FC2ブログ

記事一覧

パク・チャヌク監督が描くサスペンスロマンス映画『別れる決心』予告・ポスターを解禁! 2023年2月17日公開

【ニュース】
本年度のアカデミー賞®国際長編映画賞部門の韓国代表に選出、カンヌ国際映 画祭コンペティション部門で監督賞を受賞した、パク・チャヌク監督最新作『原題:헤어질 결심/英題:Decision to Leave』が、邦題『別れる決心』に決定し、2023 年 2 月 17 日公開が決定した。

「『パラサイト 半地下の家族』の次はこれ!!」―Variety「今年最もロマンティックな映画」―Indie Wire
今年 5 月のカンヌ国際映画祭コンペティション部門での監督賞受賞以来、世界の批評家・映画サイトから絶賛を浴び、本年度アカデミー賞®国際長編映画賞部門の韓国代表に選出。韓国では公開後に発売された脚本集がベストセラー1 位を獲得、決めセリフが SNS で流行、BTS のメンバーRM も複数回鑑賞するほどハマったと自身の SNS で報告するなど、社会現象といえるブームを巻き起こしている。さらに先日開催された韓国の“アカデミー賞”とも称される、最も権威ある映画祭、青龍賞で監督賞をはじめ6冠を獲得するなど、世界中を魅了している。

監督を務めるのはパク・チャヌク。『オールド・ボーイ』(03)で第 57 回カンヌ国際 映画祭グランプリを受賞。その後『渇き』(09)、『イノセント・ガーデン』(13)、『お嬢さん』(16)など唯一無二の作品で世界中の観客と批評家を唸らせ続けてきた巨匠の 6 年ぶりの最新作は、サスペンスとロマンスが溶け合う珠玉のドラマ。主演は『殺人の追憶』(03)、『グエムル ~漢江の怪物~』(06)とポン・ジュノ監督作品への出演で一躍注目を集め、ドラマ、アクション、時代劇などキャリアを通して幅広い分野で活躍しているパク・ヘイルと、アン・リー監督『ラスト、コーション』(07)でヒロインを演じ一躍国際的な女優としての地位を確立、『ブラックハット』(15/マイケル・マン監督)でハリウッドにも進出しているタン・ウェイ。 物語は、刑事ヘジュン(パク・ヘイル)が、崖から転落死した男の妻ソレ(タン・ウェイ)の調査を開始することから始まる。取り調べが進む中で、お互いの視線は交差し、それぞれの胸に言葉にならない感情が湧き上がってくる。 



いつしか刑事ヘジュンはソレに惹かれ、彼女もまたヘジュンに特別な想いを抱き始める・・・。 パク・チャヌクの盟友であり Netflix「シスターズ」も話題のチョン・ソギョンと共に手掛ける、二転三転する先の読めないストーリー、相手の本心を知りたいヘジュンとソレのスリリングな駆け引きに、ハマる批評家や観客が 続出!映画レビューサイトの Rotten Tomatoes では 94%フレッシュを記録し、「『パラサイト 半地下の家族』の 次はこれ!」(Variety)、「今年最もロマンティックな映画」(IndieWire)、「ミステリーとロマンスが優雅に溶け合 っている」(Collider)といった絶賛評が上がっている。この度、ポスタービジュアルと予告映像も解禁。ビジュアルは、手錠で繋がれたヘジュンとソレをとらえたもの。控えめに触れ合う指先、交わらない視線・・・「疑惑がふたりを惹き寄せ、愛がふたりを引き裂いた」というキャッチコピーと相まって、二人の行く末を想像せずにはいられないビジュアルとなっている。





予告映像では、山での転落死事件をきっかけに、“刑事と容疑者”として出会った二人が、疑いを抱きつつ惹かれ合っていく様をサスペンスとロマンスが一体となった映像で表している。「私たちのこと秘密ですよ」とささやくソレの言葉が想像を掻き立てる二人の先の読めないドラマは、映画史上屈指の”美しくも残酷な結末“に向かって突き進んでいく。



監督:パク・チャヌク
脚本:チョン・ソギョン、パク・チャヌク
出演:パク・ヘイル、タン・ウェイ、イ・ジョンヒョン、コ・ギョンピョ
提供:ハピネットファントム・スタジオ、WOWOW
配給:ハピネットファントム・スタジオ
原題:헤어질 결심|2022 年|韓国映画|シネマスコープ|上映時間:138 分|映画の区分:G © 2022 CJ ENM Co., Ltd., MOHO FILM. ALL RIGHTS RESERVED
2023 年 2 月 17 日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ