FC2ブログ

記事一覧

映画『老ナルキソス』ゲイでナルシストの老絵本作家と、美しいウリセンボーイ。2人の出会いと旅 5月公開、メインビジュアル解禁

【ニュース】
レインボー・リール東京グランプリをはじめ国内外の映画祭で 10 冠を獲得した東海林毅監督 の傑作短編『老ナルキソス』(2017)を長編化。ゲイでナルシストの老絵本作家と、美しいウリセンボーイ。2 人の出会いと旅から浮かび上がる、過去と未来の家族物語。5 月 20 日(土)より公開決定!メインビジュアルを公開


世界で注目を浴びる『片袖の魚』(21)の東海林毅監督初のオリジナル長編となる本作は、レインボー・リール東京グランプリをはじめ国内外の映画祭で 10 冠を獲得した自身の傑作短編『老ナルキソス』(2017)の長編化。監督は、自身バイセクシュアル当事者でもあり、主に自主作品の中で LGBTQ+と社会との関わりを探ってきた。
「ゲイ」という呼び名もまだ一般的ではない時代から日陰者として社会の方隅で生きてきたナルシストの老絵本作家。差別や偏見との闘いの時代を経てすでに性的マイノリティが可視化された LGBT 世代のウリセンボーイ。世代も考え方も違う二人の個人的な関係の中から立ち現れる、同性愛者たちの過去と未来の「家族」にまつわる葛藤の物語だ。パートナーシップ制度は「ある」が同性婚は「ない」という中で、「家族」のあり方を問いかける。

また、同時に公開されたメインビジュアルは、黒バックに水石亜飛夢が田村泰二郎を後ろから抱きかかえる写真が浮かび上がる。水石の下についた左手は水面に映っているように見えて、2 人とも「水面に映る美しい自分に口づけしようとして水に落ちる」神話の中のナルキソスのような、メインビジュアルになっている。

主演は、名バイプレーヤー田村泰二郎と、主演作が続き勢いにのる水石亜飛夢の W 主演。田村は長編初主演で、出演作に『太陽』(2005/アレクサンドル・ソクーロフ監督)や『沈黙 -サイレンス』(2017/マーティン・スコセッシ 監督)がある。水石亜飛夢は、2021 年『国民の選択』(宮本正樹監督)と『黄龍の村』(阪元裕吾監督)の 2 作品で初主演を果たした。

ウリセンボーイ(水石亜飛夢)のパートナー役では寺山武志、絵本作家(田村泰二郎)の青年時代を田中理来といった若手俳優が熱演し、日出郎、モロ師岡、津田寛治、千葉雅子といったベテランが脇を固める。また、絵本作家のかつての恋人役を村井國夫が存在感たっぷりに演じる。音楽は『舟を編む』(2013/石井裕也監督)で日本アカデミー賞優秀音 楽賞受賞の渡邊崇、撮影はこれまでも東海林監督と多くの作品でタッグを組んできた大河ドラマ『鎌倉殿の 13 人』 (2022)の神田創。


【STORY】
ゲイでナルシストの老絵本作家山崎は、自らの衰えゆく容姿に耐えられず、作家としてもスランプに陥っている。ある日ウリセンボーイのレオと出会い、その若さと美しさに打ちのめされる。しかし、山崎の代表作を心の糧にして育ったというレオ――自分以外の存在に、生涯で初めて恋心を抱く。レオもまた山崎に見知らぬ父親の面影を重ね合 わせ、すれ違いを抱えたまま、二人の旅が始まる...。


田村泰二郎 水石亜飛夢
寺山武志 日出郎 モロ師岡 津田寛治 田中理来 千葉雅子 村井國夫
脚本・監督:東海林毅
音楽:渡邊崇/撮影:神田創 一坪悠介 渡辺一平/照明:丸山和志/録音・音響効果:佐々井宏太 /製作:老ナルキソス製作委員会/© 2022 老ナルキソス製作委員会
2022 年/日本/1.85:1/110 分/R15+
配給:オンリー・ハーツ
5 月 20 日(土)より新宿 K’s cinema 他にて全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ