FC2ブログ

記事一覧

映画『キングメーカー 大統領を作った男』カリスマ政治家と天才参謀が出会う本編映像を解禁


【ニュース】
ソル・ギョング演じるカリスマ政治家キム・ウンボムと、イ・ソンギュン演じる天才選挙参謀ソ・チャンデが初めて出会い、互いの理念をぶつけ合う本編映像を解禁!!
解禁となる本編映像は、そんな二人が初めて出会う場面。韓国東北部の江原道で小さな薬局を営むソ・チャンデは、独裁政権を打倒して世の中を変えたいという思いから、野党・新民党に所属するキム・ウンボムの選挙事務所を訪ね、いきなり効率的でないウンボムのやり方が間違っていると話し始める。実はチャンデはウンボムに手紙を送り「1票を得るより、相手側の10票を減らす」という”資本家思考“の提案をしていた。しかしウンボムは「商売は金稼ぎが目的になり得るが、政治は票稼ぎを目的にしてはならんのだ」と一蹴し、「ギリシャのアリストテレスはこう言った”正義こそが社会の秩序だ“」と説き伏せようとするが、逆に「“正しい目的のためなら手段は不問”」とアリストテレスの師匠であるプラトンの言葉を持ち出すチャンデ。そして「お手伝いをさせてください」と直訴し「私は北出身ですが、なまりがない。父を差別で殺されて完全に方言を直したんです。世の中を変えたいんです」と引き下がらない。するとウンボムは手紙に入っていた花は何かとチャンデに問いかける。「”草の王“という毒草で薬にもなります。私にも役割を」その言葉を聞いたウンボムは彼を迎い入れることになる。ソル・ギョングとイ・ソンギュンの丁々発止のやりとりに一気に引き込まれるシーンだ。





本作の監督を務めたのは、ソル・ギョングが主演した『名もなき野良犬の輪舞(ロンド)』の俊英ビョン・ソンヒョン。第58回百想芸術大賞では、現在日本でも絶賛公開中の『モガディシュ 脱出までの14日間』と並び高く評価され、本作でソル・ギョングが最優秀男性演技賞、ビョン・ソンヒョン監督が監督賞を受賞。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの韓国映画の中でも注目の一本となったが、ビョン・ソンヒョン監督は、この作品を通して「正しい目的のために正しくない手段をとることは果たしてどこまで正当なのかという疑問を投げかけたかった」と本作への真摯な思いを語っている。キム・ウンボムとソ・チャンデ、理念もキャリアも違う二人がこのあと、どのような方法で熾烈な選挙戦を戦っていくのか、2人の熱きドラマとその結末をお見逃しなく!

 

監督:ビョン・ソンヒョン『名もなき野良犬の輪舞』
出演:ソル・ギョング『茲山魚譜 チャサンオボ』 イ・ソンギュン『パラサイト 半地下の家族』ユ・ジェミョン「梨泰院クラス」チョ・ウジン『SEOBOK/ソボク』 
2021年/韓国/123分/5.1ch/ビスタ/原題:킹메이커/字幕翻訳:小寺由香/提供:ツイン、Hulu/配給:ツイン
(c)2021 MegaboxJoongAng PLUS M & SEE AT FILM CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
8月12日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ