FC2ブログ

記事一覧

主演・松本享恭×共演・前田亜季 映画『川のながれに』予告、場面写真を一挙解禁

【ニュース】
杉山嘉一監督が自ら編集した劇場版予告編、場面写真が一挙公開された。予告編は、紅葉の中を箒川の水面をボードに寝そべって揺られている主人公君島賢司の姿から始まり、亡くなった母にひとり手を合わせる姿が映し出される。次のカットで、世界を旅してきた女性森音葉は、吊り橋で夢中になって絵を描いている。



賢司も好きな川瀬巴水が描いた那須塩原を音葉に案内するために、版画の 名残を求めて各所を歩く 2 人の姿。「変わらないものなんてない」その音葉の言葉の後に、死んだと聞かされていた父親が 24 年ぶりに姿を現する。父の言っている事が全く理解できず、混乱する賢司。このままでいい のだろうか、ふと自分の生き方に疑問を持つ。「変わるのも変わらないのもダメじゃない。よく考えて自分 で決めたのならいい。落ち葉だって流されているのではなく、案外自分で望んで川に落ちる落ち葉もあるのかも」音葉の人生を表現する言葉。その後美しい那須塩原の景色と、人々の様子が映し出され、「万物流転。人は 同じ川に入ることは出来ない。流れる水は前とは違うものだし、誰もが以前の自分とは違う」賢司の父親の言 葉が重なり、賢司が顔を上げる。タイトルの出る、紅葉で真っ赤に染まる箒川に、1 枚のもみじが浮かべら れ流されるシーンは美しく印象的なシーン。




また、今回公開されたスチールは、主人公賢司と彼を囲む人々、そして美しい自然を垣間見ることが出来る、心温まる素敵なスチールが並ぶ。那須塩原市を流れる「箒川(ほうきがわ)」で、SUP(スタンドアップパドルボード)のアウトドアガイドを している主人公君島賢司(松本享恭)は、父を幼い頃に川の事故で亡くし、母と二人で生きてきた。その母を病気 で亡くして、一人きりになる。母が生前言い残した「自由に生きなさい」という言葉、7 年間世界を旅してき た女性森音葉(前田亜季)との出会いを経て、自分の生き方は、ただ流されているだけなのだろうかと疑問を持 つ。しかし地元の人と自然に癒され、再び自分らしい生き方を見つめ直していく。


出演:松本享恭 前田亜季
小柴カリン 大原梓 松本健太 安居剣一郎 林田麻里 森下ひさえ 三上市朗 青木崇高(友情出演) 音尾琢真(特別出演)
プロデュース:川岡大次郎
監督・脚本:杉山嘉一
2021 年/日本/ヴィスタ/5.1ch/105 分
配給:株式会社コンセント 配給協力:SDP
©Consent / Nasushiobara City
公式サイト:kawano-nagareni.com
11 月 11 日(金)フォーラム那須塩原にて先行公開、11 月 25 日(金)池袋シネマ・ロサ、シモキタ-エキマエ-シネマ『K2』他 全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ