FC2ブログ

記事一覧

『オマージュ』へ安藤桃子、呉美保ら映画監督、角田光代、柚木麻子、山内マリコら人気作家たち、渡辺満里奈、宇垣美里も各界の著名人から共感と絶賛のコメントが到着

【ニュース】
『オマージュ』かつて輝きながら消えていった人への“オマージュ”――。主人公ジワンが修復に携わる映画「女判事」にはモデルとなった実在の作品があった!? 
ヒット作に恵まれず、新作を撮る目処が立たない映画監督のジワンが引き受けたのは、60年代に活動した韓国の女性監督、ホン・ジェウォンが残した映画「女判事」の欠落した音声を吹き込むという仕事。作業を進めながらフィルムの一部が失われていることに気づいたジワンは、ホン監督の家族や関係者のもとを訪ねながら真相を探っていく・・・。夢と現実、現在と過去。その狭間を行きつ戻りつしながらも、ジワンはフィルムの修復とともに自分自身を回復させるようかのように人生を見つめ直し、新しい一歩を踏み出していく――。


映画「女判事」(1962)(映画『オマージュ』より)

主人公ジワンが修復に携わる映画「女判事」は、1960年代に活躍した女性監督ホン・ジェウォン(演じているのは、『ほえる犬は噛まない』‹00›などで知られるキム・ホジョン)による作品という設定だが、彼女にはモデルがおり、1960年代に活躍した実在の女性監督ホン・ウノン(1922-1999)その人である。2011年に韓国のテレビMBCで放映された「映画監督シン・スウォンの女子万歳」というドキュメンタリーを手がけるにあたって、ホン・ウノン監督の存在を知った『オマージュ』のシン・スウォン監督は、なんとかして「女判事」を見たいと思ったものの、「女判事」(62)含むホン・ウノン監督が残した3本の作品はいずれもフィルムが紛失していたという。その後、2015年に発見され、韓国映像資料院に寄贈されたフィルムのなかに「女判事」も含まれており、現在は同資料院の公式You Tube(https://www.youtube.com/watch?v=vXfHTj754oU )にて本編を観ることが可能だ。実在した韓国初の女性判事をモデルにしたこの映画の映像は、『オマージュ』にも使用されている。
 
いまよりずっと女性が映画界で働くことが困難だった時代――女性たちが時を超えて手をつなぎ連帯していく物語に、角田光代、柚木麻子、山内マリコら人気女性作家、呉美保、安藤桃子ら映画監督、渡辺満里奈、宇垣美里も共感と絶賛。

映画業界で女性が活躍することが今よりずっと困難だった時代 1960年代に活躍した女性監督の足跡をたどることで、主人公ジワンが映画への情熱を取り戻す姿に、人気作家である角田光代、柚木麻子、山内マリコも共感、そして絶賛!また、『そこのみにて光輝く』(14)でキネマ旬報ベストテン監督賞を受賞した唯一の女性監督である呉美保監督や、『0.5ミリ』(14)で報知映画賞作品賞に輝いた安藤桃子監督もコメントを寄せている。


失われたフィルムをさがすというミステリー仕立てのストーリーは、かつて、しずかに闘った女性の姿を描き出す。
彼女が切り開いた道に、ジウンも私も立っている。
角田光代(作家)

今私の抱えてる閉塞感も孤独も、過去の、そして未来の「彼女」とつながっている。
イ・ジョンウンのやるせなくもあたたかな表情からかたときも目が離せない。
柚木麻子(作家)

女性が映画を撮る。映画監督になる。
それがこんなにも逆風だらけだってことに、昔のわたしはどうして気がつかなかったのかな。
映画を作りたいと夢を抱いたことのある、すべての女性たちに届け!
山内マリコ(小説家)

この7年、私は映画を作らず、家事育児をしている。女じゃなければ、もう少し先に進めていたかもしれない。
何度も頭の中をよぎりながらも、我が人生を否定するまいと、作れないのではなく作らないだけなのだと言い聞かせ、
でもやっぱり、腑に落ちないでいる。
そんな私にとって、刺さるセリフだらけのこの映画。いつかまた思いっきり映画を作りたいなぁ。
荒んだ心を温めてくれたシン・スウォン監督、ありがとう。
呉美保(映画監督)
 
私たちは、「好き!好き!好きだ!」と、素直に映画への愛を表せばいいのだ。
生きた記録と記憶を、この世を満たす光でスクリーンに投影したシン・スウォン監督に、心からの感謝と敬意を表したい。
安藤桃子(映画監督)
 
彼女が男だったら どうなっていただろうね
60年代の女性監督にかけられたその言葉が、今も変わらず響いてやるせない。
終盤の美しいシルエットの演出に惚れ惚れし、溢れる映画愛を噛み締めた。
宇垣美里(フリーアナウンサー)
 
仕事、夢、家庭に揺れ動く主人公は同世代である私の姿でもあり、ジワンがたどったあの後ろ姿はまさに私であり、あなたなのだろう。ゆっくり、じんわり勇気と温かさが心に染みこんでいくこの映画は前へ進み続ける私たちへのオマージュでもある。
渡辺満里奈(タレント)
 
生きていてくれてよかった。
瞬間、交わされるその微笑みは、シン・スウォン監督が全ての女性に、
あるいは困難を生きるものたちすべてに差し伸べた連帯の握手なのだと思う。
諏訪敦彦(映画監督)
 
復元という行為が、映画を作る彼女自身の心に小さな火を灯す。
過去と現在を貫くフィルムの生命力にふと気づかされる、貴重な一作。
岡田秀則(フィルムアーキビスト|国立映画アーカイブ主任研究員)



 
監督:シン・スウォン『マドンナ』
出演:イ・ジョンウン『パラサイト 半地下の家族』、クォン・ヘヒョ『あなたの顔の前に』、タン・ジュンサン『愛の不時着』
2021年|韓国映画|韓国語|108分|5.1ch|シネスコ|原題:오마주|英題:Hommage|字幕翻訳:江波智子
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム
©2021 JUNE FILM All Rights Reserved.                                                   公式サイト:http://hommage-movie.com

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ