FC2ブログ

記事一覧

『百年の夢 デジタル・リマスター版』久米宏、有田芳生、長倉洋海ほかコメントが到着

【ニュース】
『百年の夢』は 1972 年、共産党政権下のスロヴァキア共和国で製作されましたが、完成後、16 年間の長きに渡り、当局により輸出禁止とされていたドキュメンタリー映画。禁止が解かれた直後 1988 年に、ニヨン国際映画祭グランプリを始め、ライプツィヒ国際映画祭ドン・キホーテ賞と国際批評家連盟賞受賞、香港国際映画祭など世界各地の映画祭で上映されている。日本では、1989 年に〈第一回山形国際ドキュメンタリー映画祭>にて特別招待作品として上映され、3 年後の 1992 年 5 月に劇場公開されている。



かつて 16 年の長きに渡って国外輸出禁止となっていた衝撃の一作カルパチア山脈の東側、スロヴァキア南西部のファトラ山地。この痩せた土地で、厳しい自然条件や孤独と闘いながら、農業や羊飼いを生業として暮らす 70 歳以上の老人たち。からくり人形作りに熱中する男性。事故で歩けず 25 年間膝を使い暮らしてきた男性。めんどりに聖書を読み聞かせる男性。結核を患い、納屋で 50 年暮らすという農婦の姿は、いつか彼女自身の葬儀の写真に連なる。内なる自由をいきいきと生きる彼らにとっての愛や家族、夢、労働や人生の意義とは...



本作は 1972 年、共産党政権下のスロヴァキア共和国で製作されたドキュメンタリー映画である。完成後は 16 年間の長きに渡り当局により輸出禁止とされた「幻の映画」であった。解禁後の 1992 年、日本でも劇場公開が実現、話題となった。今回は待望のデジタル・リマスター版での公開となる。



マルティン・マルティンチェクによる老いと死を飾ることなく捉えたスティル・ショットの数々 マルティン・マルティンチェク(1913 年~2004 年)は、誤った告発のために公の生活から姿を消し、弁護士から写真家へと転身して以後 写真に情熱を傾け続けたスロヴァキアの伝説の写真家である。映画にはマルティンによる 40 枚の写真が使用され、老人たちの “ありのまま”の姿を映し出している。




ヨーロッパ大陸ど真ん中の山岳地帯
既に十二分に生きた人々は食って寝て働いてひたすら飲んでまた眠る この連中には共産主義は太刀打ち出来ないただこの作品を輸出禁止にするだけだった (輸出禁止はビロード革命の前年まで続いた)
久米宏 (フリーアナウンサー)

生きていることの根源的意味 ─「人生でいちばん大事なものは何ですか」。 そう問われたとき、何と答えるだろうか。すでに遠い時代の老人たちの言葉にはじつに味がある。「お金より人生」「悲しみ」...。そしていま。〈私たち〉はどんな表現ができるのか。
有田芳生 (ジャーナリスト)

どっしりとした面構え、天真爛漫な笑顔。
老木でも、葉をつけ花を咲かせる。大地や人に寄りかかることなく、自分が歩んだ人生に根を張っている。人生でも滅多に見られない映画、簡単に言葉にできない映画、私の心を強く捉えた映画だ。
長倉洋海 (写真家)

老人たちの顔に刻まれた皴の深さのみで、人間の歴史を雄弁に物語る異色のドキュメンタリー映画。 生きようと思えばどんな悲惨な時代、苛酷な場所でも生き抜けることを教えてくれると同時に、楽しむこと さえできると映画は語る。手作りのからくり人形の素晴らしさ!!!
植草信和 (「キネマ旬報」元編集長)

裸で生まれ、裸で死ぬ。ただ、土地に結ばれて。人々の顔には、働き、愛し、歌い、傷つき、夢をみる ―人生の陰影が刻まれている。 その肖像は、人間性というものの秘密を語っているかのようだ。 もっとも崇高な、詩的体験。この映画の純粋に、目の眩む思いがした。
近衛はな (女優・脚本家)

名もなき、しわくちゃの名優たち、哲学者たちが語る悲喜こもごもの人生。 ジャンル不明の作風、悲惨で、シュールで、奇妙で、滑稽で、愛おしい絶滅危惧種人間の世界に、きっと あなたは、引き込まれるだろう。
坂上香 (ドキュメンタリー映画監督)

天安門事件とベルリンの壁崩壊の年、山形でこの映画と出会った。 映画祭ホストの小川紳介監督が「すごくいいよ、これ」とふれまわっていた。 三里塚や古屋敷で農民たちの顔を捉えた小川さんには通じるものがあったのだろう。 今回もまた魅了された。 老人の顔と自分史の語りと劇伴のバロック音楽でどうしてこんなに感動するのだろう。
石坂健治 (東京国際映画祭シニア・プログラマー/日本映画大学教授)

世界には今も桃源郷はあるのか。 裕福とは言い難い住民が言う、「大切なのは金じゃなく人生だ」
紀平重成 (フリージャーナリスト)



脚本・監督:ドゥシャン・ハナーク
撮影:アロイズ・ハヌセック
音楽:G・F・ヘンデル/ヴァクラフ・ハレック/ヨーゼフ・マロヴェッチ
撮影協力:ヤン・シュワンクマイエル
スチル写真:マルティン・マルティンチェク/ウラジミール・ヴァヴレク
後援:スロヴァキア共和国大使館  
2022年12月3日(土)~シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ