FC2ブログ

記事一覧

横浜流星からメッセージも!阿部進之介、森永悠希、山下幸輝ら登壇 映画『MIMI』プレミア上映

【ニュース】
職業やジャンル、メジャーとインディーズの垣を超えた新しい映画製 作に挑戦する短編映画制作プロジェクト MIRRORLIAR FILMS と、最先端テクノロジーからアートを生み出すクリエイティブファーム THINK AND SENSE が榊原有佑監督の短編映画 『MIMI』を特別制作した。

5 月 21 日、短編映画『MIMI』のプレミア上映を実施。実力派俳優の横浜流星と短編映画製作プロジェクト
『MIRRORLIAR FILMS』が初タッグを組んだ短編映画『MIMI』。そのプレミア上映会が 5 月 21 日都内映画館で行われ、出演者の阿部進之介、森永悠希、山下幸輝、さらに榊原有佑監督、伊藤主税プロデューサー、松山周平(THINK AND SENSE)、稲葉繁樹(THINK AND SENSE)が参加した。

『MIRRORLIAR FILMS』発起人の一人である山田孝之がビデオレーターで挨拶。「俳優は鏡をも騙す」というテーマで『MIMI』が製作されたことを解説した。完成したばかりの本作をまだ観られていないそうで「僕自身、作品を観るのが楽しみ」と期待していた。

俳優の⻘年(横浜流星)とカウンセラー(阿部進之介)の会話劇を、最先端の AI 技術を駆使して描いた『MIMI』。伊藤プロデューサーは「横浜さんから『スケジュールに余裕が出来そうだから短編映画を撮りたい』という連絡をもらった」と本作の製作経緯を明かし、榊原監督は「“俳優は鏡をも騙す”というワードからインスピレーションを受けたものを撮りたいと思い、急いで脚本を書きあげました。役者が役作りをする過程をフィクションとドキュメンタリーを交えて捉えたいと思った」と狙いを語った。

『MIRRORLIAR FILMS』発起人の一人で、カウンセラー役の阿部は本作が「俳優の役作り」を描いている点に触れて「俳優としては普段どんな役作りで役を演じているのかは言いたくないもの。しかしどのような工程を経て映画が出来ているのかと いうことを映画を通して伝えるというコンセプトは面白いと思った」と興味を抱いた。

俳優の⻘年が次に演じる役という難しいキャラクターを演じた森永。2 人が対峙する列車のシーンはほぼアドリブで行われたという。「作品の中ではコンパクトにまとめられていますが、実際は 5 分から 7 分くらいの⻑回しで撮りました。その間、ずっとエチュードをやり続けた。(横浜と)役について共通認識を持って演じたものの、相手のセリフに対して自分ではなく役として返 さなければいけないのでパニックになった」と苦笑い。榊原監督が「列車の場面はテイクを重ねたのでトータルで 30 分くらい撮った」と撮影を振り返ると、阿部は「監督も酷なことをするなあ~と思った」と森永の奮闘をねぎらっていた。

助監督役の山下は「歴史もあって人との繋がりの濃い『MIRRORLIAR FILMS』の中に自分が混ざっていいものかという不 安はあったけれど、撮影地の蒲郡市の方々もキャスト・スタッフの方々も温かくて、自分自身も一歩前進できた気がする」と周囲の支えに感謝。助監督という設定だけにカチンコ打ちも初体験し「打ち方が上手いと伊藤さんから褒められました!」と 笑顔を浮かべると、阿部から「上手くできない助監督もいるのに、彼は 1 時間でマスターした」と驚かれ、榊原監督も「現場での声掛けも本物の助監督のよう。撮影後も助監督として残って欲しかった」と山下の意外なセンスを認めていた。

主演の横浜から以下のようなコメントが届いた。「山田孝之さんが発案した MIRRORLIAR(俳優は鏡をも騙す)という言葉の意味を自分なりに受け止め、演じさせて頂きました。企画段階から脚本開発、役のキャラクター、企画へのアイディアなどを出させて頂き、作品作りへ一歩深く踏み込んだ形でも携わらせて頂き、とても有意義な時間を過ごせました」。
これに伊藤プロデューサーは「脚本開発の段階から参加してくれて、キャラクターに関する提案やキャッチコピーの提案、編集 部分にも関わってくれた。森永さんへのオファーも横浜さんからの提案」と本作への横浜の思い入れを紹介。榊原監督は「事 前の話し合いの場でも現場でもアイディアを提案してくれた。僕がポイントだと思っていることも言わずとも理解してくれて芝居で見せてくれた」と俳優・横浜流星のスタイルにすっかり惚れ込んでいた。

本作での AI などの技術面を担う稲葉は「大金をかければ傑作が生まれるというのは間違い。お金ではなく技術面でチャレン ジした作品をこれからも届けていきたい」と『MIMI』の今後の広がりに期待。同じく松山も「映画とテクノロジーという異なるクリ エーションを組み合わせて新しいものを作る試み自体がユニーク。アウトプットもユニークになる本プロジェクトに参加できるのは嬉しいことで、これから先の展開にも期待してほしい」とアピールしていた。
(オフィシャルレポート)



2024 年春公開予定『MIRRORLIAR FILMS Season5』収録のほか イマーシブアートとして公開予定

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ