FC2ブログ

記事一覧

武田航平主演 映画『この小さな手』娘に関心のなかった父親と、父親を忘れてしまった娘を描く 4月8日公開決定!メインビジュアルを解禁

【ニュース】
「きらきらひかる」「モリのアサガオ」の作者、郷田マモラ原作の同名コ ミックを映画化。娘に関心のなかった父親と、父親を忘れてしまった娘を描いた映画『この小さな手』が、4月8(土)よりユーロスペース他、全国で順次公開されることが決定した。「子供が生まれても、僕は父親になれなかった――」というチャッチコピーと共に、幼い娘を見つめる寂しげな父親の姿が印象的なポスタービジュアルとなっている。

主演の父親・和真を演じるのは、ドラマ「オールドファッションカップケー キ」(2022)をはじめ、映画、舞台など話題作への出演が続く武田航平。娘・ひなを演じるのは、CX「イチケイのカラス」 (2021)や、映画「99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE」(2021)などでの演技が注目を集める佐藤恋和。また、和真の妻・小百合を安藤聖が演じるほか、寺脇康文、松下由樹、津田寛治、柚希礼音ら共演陣が、親子を支えていく人々を演じる。

監督は、『恋は光』(2022)などの映画作品で助監督を務め、NHK 夜ドラ「作りたい女と食べたい女」(2022)の演出などを手掛け、本作が長編デビュー作となる中田博之。


中田博之監督 コメント
「本当の父親とは...」
そんな疑問が湧いてきたのは、生まれたばかりの息子の寝顔を見ている時でした。
経済的に支えるのが本当の父親なのか?
別の意味での父親となりうる条件があるのか?
こんな問いが頭の中を巡っている頃に、「この小さな手」の原作と出会いました。
そして「本当の父親とは何か?」という問いの答えを探したいと思い、実写化を企画した次第です。
皆様、ぜひこの映画に触れて、毎日めまぐるしく過ぎていく中で、家族を想う時間を少しでも持って頂けたら幸いです。


武田航平 (吉村和真 役)コメント
この作品は『立派な父親の物語』ではありません。失敗や挫折を繰り返す普通の男が、必死に娘と向き合おうとする物語です。
父親はなんでも出来るスーパーヒーローのような存在だと思っていました。 しかし、自分自身が結婚し、家族を守っていかなければと思いながらも、さまざまな葛藤や焦りに悩まされることがあります。自分の両親や友人たちも、こうして毎日踏ん張ってもがいて、家族のために生きているんだということがわかりました。
僕が演じた“和真”は、父親になり切れないダメな自分に負けそうになりながら、それでも逃げ出さずに家族のために生き抜こうとします。作品をご覧いただいた後、ぜひ、大切な人の手を取ってみてください。きっと本当の幸せとは何なのか、気づくことが出来ると思います。



【ストーリー】
イラストレーターの和真は、妻の小百合と3歳の娘・ひなと暮らしていた。 ある夜、和真が接待で飲んでいると、買い物に出た小百合が、事故に遭って入院してしまう。ひとりぼっちのひなは、翌朝、1人で目を覚ます。和真は、朝まで居酒屋で寝込んでしまっていたのだった。ひなは、警察によって、児童養護施設に引き取られることに。
一切子育てに関わってこなかった和真は、ひなを自宅に連れて帰ることを許されなかった。 小百合の意識は戻らないまま、何もできずに時間だけが過ぎていく。自暴自棄になっていた和真だったが、次第に自分を見守って くれている人達の存在に気づき、娘との失ってしまった絆を取り戻す決意をする。しかし、ひなは、和真が面会に来ても泣いてばかり。ひなは、父親の事を忘れてしまったのだろうか...


原作:郷田マモラ/吉田浩 『この小さな手』
監督:中田博之 脚本:守口悠介 
主題歌:青木カレン 
プロデューサー:松嶋翔 音楽:Rhythm & Note 製作:「この小さな手」製作委員会 制作プロダクション:NeedyGreedy 
配給:フルモテルモ 
(C)映画「この小さな手」製作委員会
2022 年/日本映画/カラー/ビスタサイズ/90分
出演
武田航平
佐藤恋和 安藤 聖
辻千恵 三戸なつめ 伊礼姫奈 三田村賢二 浅茅陽子 柚希礼音 津田寛治 松下由樹/寺脇康文
4月8日(土)より ユーロスペースほか 全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ