FC2ブログ

記事一覧

レスリー・マンヴィル主演 映画『ミセス・ハリス、パリへ行く』メインビジュアル、大竹しのぶナレーションの予告を解禁

【ニュース】
美しいドレス、ハリスは本当に着ることができる!?メインビジュアル、大竹しのぶナレーションの予告を解禁
舞台は 1950 年代、ロンドン。戦争で夫を亡くした家政婦がある日働き先で 1 枚の美しいドレスに出会う。それは、これまで聞いたこともなかった、クリスチャンディオールのドレス。500 ポンドもするというそのドレスに心を奪われた彼女はパリへディオールのドレスを買いに行くことを決意。新しい街、新しい出会い、そして新しい恋・・・?
夢をあきらめなかった彼女に起きる、素敵な奇跡。いくつになっても夢を忘れない―見た人誰もがミセス・ハリスから勇気をもらえる、ハッピーストーリー。

解禁となったメインビジュアルには、意気揚々とグリーンのドレスを抱きしめるハリスの姿が。チャーミングな笑顔とともに彼女のドレスへの憧れの強さが伝わってくるようなポスター。またロンドンのハリスの友人であるヴァイや、パリで出会うイザベル・ユペール演じるディオールの敏腕支配人、マダム・コルベールなどのキャラクターの姿も。しっかりドレスを抱きしめているハリスですが、本当に手に入れることができるのか。夢見るハリスが人々を巻き込んで起こす、とびきり素敵な奇跡をお楽しみに!





大竹しのぶさんのナレーションによる、とびきりチャーミングな予告編も解禁!
家政婦の仕事中に運命のドレスに出会う、夢のはじまりのシーンから、パリへ渡っ たあともドレスのために奔走するハリスのまっすぐな姿が描かれている。マダム・ コルベールと対立しながらも、夢を諦めない彼女に人々の心が動かされていく― ―。物語の重要なカギとなるディオールのドレスにもご注目! 予告編では、いくつになっても夢を追う気持ちを忘れない、という本作のコンセプトに合わせて、女優としていつまでも輝き続ける大竹しのぶにナレーションを依頼。実は大竹は原作を以前に読まれていたということもあり、予告編のナレーションは初ながら、大竹のチャーミングな声は本作の世界観にもぴったり!大竹からコメントも到着している。

大竹しのぶ コメント
20 代のころ、山田洋次監督に薦められて原作本の「ハリスおばさんパリへ行く」を読み ました。 とてもかわいらしいお話でページをめくるたびにワクワクしていましたが、スクリーンに広 がる物語に同じような感情になり、少女のころに戻ったかのように楽しみました。 慎ましく、ささやかな喜びで生きていた女性がクリスチャンディオールのドレスに出会ったことで、外の世界に飛び出してゆく姿が大胆でもありチャーミングで。そして周りの人達も優しいんです。本当に胸がキュンとします。 正直に、一生懸命に生きていれば神様は見ていてくださるんだ、という優しく爽やかな 気持ちになる映画です。


監督・脚本: アンソニー・ファビアン
キャスト:レスリー・マンヴィル(『ファントム・スレッド』)、イザベル・ユペール(『ピアニスト』『エル ELLE』)、ジェイソン・アイザックス、ラン ベール・ウィルソン、アルバ・バチスタ、リュカ・ブラヴォー、ローズ・ウィリアムズ 製作:グザヴィエ・マーチャンド、ギョーム・バンスキー、アンソニー・ファビアン
字幕翻訳:栗原とみ子 字幕監修:渡辺三津子(ファッションジャーナリスト) 
原題:『Mrs. Harris Goes to Paris』
配給:パルコ ユニバーサル映画 
© 2022 FOCUS FEATURES LLC.
11 月 18 日(金)TOHO シネマズ シャンテ、渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ