FC2ブログ

記事一覧

映画『告白、あるいは完璧な弁護』インタビュー、メイキング映像を解禁 著名人からコメントも到着

【ニュース】
まさに演技バトル!一歩も譲らないベテラン俳優たちの緊張感漂う撮影の裏側初公開
解禁されたキャストインタビューを収めたメイキング映像は、「しれつな演技力の対決、しっかり備えないと競り負ける」と語るソ・ジソブ、「練習に練習を重ねた」と語るキム・ユンジン、そんなベテラン2人との共演となり「負けまいと」と強く語るナナに加え、失踪した息子を探す父親として登場するチェ・グァンインに対してキム・ユンジンは「演技の達人」、ソ・ジソブは 「勉強になりました」と語るなど、実力派キャストたちの演技力がぶつかり合った緊張感の漂う撮影の裏側を収めた映像となっている。



キム・ユンジンが初めての経験だったと語る入念な”導線リハーサル”を行うなど、細部に至るまでこだわり緻密なサスペンス・スリラーへと仕上げたユン・ジョンソク監督は「声・動作・表情に至るまで役者とすり合わせを行った、(この作品は)役者たちに導かれた映画だ」と強く語っている。



また、本作を一足早く鑑賞した著名人からコメントが到着
漫画・映画などメディア化で話題の「法廷遊戯」の著者でもあり、自身も弁護士という異色の経歴を持つ作家の五十嵐律人は「全ての要素が高水準で見る者を魅了する、圧巻のサスペンスドラマ。密室殺人を振り返る冒頭から、ただひたすらに引き込まれました。」とコメントを寄せている。その他、数々の人気作に出演し、ソ・ジソブ主演ドラマ「ドクター弁護士」では吹き替えも務めた声優の細谷佳正もコメントを寄せている。

コメント全文

細谷佳正|声優 (代表作「ザ・フラッシュ」「クレヨンしんちゃん」「進撃の巨人」など)
冒頭から、ソ・ジソブ氏の醸し出す雰囲気に強く引き込まれて行きました。 果たして彼は殺人を犯したのか?無実なのか? 彼のパフォーマンスは、観る者に最後まで謎を抱かせるかもしれません。 『ドクター弁護士』でソ・ジソブ氏の 日本語吹き替えを担当しました。本作では全くイメージが大きく変わっていて、 その事にとてもワクワクしました。皆さんも、是非劇場で物語の結末を確かめて観てください。
 
越尾圭|ミステリー作家
(代表作「クサリヘビ殺人事件 蛇のしっぽがつかめない」「楽園の殺人」「協力者ルーシー」シリーズ) 
冒頭から物語に没入した。真実を探る過程で繰り出される意外性の連打に打ちのめされ、気づけば終盤。息をもつかせぬクライマックスの展開とラストの真相は、驚愕とともに美しさすら感じた。今後の作家としての活動に、間違いなく多大な影響を与える作品と言えるだろう。
 
スクールゾーンはしも|お笑い芸人
この作品のミステリーとソ・ジソブさんの持つ独特な空気感が抜群にマッチしていて、他のキャスティングも完璧な布陣でした。こんなに最後まで釘付けで左右された映画は初めてでした。ソ・ジソブさんの手にも注目ですね。
 
田代親世|韓国エンターテインメント・ナビゲーター
山荘の中という密室で、容疑者と、彼から供述を引き出す弁護士との、 隠したい、本当のことを言わせたいという攻防がヒリヒリするほどスリリング。 表で見えていたことが裏返しになり、何度もおぉ~っと思わせる反転があって 終始緊張感が漂うので、画面にくぎ付けにされてしまいます。 ソ・ジソブは眉間にくっきり縦ジワ入った苦悩顔でひげを蓄え渋い魅力を 放っています。こういう役をやるようになったんだなあと感慨深いですね。
 
五十嵐律人|作家 (代表作「法廷遊戯」「魔女の原罪」)
手に汗握る心理戦、抜群のストーリーテリング、終盤のカタルシス。全ての要素が高水準で見る者を魅了する、圧巻のサスペンスドラマ。密室殺人を振り返る冒頭から、ただひたすらに引き込まれました。誰が嘘をついていて、真相はどこにあるのか。白と黒が何度も入れ替わるスリリングな展開を、多くの方々に堪能していただきたいです。
 
Yumi|フリーアナウンサー
ソ・ジソプの独特な温もり、キム・ユンジンのアーバンな知的さ、ナナの持つシャープな凛々しさ、その全てに驚愕の反転があり、実に魅力的。 初めから終わりまで、静かながらも息を付かせぬ見事な緊迫感で、一時も目が離せない。


さらに、6月8日(木)開催、先行有料上映会のチケット発売日が決定!
チケットは、5月27日(土)より、シネマート新宿の劇場窓口とオンラインにて販売。 この機会に韓国で話題となったサスペンス・スリラーの傑作を、是非スクリーンで味わってほしい。

『告白、あるいは完璧な弁護』先行有料上映会、チケット発売決定
【日時】6月8日(木)18:25開映
【会場】シネマート新宿・スクリーン1
【チケット料金】1,900円均一(ムビチケ使用不可)
【チケット発売】シネマート新宿オンラインチケット予約及び劇場窓口で5月27日(土)10:30より発売 
シネマート新宿オンラインチケット予約ページ: https://www.cinemart-ticket.jp/shinjuku/schedule/index.php







出演:ソ・ジソブ、キム・ユンジン、ナナ(AFTERSCHOOL) 
監督・脚本:ユン・ジョンソク『マリン・ボーイ』 
製作:リアライズピクチャーズ『王になった男』『神と共に 第一章:罪と罰』、『神と共に 第二章:因と縁』
配給:シンカ 宣伝:フラッグ 提供:シンカ、フラッグ、エスピーオー
2022/韓国/105分/DCP/スコープサイズ/カラー/5.1ch/字幕: HTO MEDIA/原題:자백
(C)2022 LOTTE ENTERTAINMENT & REALIES PICTURES All Rights Reserved.
6月23日(金) 全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ