FC2ブログ

記事一覧

映画『美男ペコパンと悪魔』「私もいつかアクションもやってみたい」映画初主演の下尾みうオフィシャルインタビュー

【ニュース】
『レ・ミゼラブル』などで知られる文豪ヴィクトル・ユーゴーの唯一無二の世界観を、日本の新進気鋭のアーティストと最新技術を駆使した CG クリエイターチームが協力して忠実に実現した映画『美男ペコパン』。高校生の亜美は、交通事故に遭い昏睡状態になった交際中の隼人の鞄に入っていたヴィクトル・ユーゴー著の『美男ペコパンと悪魔』を手に取り、隼人が眠るベッドの傍らで読み始める。婚約者の待つ城へ戻るために、異世界を冒険する主人公のペコパンの前に次々と現れるクリーチャーたち。現代の日本と中世のヨーロッパ大陸がシンクロしながら、倒すか、倒される
か、手に汗握る決死の闘いが始まる。

本作で映画初主演の AKB48 の下尾みうがボールドゥール/亜美役を一人二役で演じている。




この度、公開を前に、主演の下尾みうのオフィシャルインタビューが届いた。
           


映画初出演にして初主演です。オファーが来ていかがでしたか?
すごく驚きましたが、初めてのことなので、楽しみにしていました。

一人二役と聞いて、どう思いましたか?
初映画で初主演で二役と聞いて、ドキドキがすごかったんですけれど、実際二役をやってみて、二役できてよかったなと思います。亜美もボールドゥールも本当に可愛い女の子で、好きになりました。



ボールドゥール役、太田亜美役を演じるにあたり、それぞれ何を大事に演じましたか?
亜美は、現代の、そこら辺にいそうな女子高生なので、私の元の要素が強めな感じで、できるだけ着飾らず、素で演じるようにしました。ボールドゥールは中世の女の方なので、ボールドゥールを演じる時は、着飾るようにしました。亜美ちゃんはどこでも本を読む子なので、私も亜美ちゃんになってみようと思って、本を持ち歩いていました。

原作は読みましたか?
ヴィクトル・ユーゴーさんの作品を読んだことがなかったので、購入しようと、ネットで検索したら書籍が見つからなかったんです。けれど、本作の企画・製作総指揮の堀江さんが幼少期に読んでいた、昔出版されていた絵本があって、監督に一度お借りして、読みました。

脚本を読んで映画全体に関してはどう思われましたか?
映画全体に関しては、とてもファンタジー要素が強めだなと思いました。大人の方から子供まで楽しんでもらえるんじゃないかなと思いました。

病院のシーンの撮影で悔しかったシーンがあると聞いたんですが?
病院のシーンで急に自分の中で泣くスイッチが入った時に、ブワッと涙が出て、気持ち的には観ている方に伝わるだろうなという演技をしたんですけれど、下を向いて演技をしてしまったから、そこが今回は使われなかったので、今後は気をつけようと思いました。



阿久津さんお一人のシーンは初めて観たと思いますが、いかがでしたか?
アクションシーンがたくさんあって、乗馬やスケボーなども練習したと聞いていますし、すごいなと思いました。私は普段ダンスが好きなので、私もいつかアクションもやってみたいです。

映画全体の感想はいかがでしたか?
色んな方に楽しんでもらえるんじゃないかと思いました。CGのクオリティが本当に高くて、CGだけでも楽しめました!

本作の見どころはどこだと思いますか?
 エンディングを楽しみにしていて欲しいなと思います。


読者にメッセージをお願いします。
どの時代でもどこにいても、人を愛する力って偉大だなと思ったので、この作品を観て、それを感じ取っていただけたら嬉しいです。何回も観て改めて気づくところもあると思うので、たくさん観てください!



ボールドゥール/亜美役 下尾みうプロフィール
2001年、山口県生まれ。2014年「AKB48 Team 8 全国一斉オーディション」に山口県代表として合格し、同年劇場公演デビュー。 2018年には日韓合同オーディション番組『PRODUCE48』に参加。54thシングルで選抜メンバーに初めて選出され、2022年10月に5度目の選抜入りとなった60th「久しぶりのリップグロス」をリリース。舞台をはじめテレビなど多数出演。舞台における演技経験はあるが、長編映画への出演は本作が初。




阿久津仁愛 下尾みう
梅宮万紗子 遠藤健慎 橘ふみ 梅村実礼 井阪郁巳 逢澤みちる 桝田幸希 希志真ロイ 佐藤考哲
岡崎二朗 堀田眞三 / 吉田メタル    
 企画・製作総指揮:堀江圭馬 監督・脚本・編集・VFX:松田圭太 原作:ヴィクトル=マリー・ユーゴー「美男ペコパンと悪魔」(翻訳:井上裕子)
プロデューサー:梅村 安、嶋田 豪 クリーチャーデザイン:SAZEN LEE、米山啓介、ムラマツアユミ
Coプロデューサー:西前俊典、小林智浩/ラインプロデューサー:藤田真一/撮影:今井哲郎/照明:月岡知和/美術:菊地実幸/録音:弥栄裕樹/アクション監督:小原 剛
特殊メイク・造形:梅沢壮一/持ち道具:重田沙織/キャスティング:瀧水和生、長谷部成彦/制作担当:白内雄大/助監督:山口雄也/主題歌:けいちゃん「シンフォニア」(TOKUMA JAPAN COMMUNICATIONS)
配給プロデューサー:佐藤嘉一/宣伝プロデューサー:植田繁/WEB制作:工藤勇生、松浦倫実/制作協力:アーティット/制作:アイエス・フィールド、カラビナ/製作:株式会社ラーテルハート
2023年/日本/カラー/シネマスコープサイズ/5.1ch/99分
配給・宣伝:アイエス・フィールド
Ⓒ2023映画「美男ペコパンと悪魔」製作委員会(ヴィクトル=マリー・ユーゴー著)
6月2日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ