FC2ブログ

記事一覧

映画『プアン/友だちと呼ばせて』より、超ストイックな役作り!1か月半で17キロ減量したアイス・ナッタラットに注目

【ニュース】
余命宣告を受けた青年を 17 キロの減量で見事演じきったのは、世界的に活躍するモデル系純愛イケメン男子!
ウード役に選ばれたアイス・ナッタラットは、180 センチ以上の長身を生かし、タイで約 4 年のモデル活動の後、韓国に活躍の場を移し、ほぼすべてのファッション誌を制覇、韓国のランウェイを最初に歩いたタイ人となった。韓国で 5 年の活動を経て帰国後、俳優業に本腰を入れる。ドラマ『DIARY OF TOOTSIES1・2』(16・17)『One Year』(19)、映画『Friend Zone』(19)。韓国ドラマのタイ版リメイク『Voice』(19)等にも出演するなど着実にキャリアを積み上げていく。

本作の、キャスティングは、プーンピリヤ監督と、ウォン・カーウァイの二人によるオーディションで行われた。プーンピリヤ監督は、「オーディションで彼を見た瞬間、この映画の持つ感性、作品のトーンや声、最終的にどんな形になるのかが初めて見えた。だから、彼に決めるのは簡単だった」と振り返る。アイスは「ウード役に決まったときは嬉しくて自分の知り合い全員に知らせた」と言う が、喜びも束の間、とてもまじめな彼はすごく真剣に取り組まなければならない、とすぐにシリアスな気分になったという。本作で最も難しい役と言えるウード役を演じるにあたり、アイスの取り組み方はとてもストイックだった。死を間近にした人の気持ちを理解するべく、余命宣告をされた方たちのグループセラピーに足を運んだり、残念ながらウードと同じように病による余命宣告を受けた監 督のニューヨーク時代の友人ロイドと幾度となく深い対話を重ねた。「結果的に、ウードのキャラクターには、ロイドの DNA がたくさ ん入っている」とプーンピリヤは指摘する。



さらに肉体的な役づくりにも取り組む。1 か月半の猶予を経て、とてもストイックに運動と食事量を計算し、見事 17 キロの減量に成功した。体重の減少と共に徐々に声も細くなったり、話し方も変わって行ったというが、それも役づくりとして彼は受け入れていった。そして、減量前と後の変化のすさまじさがわかる画像が解禁となった。減量前のアイスはキッチンに座ったあどけなさの残る 1 枚。もう 1 枚は減量後の浜辺に座り込む 1 枚。頭を剃り上げているせいもあるが、あごのラインはするどく、頬もこけ、目もくぼんで見えとても弱々しく見える。これを役づくりで実行するとは驚きだ。これだけ役に忠実に向き合ってきたアイスに最後、質問してみた。「もしあなたがウードのような状況なら元恋人たちに会いに行くか?」と尋ねたところ「僕は今まで付き合ったことのある恋人は、今付き合っている恋人しかいません。もう 10 年になります」という答えが。 様々な表情を見せてくれるアイス・ナッタラットの沼にハマること間違いだろう。


2021 Jet Tone Contents Inc. All Rights Reserved. 配給:ギャガ

『プアン/友だちと呼ばせて』は 8 月 5 日(金)新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、渋谷シネクイントほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ