FC2ブログ

記事一覧

映画『私、オルガ・ヘプナロヴァー』 23歳で絞首刑に処されたチェコスロバキア最後の女性死刑囚を描く ティザービジュアル、予告を解禁 4月29日日本公開

【ニュース】
銀行員の父と歯科医の母を持つ経済的にも恵まれたオルガ・ヘプナロヴァー は、1973 年 7 月 10 日、チェコの首都であるプラハの中心地で、路面電車を待つ群衆の間へトラックで突っ込む。この事故で 8 人が死亡、12 人が負傷。

犯行前、22 歳のオルガは新聞社に犯行声明文を送った。自身の行為は、多くの人々から受けた虐待に対する復讐であり、社会に罰を与えたと示す。両親の無関心と虐待、社会からの疎外やいじめによって心に傷を負った少女は、自らを 「性的障害者」と呼び、酒とタバコに溺れ、女たちと次々に肌を重ね、しかし苦悩と疎外感を抱えたままの精神状態はヤスリで削られていくかのように、一層、悪化していき...。複雑な形の「復讐」という名の「自殺」を決行したオルガは、逮捕後も全く反省の色を見せず、75 年 3 月 12 日にチェコスロバキア最後の女性死刑 囚として絞首刑に処された。





ジョン・ウォーターズ監督が 2017 年の年間ベスト映画に選出!!
2016 年ベルリン国際映画祭パノラマ部門のオープニング作品を飾った本作は、2010 年に刊行された原作「Já, Olga Hepnarová」を元に、チェコ映画界の新鋭トマーシュ・ヴァインレプとペトル・カズダ両監督が映画化。オルガの人格や行動を擁護することも、伝記映画にありがちな感情的な演出もあえて排除し、ドキュメンタリー的なリアリズムで長編デビューを飾った。

撮影監督は、イエジー・スコリモフスキ監督『エッセンシャル・キリング』(10)で名を馳せたポーランドの名手、アダム・ス ィコラ。チェコ、ポーランド、スロバキア、フランスの資金調達により 7 年もの歳月をかけて映像化された本作は、権威ある世 界三大映画祭のスタートを切る作品として上映されるや、高い評価とともにその悲劇的な物語に会場を静寂が支配したとい う。2017 年にはカルト映画のレジェントであるジョン・ウォーターズ監督が年間ベスト映画の一作品として本作をピックアップし、世界的な注目を浴びた。

大量殺人犯オルガという、社会から孤立する少女から大人への変貌を体当たりで演じ切ったのは『ゆれる人魚』(15)、『マチルダ 禁断の恋』(17)で注目されるポーランドの若手実力派女優ミハリナ・オルシャニスカ。人種や性別、性的指向を理由にした「居場所のなさ」「人と違うこと」「いじめ」といった現在も変わらぬ問題の絶望に直面し、その内面性と身体性を生かし た演技が高く評価され、本作ではチェコ・アカデミー賞主演女優賞をはじめ多くの賞に輝いた。

端正な容姿でオルガを一瞬で虜にするイトカ役には、チェコのマリカ・ソポスカー。女友達のアレナ役には、『ゆれる人魚』でミハリナと姉妹役で共演したポーランドのマルタ・マズレク。ほかにも、我が子に嫌気が差している母親役にチェコの名優クララ・メリスコバ。そしてオルガの事件前に一緒に過ごすことになる、おしゃべりで酒好きな中年男ミラ役にはチェコ映画界の重鎮マルティン・ペシュラット。





オルガ・ヘプナロヴァーとは
1973 年にプラハのトラム停留所に借り物のトラックを故意に突っ込ませ、8 人を殺害したチェコの大量殺人者であり、チェコスロバキアで処刑された最後の女性。銀行員と歯科医の娘として裕福な家庭に生まれた。幼少期は特に 目立つこともなかったが、次第に心理的な問題が生じ、人と接することができなくなる。アスペルガー症候群の症状であった可能性も指摘されている。13 歳のとき、学校での出席日数の問題から精神科に入院した。その後、プラハで製本工の訓練を受け、チェブで製本工として働くことになる。1 年後、彼女は再びプラハに戻り、運転手として働いた。彼女はコテージを購入し、オレシュコ村に移動する。のちにコテージを手放し、東ドイツの小型乗用車トラバントを購入。思春期には、自分の曖昧な性癖に悩まされ、彼女は自分のことを「性的廃人」と表現した。
ミラディ・ホラコヴェ通りからストロスマイヤー広場を望む、手前にトラムの停留所がある。オルガは、社会への復讐を計画 し始めた。彼女は、すべての人が自分に危害を加えようとしていると考えていた。父を筆頭に、父方の祖母、母方の祖母からもひどい体罰を受けた。路上で理由もなく殴られ、誰も助けてくれなかった。ピアノ教室の帰り道、通りすがりの男の子にい きなり股間を蹴られたこともあった。歩き方が銅像のようだと言われ、ついたあだ名が「スフィンクス」。ほかにも、「ドラゴン」、 「石の花」、「飢えた天使」、「眠れる処女」など。毎日が文字通り恐怖の連続でした。家でも、周りでも。無名の自殺者になることを拒んだ彼女の当初の計画では、満員電車を脱線させたり、公衆便所に爆発物を持ち込むことも考えていた。しかしそれを実行することは技術的に困難だったため、彼女は自動小銃を手に入れ、ヴァーツラフ広場で人々に発砲しようと考えた。実際に射撃クラブに参加したこともあるが、結局、彼女はトラックで群衆の中に突っ込む計画を立てた。

1973 年 7 月 10 日、新聞社と雑誌社の編集者に、同じ内容の「マニフェスト」を送り、行動計画を立てた経緯と理由を説明した。午後 1 時 30 分、トラム停留所で待っていた約 30 人の集団に向かってアクセルを踏み込んだ。車が自然に停止してから、その場にいた目撃者は最初、彼女が技術的欠陥により車のコントロールを失ったと考え、彼女を助けようとした。しかし、オルガはすぐさま故意に暴走行為を行ったことを認めた。その後の証言によると、最初にホームを通過するとき、ちょうどトラムが停車して多くの人が乗り込んでいたため、行動を数分遅らせることで被害者を少なくすることもできたという。合計 8 名が死亡(その場で 3 名、同日に 3 名、後日 2 名増)。また、6 名が重傷、6 名が軽傷を負った。

捜査や裁判を通じて、彼女は一貫して自分の行為を否定せず、堂々と自身の考えを主張した。彼女の唯一の後悔は、もっと多くの人を殺さなかったこと、そしてその中に両親が含まれていなかったことだ。彼女の弁護は、初期の統合失調症の疑いに基づいて行われた。彼女は弁護への協力を拒否し、精神的健康についての疑いも否定し、公判前の手続きや法廷では、彼 女自身がこのように罰することを選択させられたのは、無慈悲な社会のせいだと非難している。また、専門家の報告書では、彼女は精神障害に苦しんでおらず、自分の行動とその結果を十分に認識していたと結論づけた。裁判中、政治的な動機があるのではという憶測もあったが、そのような関連性は見られなかった。

75 年 3 月 12 日、オルガはプラハのパンクラーツ刑務所で絞首刑に処された。こうして彼女は、チェコスロバキア領内で処刑された最後の女性となったのである。


監督・脚本: トマーシュ・ヴァインレプ、ペトル・カズダ 
原作:ロマン・ツィーレク
撮影: アダム・スィコラ 編集:ヴォイチェフ・フリッチ 美術:アレクサンドル・コザーク 衣装:アネタ・グルニャーコヴァー 
出演者: ミハリナ・オルシャニスカ、マリカ・ソポスカー、クラーラ・メリーシコヴァー、マルチン・ペフラート、マルタ・マズレク 
2016年/チェコ・ポーランド・スロバキア・フランス/105分/B&W/5.1ch/1:1.85/DCP/原題:Já, Olga Hepnarová
字幕監修:ペトル・ホリー 提供:クレプスキュール フィルム、シネマ・サクセション 
配給:クレプスキュール フィルム 
2023 年 4 月 29 日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ