FC2ブログ

記事一覧

舞台『キングダム』演劇界のレジェンド壤晴彦が出演決定! 稽古場写真を初公開

壤晴彦と山口祐一郎

【ニュース】
舞台『キングダム』に演劇界のレジェンド壤晴彦の出演が決定! 山口祐一郎と約35年ぶりの邂逅! 三浦宏規・高野洸ら稽古の最新状況も報告! 稽古場写真も初公開!!
2006 年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載が始まると次第に人気を獲得し大ヒットに、既刊67巻の累計発行部数は9500万部を突破。著者である原泰久先生はなんと本作がデビュー作 ながら、2013 年には第 17 回手塚文化賞マンガ大賞を受賞。昨年、TV アニメ第 4 シリーズも放送された。2019 年 4 月には待望の実写版映画が公開。2022 年 7 月公開の『キングダム 2 遥かなる大地へ』も大ヒットを記録し、様々なメディアミックスを経て、常に社会現象といえる盛り上がりを巻き起こし続け、ついに2023年2月、「演劇の殿堂」帝国劇場で満を持しての初舞台化 が開幕する。

中華統一を夢見る少年、信役の三浦宏規・高野洸、嬴政/漂役の小関裕太・牧島輝、王騎役の山口祐一郎をはじめ、各ジャンルからの多彩なキャストが集結して、2025年の建て替えに向けての一時休館を発表している帝国劇場での野心的な挑戦作として注目を集めている。

ここに帝国劇場と縁の深いレジェンド・キャストの出演が決定した!!
      
王騎が、「中華の唯一の王」となる夢を口にした政の姿に重ねたのが、約55年間、戦争に明け暮れ中華に夢を追い求め、秦の戦神として名高い「昭王」。政にとっての曽祖父にあたります。 その「昭王」を、演劇界のレジェンド、帝劇とも縁の深い、俳優・壤晴彦が演じることとなった。

壤晴彦は狂言大蔵流、茂山千五郎(四世・茂山千作・人間国宝)に師事。その後劇団四季を経てフリー。
1990 年イギリス・エディンバラ国際演劇祭批評家賞を受賞した、蜷川幸雄演出・三島由紀夫作の「近代能楽集・卒塔婆小町」や、92 年ロンドン・バービカンセンターで上演した「テンペスト」に主演した国際的に評価される俳優で、帝国劇場でも、1987年「風と共に去りぬ」「NINAGAWA マ クベス」、1991年に蜷川幸雄演出「仮名手本忠臣蔵」、2008年に宮本亜門演出のミュージカル 「ルドルフ -ザ・ラスト・キス-」に出演。

舞台『キングダム』では、死期の迫る昭王(壤)が、昭王に忠を尽くす王騎(山口)に対して中華への熱き夢を語る――劇団四季在籍時の先輩後輩にあたる壤と山口にどこか重なるような、演劇ファンにとっては奇跡の邂逅といえる名場面が用意されている。二人の共演は約35年ぶりとなる。

昭王の夢は、政の思いにも重なります。舞台全編に強い印象を残す役です。壤晴彦は、昭王と竭氏(王弟・成蟜と共に政に対して謀反を起こす)の二役を演じる。

稽古は12月からスタートし、壤晴彦、そして壤との久しぶりの邂逅を果す山口祐一郎の言葉、そして演出を手掛ける山田和也に二人の名場面など、最新の稽古状況について、コメントも届いている。


僕は先輩・後輩を問わず「いい!」と思う人には常に敬意を感じます。劇団四季では大先輩の日下武史さん、同期の鹿賀丈史、そして後輩の山口祐一郎君がそうでしたね。
俳優としての演技に"清潔感がある"というのが共通項でしょうか? 彼が抜擢された『オンディーヌ』では水界の王の僕と彼のハンスはやりとりがなかった。彼とは『ジ ーザス・クライスト・スーパースター』でイエスとピラトで歌の応酬をしたのみ..今回初めて台詞を交わす事になります。
それもこんなに壮大な物語の中で..昭王と王騎としては信頼と敬意を。竭氏としては不穏な腹の探り合い..ゾクゾクしますね。楽しみです。
壤 晴彦(昭王/竭氏)



壤晴彦さんへ
キングダム稽古場でお姿を拝見したとき、突然、1970 年代後半にタイムスリップしました。私が研究生で朝の掃除を終えテラスで水を飲もうとすると、そこには既に、ケーツーさん(劇団では麦草平さんだったのですが、みなさん本名のケーツーさんと呼んでいらした)が、木洩れ日の中でベ ンチに腰掛け台本を読んでいらっしゃる。
「あっ、麦さん(心はケーツーさんでした)」
「・・・」
「あっ、お邪魔してすみません。あっ、おはようございます。私、17 期山口祐一郎と申します」「嗚呼、君か。次のジーザス。頑張れよ」と白い歯を見せた。格好良いなケーツーさん、と思った。
後年、ジロドゥーの『オンディーヌ』のハンスに抜擢されたとき、壤さんがぼくのチューター(個人指導教師)に専任された。そのとき演出家が呟いた。 「ホントは、ケーツーみたいに出来る奴が演じるべきなんだけどなぁ」 (その通りだよな)とぼくも素直に得心していた。
だって、壤さんが紡ぎ出す科白には誰もが感動す るのだから。
壤さん。2023 年、不肖な弟子との共演。どうぞよろしくお願いいたします。
山口祐一郎(王騎)




現在稽古真っ只中ですが、とてつもないパワーを持つ作品になると確信しています。
信じられないほどの運動量の舞台ですが、この稽古場は熱気に満ち溢れていて、笑いも絶えず、とてもいい環境でお稽古をさせていただいています。
そして壤晴彦さんの出演も発表になりました。
読み合わせの時、壤さんの第一声を聞いた瞬間に稽古場の誰もがその重厚感のあるお声にと耳が震えたと思います。
目の前で毎日お芝居を見させていただけることが本当に幸せです。
自分も出演していますが、キャストの皆様があまりにも凄すぎてもはや見に行くのを楽しみにしている時もあるほどです(笑)
舞台『キングダム』ますます盛り上がってまいりました。
さて明日からは本番と同じセットでのお稽古です。ワクワクが止まりません!
三浦宏規(信)



信役に追いついていくのがやっとな中、壤さん・山口さんのお芝居と存在感を目にする度に気が 引き締まります。
最新の稽古状況については、殺陣も全てつきましたが本当にかっこいいです。本物の軍と比べると人の数はもちろん劣りますが、目の前に中華の戦場が広がっています。そしてどれも派手でリアルです。
初日までの残り時間を大事に、やれることをやりきります!
高野 洸(信)




舞台『キングダム』の稽古は今まさに佳境です。ここ数日は2幕のクライマックス場面に取り組んでいるのですが...... 主要キャストの殆どが入り乱れることになるので、演出家なのに目が幾つあっても足りません。そんな『キングダム』の世界に壤晴彦さんをお迎えすることになりました。数々の話題作に出演されていらした壤さんですが、私は特にミュージカル『レディ、ビー・グッド!』の壤さんが大好きでした。ご一緒できるのは最高の喜びです。
山田和也(演出)


著者 :原泰久
出版社 :集英社
掲載紙 :週刊ヤングジャンプ(2006 年 9 号~連載中)
単行本 :既刊 66 巻※累計発行部数 9200 万部(2022 年 9 月現在)

【公演情報】
2023年2月5日(日)~2月27日(月):帝国劇場
一般前売開始:2022年 12 月3日(土)/お問い合わせ:03-3201-7777(東宝テレザーブ)

【キャスト】
信 :三浦宏規/高野 洸 嬴政・漂 :小関裕太/牧島 輝
河了貂 :川島海荷/華 優希
楊端和 :梅澤美波(乃木坂 46)/美弥るりか
壁 :有澤樟太郎/梶 裕貴
成蟜 :鈴木大河(IMPACTors/ジャニーズ Jr.)/神里優希 左慈 :早乙女友貴
バジオウ :元木聖也
紫夏 :朴 璐美/石川由依 昌文君 :小西遼生
王騎 :山口祐一郎
【スタッフ】
原作 :原泰久(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載) 脚本 :藤沢文翁
演出 :山田和也
音楽 :KOHTA YAMAMOTO
製作 :東宝
2023年2月5日(日)~2月27日(月):帝国劇場
3月大阪・梅田芸術劇場メインホール 4月福岡・博多座 5 月札幌・札幌文化芸術劇場 hitaru



関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ