FC2ブログ

記事一覧

映画『ウーマン・トーキング 私たちの選択』ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックリーインタビュー映像を解禁!著名人から応援コメントも到着

【ニュース】
映画『ウーマン・トーキング 私たちの選択』より、ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックリーインタビュー映像公開!!
本作で主演を務めたルーニー・マーラ、オスカー前哨戦で数々の賞にノミネート、受賞し、本作での演技が高く評価されたクレア・フォイ、ジェシー・バックリー3 人のインタビュー映像が公開となった。


映像では、実話に基づいた作品であることについてどう思うか、世界から注目を集めた納屋での話し合いシーンについて話す 3 人の姿。「なぜこの映画が女性だけに向けられた映画ではないと言えるのか」という質問に対して、クレアは本作を「抑圧されてきた人々の話」だと評し、映画の中で描かれる感情や思考について、「抑圧されてきた人々、あるいは抑圧を経験したことがない、自覚さえない人であっても、共感できるところがあると思います」と語る。

そんな本作に共感を示す著名人らから、応援コメントが到着。辻愛沙子はクレアやジェシーが女性のためだけの映画ではないと語るように、「当事者じゃない人は1人もいない、そんな作品だった」と本作を評している。また、宇垣美里は「あまりの無力感に震えが止まらなかったけど、負の連鎖 を断ち切らんと立ち上がる姿に、描かれる希望と連帯に、背中を押され、未来を信じたいと思えた。」と、本作での女性たちの姿を選択に希望を見出したと語っている。


宇垣美里 フリーアナウンサー・女優
なかったことにされてきた おぞましい犯罪を前に、選択を迫られる女たち。 あまりの無力感に震えが止まらなかったけど、 負の連鎖を断ち切らんと立ち上がる姿に、 描かれる希望と連帯に、背中を押され、未来を信じたいと思えた。

大島依堤亜 グラフィックデザイナー 
品のよいビジュアルに騙されてはいけない。何を隠そう『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のようにたぎる映画なのだ!

瀧波ユカリ 漫画家 
女たちはあらかじめ奪われている。伝え残す文字を、世界を知る地図を、語り合う時間を、体を守る装いを。この映画がその真実を繰り返し突きつけてくるのに気付いた時、怒りと共感が震えと共に湧きあがった。

竹田ダニエル ライター
聞こう、女性たちの声を。
自分たちの手で変えよう、未来を。 歴史から、被害者から、絶対に目を背けるな。この映画は、そう強く訴える。

辻愛沙子 株式会社arcaCEO/CreativeDirector 
これは、現代を生きるすべての女たちの物語。そして、すべての男たちが知っておくべき衝撃の実話。当事者じゃない人は1人もいない、そんな作品だった。

山崎まどか コラムニスト 
女たちが語り始めるとき、世界は大きく変わる。誰かを打ち負かす議論ではなく、生き延びるための対話を模索する、彼女たちと共に私たちも希望に繋がる言葉を探していこうではないか。

ゆっきゅん DIVA
異なる道理で生きる他者とも対話を重ねることが必要だと人は言う。それは本当にそうかも。それでも、対話をするかどうかは私たちが決めてよいことなのだと映画は強く訴える。あなた の話を最後まで聞くのは、信じられるものがあるからだ。心の中の沈黙に気付かされるような言葉たちに何度も泣いてしまった。


監督・脚本: サラ・ポーリー 
キャスト:ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックリー、ベン・ウィショー、フランシス・マクドーマンド ほか 
製作:デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー、フランシス・マクドーマンド 製作総指揮:ブラッド・ピット、リン・ルチベッロ=ブランカテッラ、エミリー・ジェイド・フォーリー 
原作:ミリアム・トウズ(「WOMEN TALKING」)
配給:パルコ ユニバーサル映画 
© 2022 Orion Releasing LLC. All rights reserved.
公式サイト:womentalking-movie.jp
6 月 2 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ