FC2ブログ

記事一覧

ハンガリーの至宝『メーサーロシュ・マールタ監督特集上映』監督インタビュー映像、メッセージを公開

【ニュース】
ハンガリーが誇る映画監督の一人であり 女性として初めてベルリン国際映画祭金熊賞に輝いたメーサーロシュ・マールタ。
その後も、カンヌ国際映画祭での受賞歴をはじめ 国際的な評価を得ながらも彼女の作品はいずれも日本では劇場未公開。

女性の主体性を脅かす社会の相貌にカメラを向けてきたメーサーロシュ。その誠実なまなざしが、時代を超え、今ここに。

5 月 26 日(金)より新宿シネマカリテほか全国にて『メーサーロシュ・マールタ監督特集上映』が公開。女性監督としてハンガリーで初めて長編映画を製作したメーサーロシュ・マールタ(Mészáros Márta, 1931/9/19- )。アニエス・ヴァルダやヴェラ・ヒティロヴァらと並ぶ、極めて重要な作家でありながら、これまで日本では 1985 年の 第 1 回東京国際映画祭「映画祭の映画祭(世界主要映画祭受賞作)部門」で「Diary for My Children」が上映されたことを除いて上映の機会に恵まれず、本特集で上映される作品はいずれも日本初公開となる。近年、初期作品の 修復が進み、ベルリン、カンヌ等の国際映画祭で上映され世界的にも再評価が進んでいる。

一貫して選択する女性たちの姿を描き続けてきたメーサーロシュの作品たちは、現代の日本にも通ずるものがあり、映画が作られてから 50 年が経った今の時代にこそ見直す必要があるのではないかと存じます。


この度、本特集の公開を記念して、2019 年に開催された第 69 回ベルリン国際映画祭でのインタビュー映像が公開さた。本インタビューは、1975 年第 25 回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した『アダプション/ある母と娘の 記録』の修復版が、およそ 40 年の時を経てベルリナーレ・クラシックにて上映された際に撮影されたもの。

インタビューでは、多くの社会主義国が参加した映画祭での出来事や製作当時のハンガリーの社会情勢、メーサーロシュ作品に出演した俳優たちの演技について、そして映画監督であるヤンチョー・ミクローシュとの思い出などを語っている。




そして、日本での初公開にあたり監督から観客に向けてメッセージが届いた。




親愛なる日本の友人たちへ
2023 年に日本で私の映画を上映していただけることは、大きな喜びであり光栄なことです。これらの映画は私自身と同じくとても古い映画ですが、自分の作品が新しい世代の中でも生きて楽しんでもらえることは特別な喜びです。1980 年代のある時期、私は東京国際映画祭のゲストとして日本に滞在していました。正確な年やどの作品で参加したのかは覚えていませんが、年齢に免じてご容赦ください。ですが観客が映画を理解し敏感に反応してくれたこと、そして おもてなしが素晴らしかったことはよく覚えています。私たちのために素敵な小旅行を企画してくださったおかげで、あな たたちの魅力的な国と文化を垣間見ることができました。私はずっと日本という国について、そして日本映画に興味を抱いてきました。黒澤は私にとって師匠であり、多大な影響を受けました。古い映画を見つけてくれてありがとう。自由の問題も女性の状況も私が映画を撮った頃からあまり良くはなっていないのですから、これらの作品はきっと、今の時代にも有効でしょう。
映画を見て、考えて、語り合ってください。
敬具
メーサーロシュ・マールタ
2022 年 11 月 20 日、ブダペシュトにて


監督:メーサーロシュ・マールタについて
1931 年、ハンガリーの首都ブダペシュトに生を受ける。ファシズムが台頭する戦間 期、両親とともにキルギスへ逃れるも、父親はスターリンの粛清の犠牲となり、その 後、母は出産で命を落とした。ソヴィエトの児童養護施設に引き取られ、戦後ようやく ハンガリーへ帰郷する。
1968 年から長編映画を撮り始める。残酷な社会のなかで日々決断を迫られる女性 たちの姿を描きながら、ファシズムの凄惨な記憶や、東欧革命の前兆であるハンガリ ー事件の軌跡など、そのまなざしは暴力と化す社会の相貌をも見逃さない。
1975 年の『アダプション/ある母と娘の記録』は、第 25 回ベルリン国際映画祭において女性監督としてもハンガリーの監督 としても史上初となる金熊賞受賞の快挙を成し遂げた。その後もカンヌ国際映画祭をはじめ数々の国際映画祭で受賞を果たし、同時代のアニエス・ヴァルダらと並び、もっとも重要な女性作家としての地位を確立した。最新作は 2017 年の「Aurora Borealis: Northern Light」。 


© National Film Institute Hungary - Film Archive
後援 駐日ハンガリー大使館/リスト・ハンガリー文化センター 
配給:東映ビデオ 
2023 年 5 月 26 日(金) 新宿シネマカリテほか全国にて順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ