FC2ブログ

記事一覧

映画『春画先生』主演 内野聖陽、ヒロイン北香那で究極の推し活を描くコメディ

【ニュース】
『劇場版 きのう何食べた?』『臨場 劇場版』など数々の個性的な役柄を演じてきた内野聖陽を主演、注目の若手女優・北香那をヒロインに、『さよならくちびる』『月光の囁き』などの塩田明彦監督によるタッグが実現し、オリジナル作品『春画先生』が、10 月 13 日(金)より全国公開が決定した。

塩田監督と言えば、『黄泉がえり』『どろろ』等メジャー作品とは一線を画す『月光の囁き』(99)、『害虫』(02)などで映画ファンを唸らせてきた。そんな名匠塩田明彦が原作・脚本・監督を手掛ける異色のコメディ。

これまで春画は映画でもタブーとされ、性器部分の描写は映倫審査でボカシ加工が必要だったが、本作は劇映画初の R15+で認証され、日本映画史上初、無修正で浮世絵春画がスクリーンに映し出されることとなる。春画とは、肉筆や木版画で描かれ、平安時代からはじまり江戸時代の木版画技術の発達で全盛期を迎えた人間の性的な交わりを描いた画。描いた絵師も鈴木春信, 鳥居清長,喜多川歌麿,葛飾北斎,歌川国貞など,著名など浮世絵師のほとんどは春画を手がけていた。江戸時代、春画は単に好色な男性のためのものではなく,身分を問わず多くの老若男女が愛好した。その根底には明治時代以降西洋のキリスト教文化が入る以前の日本人が持っていたとされる性をおおらかに肯定する精神が横溢している。超一流から三流まで多くの絵師、彫師、刷師たちが、表の浮世絵で発揮できない その持てる全画力と全精力を注いで とことん真面目に 人の性を笑い画として表現したものが春画だ。幕府から禁止された、禁制品だからこそ、とどまることを知らぬ芸術の域に達し、庶民から大名までを虜にした真の江戸のエンターテイメントだった。

長らく日本美術史のタブーとされつつも、世界に誇るべき江戸の文化の裏の華である春画の奥深い魅力を、春画先生が真面目に可笑しく教えてくれるのが本作。変わり者の芳賀一郎こと「春画先生」と、しっかり者の弟子・弓子の姿を通して“好きなものにのめり込んでいく者たちの悦びと情熱”、そして究極の“推し活”を描く異色のコメディが誕生した。

物語は、将来への夢もないまま無為な日々を過ごしていたウェイトレスの春野弓子の「私の人生にこの先、面白いことなど何ひとつ起こらないだろうと感じていたあの日...」というモノローグから始まる。“あの日”、いつものように老舗喫茶店で働いていた弓子は、人目をはばからず春画をじっと見つめるシブい中年男性と出会う。弓子に、春画とは何かを突然説き出し、詳しく知りたければ訪ねてこいと去っていく。常連の変わり者”春画先生”だという。この男、芳賀一郎は高名な春画研究家で、妻に先立たれ世捨て人のように春画の研究に没頭していた。春画への興味と芳賀に一目ぼれしてしまった弓子は芳賀宅をたずね、美と興奮の坩堝の春画講座を受けはじめる。いつしか芳賀に導かれながら弓子は、愛の冒険に飛び込んでいく。やがて芳賀が執筆する春画大全の編集者辻村や芳賀の亡妻伊都の姉一葉の登場で波乱の予感が...。 春画研究家と弟子のコンビの物語が始まる。

主演の内野聖陽が、「春画先生」を見事に怪演、新境地を開いた。高名な研究者でありながらも社会性があるとはいいがたく、好きなことに没頭するオタク的なこじらせ中年男性。弓子という春画を語り合う弟子ができたことで、春画大全の執筆への意欲を取り戻していく。癖のある性格がどこか可愛らしくほっとけない魅力を生み出してはいるものの特 異な性癖の持ち主でもある。

そんな芳賀を、内野聖陽がまさに熱演、「春画先生」を演じることになった内野は今回、「性愛についての奥深さを感じさせるちょっと笑える、微笑ましい『おとぎ話』のような感覚を持ちました」と本作の世界観に感銘を受けつつ、「春画先生という役は、普通の人にはない距離感の人で、大きな喪失感をもってますけど、とても愛すべき研究者だと思いました」と語った。

塩田監督も「なんといっても絶品なのは内野聖陽演じる春画先生。心に詰まった春画への思い、さらには愛する女性たちへの想いがいまにもはち切れそうで、気がつくと全身から不思議な震えと波動を発しているような人物を、えもいわれぬユーモアと、完璧といってもいい役作りで体現してくれました。」と語っている。

不動の演技者内野聖陽に対して若手・北香那のものおじしないヒロインぶり。圧巻とも言うべき演技で見事に応えた。執筆へのエネルギーの元となる弓子は、一途でしっかり者の女性。芳賀への恋心に突っ走っていくその姿は、可憐で清々しいながらもタフそのもの。滑稽な世界感を大真面目に熱演する師弟コンビの、振り切った演技が最大の見どころだ。

春画への探求心がふたりをつないでいき、師弟コンビを通して映し出される“春画愛”をコミカルに描いた作品。主演の内野聖陽、北香那、塩田明彦監督より、コメントが到着している。


内野聖陽/芳賀一郎役コメント
初めて脚本を読んだとき、性愛についての奥深さを感じさせるちょっと笑える、 微笑ましい『おとぎ話』のような感覚を持ちました。 春画先生という役は、普通の人にはない距離感の人で、 大きな喪失感をもってますけど、とても愛すべき研究者だと思いました。 お相手の北香那さんは、とても真っすぐな気持ちのよい方です。場のシチュエーションに対して、とても勘のいい方だなあといつも感心しておりました。塩田さんのシナリオと演出は、少し現代には無い懐かしい匂いのするものでしたが、北さんの演技はど直球で、胸を打つところがありました。とても素敵な女優さんです。


北香那/春野弓子役コメント
脚本を読んで、まず最初に“弓子の役を何としても私が演じたい”と強く思いました。登場人物は皆、それぞれの幸せを掴 むために真っ直ぐと向かっていくけれど、その姿がどこか異様で微笑ましく、じわじわと滲み出てくるような魅力と面白さ があります。その中で、私が演じる弓子は私自身、完全に心を持っていかれるほど生命力や好奇心に満ちたピュアなキャラクターです。撮影前から本作で内野さんと共演させていただけることをとても楽しみにしていました。
内野さんの役作りの丁寧さを目の当たりにして、衝撃が走ったのと同時に、弓子として内野さん演じる先生を見た時に、その奥深さにどこまでも夢中になってしまうような吸引力と魅力に圧倒されました。私も負けじと内野さんに追いついて行こうと必死でしたが、それが幸せで、刺激的で、充実した日々だったと噛み締めています。
そんなたくさんの想いが詰まった、私の大好きな作品です。多くの方に届きますように。ご覧になった皆様の反応がとても楽しみです。


塩田明彦監督コメント
江戸時代、“笑い絵”とも呼ばれた春画の世界は、男性同士はもちろんのこと、致す前の男女、さらには女性同士までが顔つき合わせ、笑い、楽しむものでした。そうした日本の春画の知られざる美しさや艶やかさ、どこまでも陽気な人間賛歌とでもいうべき春画の魅力を少しでも多くの人々に知って頂きたい。その一心で、わたしたちはこの映画を作り上げました。 笑って笑って、ちょっとエロくて、でもやっぱり笑ってしまう、そんな楽しい映画に仕上がったと自負しております。

なんといっても絶品なのは内野聖陽演じる春画先生。心に詰まった春画への思い、さらには愛する女性たちへの想いが いまにもはち切れそうで、気がつくと全身から不思議な震えと波動を発しているような人物を、えもいわれぬユーモアと、完璧といってもいい役作りで体現してくれました。

返す刀の北香那も、本当に胸を打つほど活き活きとして美しい。決して大きくはない体を思いっきり自由に動かして、そ の一挙手一投足こそが愛にほかならないような見事な演技を披露しています。

そうして完成した映画『春画先生』が、世界中の“人間”を愛する老若男女、戦争や差別を超えて“生きること”を愛する皆様に届き、愛されることをいまはただ願ってやみません。


出演:内野聖陽 北香那
原作・監督・脚本:塩田明彦 
製作:中西一雄 小林敏之 小西啓介
プロデューサー:小室直子 共同プロデューサー:関口周平 ラインプロデューサー松田広子
音楽:ゲイリー芦屋 撮影:芦澤明子(JSC) 照明:永田英則 録音:郡弘道 美術:安宅紀史 装飾:山本直輝 スクリプ ター:柳沼由加里 衣裳デザイン:小川久美子 衣裳:白井恵 ヘアメイク:齋藤美幸 編集:佐藤崇 サウンドエディター: 伊東晃 VFXプロデューサー:浅野秀二 VFXディレクター:横石淳 助監督:久保朝洋 制作担当:宮森隆介 
宣伝プロ デューサー:大﨑かれん
製作:『春画先生』製作委員会(カルチュア・エンタテインメント、TC エンタテインメント、ハピネットファントム・スタジオ) 企画・製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
2023/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/114 分 <R15+>
©︎2023「春画先生」製作委員会
10 月 13日(金)全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ