FC2ブログ

記事一覧

『メイクアップ・アーティスト:ケヴィン・オークイン・ストーリー』予告編を解禁! RUMIKO、Matt、LiLiCoほか各界の有識者コメントも到着

【ニュース】
劇場公開を前に、予告編が完成。また、生前ケヴィンと仕事をしたことがある (Amplitude クリエイティブディレクター / メイクアップアーティスト)や桂まり(ライター)RUMIKO のほか、Matt(アーティスト・タレント)、LiLiCo(映画コメンテーター)ほか各界の有識者よりコメントが届いた。





渋谷ホワイトシネクイントでは 10 月 7 日(金)に、生前のケヴィンを知る RUMIKO(Amplitude クリエイティブディレクター / メイクアップアーティスト)と田辺ヒロシ(イラストレーター)、 10 月 10 日(月・祝)にゆうたろう(俳優/モデル)、アップリンク吉祥寺では 10 月 15 日(土) に鎌田由美子(資生堂ヘアメイクアップアーティスト)、10 月 19 日(水)に渡辺三津子(ファッションジャーナリスト/元 VOGUE JAPAN 編集長)のトークイベント付き上映も決定している。 (詳細は後日公式 SNS 及び劇場 HP にて発表。)


RUMIKO(Amplitude クリエイティブディレクター / メイクアップアーティスト)
90 年代、ケヴィンとは同じエージェント、ジェットルートでしたので、仕事上では割と近い存在でした。
彼は同じメイクアップアーティストとして、とても尊敬している一人でした。
彼のメイクはアートとも言えるもので、誰にも真似できない素晴らしいものでした。
この映画を通して、知らなかった彼のパーソナルな面や人生を知ることができて良かったと思っています。
彼の最期は想像を絶するものがあり、心が痛みとても残念に思いますが、彼は彼なりに頑張っていたんだなと、彼に対する尊敬の念は強くなりました。

Matt(アーティスト・タレント)
繊細で、どこか儚くて、不器用で、そして愛に溢れたケヴィン・オークイン。現代よりも”普通”を求められた時代に、多様性の許容・美と創造に挑戦し続け、大勢の人に刺激を与え続けたと思います。自分らしく生きることがこんなに大変で、でもとても素晴らしく、尊くて美しい。一人の人間の人生を通して、多くのことを学ぶことができました。この作品に出会えて本当に良かったです。

LiLiCo(映画コメンテーター)
メイクはその人の心まで変えられる。それをケヴィンが最初に証明しました。その人の美を引き出して、気持ちまで魔法に掛けられたモデルたち。彼女たちを見て、育って、憧れて、真似してメイクを仕事の一部にしたわたし。私ではない誰かになりたい。メイクで! そんな気持ちにさせてくれたのはケヴィン。逆に彼が本当の彼を知らないまま人生を終えた。悲しみと苦しみに耐えながら人を変身し続けていたことに感動しました。メイクは人生そのもの。人生もメイクしないと。奇抜さと自分らしさを追求してこれからもケヴィンを思いながらわたしは今日も真っ赤なリップを塗ります。

渡辺三津子(ファッションジャーナリスト/元 VOGUE JAPAN 編集長)
「時代が変わるとき、なぜか多くの才能が綺羅星のごとく現れる。ケヴィン・オークインはその中で最も輝く星だった。
彼が見出した”ビューティ”の光は、その儚い影とともに今も私たちのそばにある。」

桂まり(ライター)
90 年代、NY でのビューティー撮影で幾度か一緒になった、ジェントルで情熱的だったケヴィン。夢を生きる稀有な天才の生き様は、彼のシグネチャーの蝶が羽化するような変身メイクアップのようにドラマティックで、華やかな時代の記憶として蘇る。

シモーヌ深雪(シャンソン歌手/DRAGQUEEN )
「美とインスピレーションはどこにでもある」とケヴィンは云う。だが、顕在化させるのはなかなかに難しく、ましてやその価値を世間とリンクさせるとなると、ハードルはかなり高い。それを実現したケヴィンの夢の物語は、ハッピーエンドと捉えるべきである。ゲイへの差別も、モード界の残酷さも、明日なくなるわけではない。彼の純粋な情熱に振り回される人々の、華麗で滑稽な一幕劇を、散りばめられたキャンプな仕掛けとともに、大いに楽しんであげればいいと、私は思う。

田辺ヒロシ(イラストレーター)
この映画で改めて、ケヴィンの才能はもちろん圧倒的な存在感と完璧主義な仕事への姿勢、周りへのコミュニケーション能力、何よりも 10 代で描いた絵の上手さに驚きました。80 年代から 00 年代初頭の華やかだった NY ファッション界のフッテージの数々も貴重。90 年代の NY で隣人だった僕と会う度にいつも優しかった彼を思い出しました。




YUKARI TERAKADO(イラストレーター)
今では信じられないでしょう。1 人のメイクアップアーティストがどれだけの変化と美しさを生み出してきたのか。彼には美を見つける力が存在していて、その人の中のそれを起動させることができたのだ。この映画の中に登場するモデル達は、ケヴィンのメイクによって仕草や表情までもコントロールされ、また、それを思う存分に楽しんでいる。




【監督】ティファニー・バルトーク
【製作総指揮】ジャック・ターナー、ジェイ・ピーターソン、ボビ ー・コンドラト、トッド・ルービン
【撮影】アンドレス・カル
【編集】エズラ・ピーク
【音楽監修】ロバート・カパドナ 
【オリジナル音楽】スコット・ドハティ、ウィル・ゴールデン
【出演】ケイト・モス、リンダ・エヴァンジェリスタ、ナオミ・キ ャンベル、シェール、イザベラ・ロッセリーニ、ブルック・シール ズ、ほか
アメリカ/2017 年/102 分/英語/原題:Larger Than Life: The Kevyn Aucoin Story/字幕翻訳:額賀深雪
10 月 7 日(金)より渋谷ホワイトシネクイント先行公開
10 月 14 日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ