FC2ブログ

記事一覧

主演:山田裕貴×共演:松本まりか『夜、鳥たちが啼く』第17回ロサンゼルス日本映画祭で最優秀長編作品賞受賞!!城定監督が世界へ向けて映画をアピール

【ニュース】
この度、本作が第 17 回ロサンゼルス日本映画祭でワールドプレミア上映され、見事、最優秀⻑編作品賞を受賞! 現地で行われた舞台あいさつに城定監督がオンラインで登場し、世界に向けて本作をアピールした。

日本時間 9 月 18 日(日)に、第 17 回ロサンゼルス日本映画祭のオフィシャルセレクション部門に出品されていた本作が、ハリウッドのマリリンモンロー劇場にて、ワールドプレミア上映された。会場にはアメリカ人のコアな日本映画ファンの人々が集まり、上映後の舞台あいさつでは、城定秀夫監督がオンラインで登場し、スクリーンに映し出された監督へ、映画を鑑賞した映画ファンからの多くの質問があがったほか、「人間の心の葛藤や、抑えきれない衝動、人間の内面を深く見事に表現していた」との感想も届き大盛況に。さらに、作家・佐藤泰志の同名短編を映画化したことが観客に伝えられると、同作家の作品が多く映画化されていることを知っている観客も多く、作家・佐藤泰志の海外での人気も明らかとなった。


また主人公・慎一を演じた山田裕貴のキャスティングについて「大きな作品に出ることの多い俳優ではあるが、出演してくれるはずだと信じてオファーをした」と監督が話すと、会場からは“どうして出ようかと思ったのか?”など、山田に聞かないとわからないような質問も飛び出し、場内には笑いが起きていた。質疑応答の最後には会場に来た観客と、スクリーンに映った城定監督との記念撮影も行われ、上映会はアットホームな雰囲気 で終了。ワールドプレミア上映に手応えを感じた様子が伺えた。

ロサンゼルス日本映画祭は、日本時間 9 月 19 日まで開催され、本作は見事、最優秀⻑編作品賞(best future award)の受賞を果たした。
(写真・オフィシャルレポート)


出演:山田裕貴、松本まりか 森優理斗、中村ゆりか、カトウシンスケ/藤田朋子/宇野祥平、吉田浩太、縄田カノン、加治将樹
監督:城定秀夫 脚本:高田亮 
原作:佐藤泰志「夜、鳥たちが啼く」(所収「大きなハードルと小さなハードル」河出文庫刊)
© 2022 クロックワークス 
製作・配給:クロックワークス 
2022年/日本/115分/ビスタ/DCP5.1ch 映倫:R15
12 月 9 日(金)新宿ピカデリーほか全国公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ