FC2ブログ

記事一覧

映画『OUT』第二弾キャスト解禁!ヒロイン「皆川千紘役」で乃木坂46 与田祐希が出演

【ニュース】
人気コミックの実写映画化に、豪華新鋭キャストらが集結! 主人公・伝説の超不 良・井口達也役・倉 悠貴、暴走族「斬人(キリヒト)」総長・丹沢敦司役・醍醐虎汰朗、副総長・安倍 要役・水上恒司に続き、ヒロイン「皆川千紘(みながわちひ
ろ)」役が解禁!! ヒロイン、暴走族「斬人」5 代目総長の妹で、ボウリング場“アイビーボウル”で働く皆川千紘を演じるのは、乃木坂 46 の中心メンバーとして活動する傍ら、TBS ドラマ「日本沈没-希望のひと-」(21)、テレビ東京ドラマ「量産型リコ」(22/23)、映画『ぐらんぶる』(20)に出演するなど女優としても才能を発揮、活躍が目覚ましい若手注目株の与田祐希(乃木坂 46)。


兄である「斬人」5 代目総長・皆川状介が、四大暴走族の抗争事件“狂命戦争”で命を落としたという辛い過去をもちながら、もめ事を止めるためなら、暴走族に一喝!倉 悠貴演じる超不良・井口達也を平手打ちに、醍醐虎汰朗演じる暴走族総長にも説教するほどの肝が座った女性という、かつてない役どころを堂々と見事に演じてみせた。

品川監督は、「千紘は、 存在感が大事だと思いました。暴走族の喧嘩のど真ん中に入っていっても負けないオーラを持つ与田 祐希の光。それがキャスティングの決め手です。千紘は、芯が強く口の悪いヒロイン。どちらかと言うと穏やかな雰囲気の与田さんが暴走族相手に喧嘩腰のセリフが言えるのか?と思いましたが、堂々と渡り合っていました。達也をなじるシーンはなかなか見られない与田祐希が見られます」と語る。



与田祐希コメント

出演オファーを受けられた際のお気持ち
強そうな男性キャストが多い中、ヒロインとしての役割を果たせるか不安はありましたが、とても有難い経験だなと思いま した。全力で向き合って、ぶつかっていきたいなと思いました。

脚本・原作コミックを読まれて、どのようなお気持ちで撮影に挑まれましたか? 
自分の知らない世界だったので不安と楽しみな気持ちでいっぱいでした。 ヤンキーは正直怖いと思っていたけど、千紘としては怯えるわけにはいかないので YouTube でヤンキー動画を見て、ヤ ンキー慣れして現場に行きました!

今回の役どころを演じられていかがでしたでしょうか?
見た目でいうと、人生で一番髪色を明るくしました!撮影期間中は乃木坂のメンバーやスタッフさんにヤンキーだ!といじられつつも、新鮮でしたし、心なしかこの期間は千紘みたいに強くいられた気がします!

品川ヒロシ監督について
撮影の合間にもたくさんお話しさせていただけて嬉しかったし、楽しかったです! 今では私にとって東京のお父さんのような存在になりました!
今回ご一緒できてとても光栄でした!

撮影はいかがでしたか?
アクションシーンの撮影や特殊メイクを近くで見て、衝撃を受けました。とても迫力があったので映像として観れるのが楽しみだなぁと思いました!自分のシーンではビンタに苦戦しました。

共演の、倉さん、醍醐さん、水上さんについて 
倉さんはまじめで柔らかい方だけど達也を演じられている時はいい意味でただのヤンキーで、すごい方だなぁと思いました。 主演ということもあり、いつも倉さんが現場を包み込んでくださっていました! 醍醐さんは丹沢と同じように現場のムードメーカーでした! 水上さんは同郷の先輩として背中を押してくれる存在でした!ヒゲ面デカ男というワードが個人的に大好きです! 

本作を通して伝えたいこと
仲間のために命懸けで戦う姿はかっこいいけれど、千紘としては命の重みを伝えたいです。

本作をこれからご覧になる皆様へメッセージをお願いします。
個人的には、暴力的でバカだけどなぜか憎めないキャラクター達がどんどん愛おしくなっていく感覚に陥ってしまいました。男性はもちろんですが、女性目線で観てもきっと楽しめる作品だと思います!グッと来たり、クスッとしたり、ドキッとしたり、 いろんな瞬間を感じていただけたらと思います!


また新たなヤンキー×アクション×友情の物語が誕生する。



倉 悠貴 醍醐虎汰朗 与田祐希 水上恒司
原作:井口達也/みずたまこと『OUT』(秋田書店「ヤングチャンピオン・コミックス」刊)
監督・脚本:品川ヒロシ
制作:吉本興業 制作協力:ザフール 
配給:KADOKAWA C2023『OUT』製作委員会
11 月 全国劇場公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ