FC2ブログ

記事一覧

金子みひろ主演 映画『ある日、ある女。』高梨臨、上田慎一郎ら絶賛コメントが続々と

【ニュース】
ひとりの女性の現実や過去、そして幻覚を含めたすべてのシーンを、64分全編長回しのワンカットで描いた異色のドラマ『ある日、ある女。』が2023年5月20日(土)より渋谷ユーロスペースにて2週間上映、5月27日(土)より大阪の第七藝術劇場にて1週間上映、他順次全国劇場公開予定。

この度、映画の公開に際して著名人より応援コメントが続々と到着している。




ワンカットで進む緊張感に、会話から想像されていく女の背景。目まぐるしく堕ちていく彼女の姿、恐怖、苛立ちから目が離せませんでした。
高梨臨(女優『バツイチがモテるなんて聞いてません』)

観賞というより体験。
1台のカメラがワンカットで一人の女性を追い続ける。
生配信を見ているようなライブ感と生々しさ。
偶然とんでもない場に立ち合ってしまった様な、見てはいけないものを見てしまったような、そんな体験を
しました。
上田慎一郎(映画監督『カメラを止めるな』)

「アナログで何かを成立させようとする力。僕はそこに得体の知れない魅力とロマンを感じてしまうのです
が、この映画にはそれが満ち溢れていました。」
宇賀那健一(映画監督『異物~完全版~』)

妄想についての映画だ。スタンリー・キューブリック監督の遺作『アイズ・ワイド・シャット』に似ている。
悪夢の様な一夜は、一夜の悪夢だったかもしれない。この世に、幸せはあるともないとも言える。世界は相変わらず歪んでいるが、神様だってこんな良い娘を見棄てる訳がない。血の滲む様なこの一本を、世界が貴方が、見逃す事は出来ない。
岡村洋一(俳優&DJ、ラジオ『岡村洋一のシネマストリート』)

僕も映画を作る時、ここぞというシーンを1カット長回しで撮ることが多い。それは、カメラに絶対凄いものを記録するのだという気迫の証明になるから。この映画は全編が1カット長回しだ。つまりオープニングからエンディングまで光平監督の気迫の証明で出来上がっている。恐れ入りました。
まつむらしんご(映画監督『あつい胸さわぎ』)

<長回し>なる技法は、ある特定の時間を観客と共有させ、やがてヒロインとの間に共犯関係を結ばせてゆく。わたしたちの倫理観をも問う、こんなにも凄いワンカット長回しの作品が、日本のインディーズ映画界から生まれるとは!
松崎健夫(映画評論家)

全編ワンカット撮影による臨場感が見るものの心をヒロインと一体化させる。ただ、技法だけに目を奪われてはならない。運命に翻弄される「ある女」。映画全体から彼女の鼓動と魂の叫びが聞こえてくるようだ。
矢澤利弘(広島こわい映画祭プロデューサー、県立広島大学教授)

自主映画の制作体制でこれだけの長さのワンカット撮影を成功させるのは至難の業です。にもかかわらず、全く粗を見せることなく撮り上げた光平監督とスタッフたち、そして見事に応えて演じきった金子みひろさん。それぞれが完璧に役割を果たしきり、緊張感のみなぎる内容に仕上げました。素晴らしい。
春日太一(映画史・時代劇研究家)



初日舞台挨拶概要
【日時】5月20日(土)19:45の回上映前
【ゲスト】金子みひろ アライジン 大塚かよ 瀧マキ
横須賀一巧 高橋信二朗 光平哲也監督(予
定)
【場所】ユーロスペース1
(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 3F)


出演:金子みひろ アライジン 大塚かよ 榎本桜 瀧マキ 片平鉄士 横須賀一巧 高橋信二朗
監督・脚本・編集・製作 光平哲也 アソシエイトプロデユーサー 佐藤 一 ラインプロデユーサー 箱田准一 撮影 佃 友和 照明 金城和樹 照明助手 中島拓巳 録音 古茂田耕吉 美術 望月寿久
美術助手 桑原良太 魚田孝浩 アクション監督 横山恒平 スタイリスト 鎌田 歩 ヘアメイク 柿原由佳 メイキング 片平鉄士
VFX 鳥居康剛 Nicholas Lucas 山田雅史 整音 木原コウジ 音楽 鈴木孝彦
英語字幕 夏岡エレナ 長谷川瑞季 制作進行・編集 伊藤 就 制作進行 原 清春、江 沅庭、横内 喬
楽曲『ある日、ある女。オープニング』『One Day, A Woman エンディング』
協力 スタジオもりこ ㈱夢一門美術製作 リアルメーカーズ saga film フジ・メディア
・テクノロジー 高津装飾 レントシーバー ペンノート 2022年/日本/カラー/1:2.35/64分
5月20日(土)ユーロスペース、5/27(土)第七藝術劇場 他、全国順次上映

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ