FC2ブログ

記事一覧

映画『ヒトラーのための虐殺会議』ユダヤ人絶滅政策を決定したヴァンゼー会議 史上最も恐ろしいビジネス会議の全貌が明らかに! 2023年1月20日 日本公開

【ニュース】
1,100万ものユダヤ人絶滅政策を決定したヴァンゼー会議が題材の映画『THE CONFERENCE(原題)』が、『ヒトラーのための虐殺会議』の邦題で、ヴァンゼ ー会議が開催された日から ちょうど81年後の2023月1月20日(金)より新宿武蔵野館、ヒュ ーマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開が決定した。

1942年1月20日正午、ドイツ・ベルリンのヴァンゼー湖畔 にある大邸宅にて、ナチス親衛隊と各事務次官が国家保安 部代表のラインハルト・ハイドリヒに招かれ、高官15名と秘書1名による会議が開かれた。議題は「ユダヤ人問題の 最終的解決」について。「最終的解決」はヨーロッパにお ける1,100万ものユダヤ人を計画的に駆除する、つまり抹殺することを意味するコード名。移送、強制収容、強制労働、計画的殺害など様々な方策を誰一人として異論を唱えることなく議決。その時間は、たったの90分。史上最悪の会議の全貌が80年後のいま、明らかになる。

すべてのドイツ占領下および同盟国から東ヨーロッパの絶滅収容所へのユダヤ人強制送還の始まりとなった「ヴァンゼー会議」。本作は、アドルフ・アイヒマンによって記録された会議の議事録に基づき、80年後の2022年にドイツで製作された。その議事録は、1部のみが残されたホロコーストに関する重要文書だ。マッティ・ゲショネック監督は「ヨーロッパにいる全ユダヤ人の駆逐が、冷静な会話によって議論され決められていく様子を事実に基づいて描こうと思いました」 と語り、出席者 15 名がまるでビジネスのように、論争の的になるユダヤ人問題について話し合い、大量虐殺に対して反論する者が誰一人いない異様な光景をありのままに描き出す。



監督:マッティ・ゲショネック 
キャスト:フィリップ・ホフマイヤー、ヨハネス・アルマイヤー、マキシミリアン・ブリュックナー 2022年/ドイツ/112分/ビスタ/5.1ch
原題:Die Wannseekonferenz/英題:THE CONFERENCE/字幕翻訳:吉川美奈子/配給:クロックワークス/G 
© 2021 Constantin Television GmbH, ZDF
2023年1月20日(金)より 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、 YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ