FC2ブログ

記事一覧

ドラマ『かりあげクン』連載開始から42年!大人気4コマ漫画が初の実写化!!主演・戸塚純貴が髪を刈り上げ挑む!!

【ニュース】
連載開始から42年!大人気4コマ漫画初の実写化!!主演・戸塚純貴『かりあげクン』奇想天外なイタズラでオフィスを騒がせる痛快ドタバタコメディ!!
BS松竹東急(BS260ch・全国無料放送)にて毎週土曜放送のオリジナルドラマ枠【土曜ドラマ】。第1弾 「家電侍」、第2弾「悪女のすべて」、現在放送中の第3弾「お父さん、私、この人と結婚します!」に続く第4弾「かりあげクン」を、2023年1月7日(土)夜11時より放送することが決定した。


本作は、「コボちゃん」「フリテン君」などの大人気4コマ漫画で知られ、今年で画業51年を迎えた植田まさしの代表作「かりあげクン」(双葉社「月刊まんがタウン」「週刊大衆」連載)が原作。昭和、平成、令和と移り行く時代に合わせ老若男女 問わず読者を楽しませ続けてきた「かりあげクン」が連載42年の時を経て、令和に初の実写ドラマ化!1話に複数のショート作品を組み合わせた本作ならではのテンポの良い痛快ドタバタコメディドラマだ。

現在の社会で話題になっている 「ジェネレーションギャップ」や「○○ハラスメント」などをかりあげクンの天才的ないたずらの発想で笑いに変えていく様は、子供たちだけでなく、大人たちの鬱憤もスカッと晴らしてくれるに違いない。


空気を読まないイタズラ好き、でもなぜか周りから慕われている永遠の平社員・かりあげクンこと、かりあげ正太(かりあげ・しょうた)を演じるのは戸塚純貴。「恋なんて、本気でやってどうするの?!」(関西テレビ)や「恋です!~ヤンキー君と白杖ガー ル~」(日本テレビ)「遺留捜査」(テレビ朝日)などの話題作に次々と出演し、その抜群の演技力で三枚目のキャラクターを好演し視聴者を楽しませてきた戸塚が、原作と同様に表情を変えることなく、係長や課長、さらには社長にまでイタズラを仕掛けていく。「無表情な主人公」という戸塚純貴の新境地とも言える演技は必見!!

本作の脚本を務めるのは、京都を中心に活動する劇団ヨーロッパ企画。これまでに舞台作品「サマータイムマシン・ブルース」「曲がれ!スプーン」が映画化されており、演劇の枠にとらわれず、イベントやテレビ、ラジオ番組の制作など、幅 広いジャンルで活躍する、いま最も注目度の高いエンターテインメント集団です。結成以来、一貫してコメディを上演し続け、数々の作品で観客を笑いの渦に巻き込んできたヨーロッパ企画と「かりあげクン」が起こす化学反応に期待が高まる。




かりあげ正太役/戸塚純貴コメント

Q連続ドラマ主演ということで主演の話を聞いたときのお気持ちをお聞かせください。
主演という大役をいただき大変光栄に思いましたし、何よりこの長きにわたり多くの方々に愛 されているかりあげクンを自分が演じられることがとても嬉しかったです。

Q 台本を読んだ感想をお聞かせください。
関わる人全てがかりあげクンのイタズラに翻弄されていく様が面白く描かれていて、シュールで 独特の世界観に引き込まれていきました。

Q かりあげ正太役を演じるにあたっての想いや実際に演じてみていかがでしたか?
誰かに嫌がらせをすることに天才的な才能がある笑わない男なので、やっていることと、ポーカーフェイスで飄々とした表情とのバランスが難しいところだと思います。悪人に見えてはいけな いし、善人にみえてもいけないとも思っていて。表情と行動が読み取れない掴みどころのなさは、かりあげクンの魅力的なところでもあるので繊細に演じていきたいところです。

Q 戸塚さんにとって「かりあげ正太」はどんな人物ですか?また、ご自身の共通点はありますか?
パッと思い浮かんだのは、天邪鬼。人の心を見計らってイタズラを仕掛ける。逆を言えば人の気持ちをすごく読み取れる人だと思います。だからかりあげクンの周わりには人が集まって来るんだと思い ます。僕もお芝居の中であえて違うことをやってみて周りを困らせたい衝動に駆られることが多々あります。監督やスタッフ、お客さんを驚かすという意味ではとても精神が似ていると思います。役者としてかりあげクンの生き様は勉強になります。かりあげクンを知れば知るほど共通点がたくさんあります。

Q 実際に髪の毛を“かりあげ“た時のお気持ちをお聞かせください。
作品によって役を作る際に監督とイメージを話し合って作り込んでいくことが多いのですが、今回はディティールがハッキリしているので監督、プロデューサー、大勢の方に見守られながら断髪したのは新鮮でした。みんなで作り上げた渾身のかりあげに身が引き締まりました。

Q ドラマの見どころ、視聴者へのメッセージをお願いします。
今回本当に素晴らしいキャストの方々に囲まれて、僕もかりあげクンも幸せです。僕が代わりに皆さんの日々のストレスを、一番目立たない感じで目立つ万年平社員のサラリーマン、かりあげクンとして少しだけでも 昇華できたら嬉しく思います。働くすべての人たちへエールを送りたい、なんておこがましいですが、日常の中に遊び心を。


プロデューサー/長原竜也(BS松竹東急)
バブルの最後をかじった「新人類」と呼ばれた我々のサラリーマン人生も気づけば定年が見え始めたところ。平成生まれZ世代 の若手社員たちと話が合うはずもなく「最近の若い奴は...」と自分がその昔上司から言われた言葉をそのまま彼らにぶつけられないので心の中で呟く毎日です。今回ドラマ化するにあたり膨大な原作を全て読み返しました。時代、言葉、文化は変われどその中で全くブレないかりあげクン こそ、いつの世にも存在し愛され求められてきた理想のサラリーマンかもしれません。そして時代は令和。熱血社員、残業、飲みニケーションと廃れていくもの、ネット社会、ハラスメント、韓流ドラマ、スマホ、新た に生まれたものの間で右往左往する全世代サラリーマンたちを愛情と風刺を込めて描きます。令和版新?シン?「かりあげクン」ご期待ください。
現在絶賛撮影中。達者な俳優陣のお芝居に現場は日々笑いに包まれております。



【出演】 主演:戸塚純貴
【原作】 植田まさし「かりあげクン」(双葉社「月刊まんがタウン」「週刊大衆」連載)
【シリーズ構成】橋本尚和(ヨーロッパ企画)
【脚本】ヨーロッパ企画(橋本尚和・黒木正浩・小林哲也・中田歩・永野宗典)、新井友香
【脚本協力】上田誠(ヨーロッパ企画)
【監督】 長部洋平、小村昌士
【プロデューサー】長原竜也(BS松竹東急)、代情明彦、芝村至、黒澤優介(たむらプロ)
【製作】BS松竹東急 AOI Pro.
 ©BS松竹東急/AOI Pro.
©植田まさし / 双葉社」
2023年1月7日(土)スタート 毎週夜11時放送(全12話/各30分)BS松竹東急(BS260ch/全国無料放送)

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ