケット申込・購入リンク
bit.ly/3mWc8TC

【第2部】
開場15:30
開演16:00
チケット申込・購入リンク
bit.ly/39CwxKn
 

7月24日(日)渋谷 ユーロライブでの上映については、詳しくは公式SNS(Twitter・Facebook)にてご確認ください。

【STORY】
日々元請け会社の理不尽な要求に耐えながら、亡き父の家業の小さな町工場を営むテル。
元請け会社でのトラブルをきっかけに経営する町工場を閉めることになり、テルの妻も子供を連れて出て行ってしまう。
生き甲斐もなくひとり日雇い仕事を続けるテルは、ある日、久しぶりにヒロシと再会する。
ヒロシ『舞い戻って来たよ~♪』
むかしと変わらない無邪気なヒロシは、あちらこちらを巡りながらトラブルを解決する「トラブル解決屋」を営んでおり、テルを相棒に誘うのだった。
とある町に着いたテルとヒロシは、助けを呼ぶ声を聞きつける。そこには、助けを呼ぶ男性と周囲には若いチンピラとヤクザがいた…
 
【出演者】
白井光浩、清水宏次朗、直江喜一、村澤寿彦、杉浦 幸、脇知弘、永山たかし
園田あいか、杉本愛里、岩田まあり、古今亭志ん輔(特別出演)、小沢和義 他
 
【スタッフ】
製作:ラフター 
エグゼクティブプロデューサー:塩月隆史
脚本:今井ようじ
監督・プロデューサー:旭 正嗣
撮影:田宮健彦 録音・音響効果:丹 雄二 編集:小川幸一
音楽:オバタコウイチ 音楽プロデューサー:牧田和男・菊地圭介
主題歌「結び」 イメージソング「GO! GO! A WAY」 Sacra e sole
タイトルデザイン・美術協力:吉田徹 宣伝協力:テルチャンネル
2022年/日本/カラー/97分/16:9/ステレオ/DCP(C)ラフター
公式ツイッター:https://twitter.com/be_bop_ossan
7 月 24 日(日)渋谷ユーロライブ、
8 月 11 日(木・祝)大阪朝日生命ホールにてプレミア上映
以降、全国順次上映&イベント開催

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ