FC2ブログ

記事一覧

インド滞在期のビートルズの知られざる素顔に迫るドキュメンタリー『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』1968 年にインドを訪れていたセレブたちをとらえた場面写真を解禁

【ニュース】
1968 年 2 月、ザ・ビートルズはガンジス川のほとりにいた。この時、心の声の導きでこの地を訪れたひとりの青年がいた。現在、映像制作者として活躍するポール・サルツマン監督だ。『ミーティ ング・ザ・ビートルズ・イン・インド』は、ザ・ビートルズと奇跡の 8 日間を描くドキュメンタリーだ。


ミア・ファロー     マイク・ラヴ      ドノヴァン

心の平穏と新しいアルバムの準備をするためにインドのリシケシュを訪れたザ・ビートルズは、超越瞑想運動の創始者マハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの僧院にいた。そこには、『ローズマリーの赤ち ゃん』(69)、『華麗なるギャツビー』(74)で知られる女優ミア・ファローと妹のプルーデンス・ファロ ー、ビーチ・ボーイズのヴォーカリスト マイク・ラヴ、スコットランドのシンガー ドノヴァンなどもいた。世界的に注目を集めたインド訪問だが、日常から遮断されたマハリシのアシュラム(僧院)でどんな 生活を送っていたのかを知る人は少ない。

ザ・ビートルズと奇跡の時間を共にしたポール・サルツマン監督は当時 23 歳だった。「彼らは家族でピクニックに来たように写真を撮り合っていた」と述懐する。仕事やレコーディングの予定もな く、ファンに追いかけられることもない。ただ食べて寝て瞑想をするだけの穏やかな日々を送り、好きな時に思いつくままに曲作りに取り組んでいたという。ジョンとポールはギターを弾きながら歌い、ジョージは部屋にこもってシタールの練習を続けていた。カメラを片手にしたリンゴは僧院内の撮影に夢中だった。

最大の驚きは初対面の青年に気さくに接してくれたことだった。「彼らが率直に接してくれた理由 の 1 つは私に下心がなかったからだ。何かを目当てに近づいてくる者に慣れるとガードが堅くなりそこに捕らわれてしまう。あなたは信頼できそうだと彼らは判定したに違いない」と指摘する。

一挙手一投足を世界が注目するザ・ビートルズではなく、ひとりの人間として接したサルツマンに彼らは心を許したのかもしれない。世界のセレブたちを魅了したアシュラムで、ひとりの青年が目にしたザ・ビートルズの素顔とは。名曲誕生秘話を始め、驚きのエピソードが続々紹介される。


監督・脚本・製作:ポール・サルツマン ナレーション:モーガン・フリーマン 製作総指揮:デヴィッド・リンチ
出演:デヴィッド・リンチ、パティ・ボイド、ジェニー・ボイド、マーク・ルイソン、ルイス・ラファム、ローレンス・ローゼンタール、リッキ・クック、ハリプラサード・チョウラシア、 デヴィアニ・サルツマン 2020年/カナダ/英語/79分/カラー/1.78:1/5.1ch
原題:Meeting The Beatles in India 字幕:大西公子 字幕監修:藤本国彦 配給:ミモザフィルムズ
© B6B-II FILMS INC. 2020. All rights reserved
【公式サイト】
9 月 23 日(金・祝)よりヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺、新宿バルト 9 ほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ