FC2ブログ

記事一覧

『エドワード・ヤンの恋愛時代』4Kレストア版 予告編、本ポスタービジュアルを解禁

【ニュース】
エドワード・ヤンの最大の野心作にして早すぎた傑作が4K で鮮やかに蘇る――。 
エドワード・ヤン監督作品をこよなく愛する濱口竜介監督(『ドライブ・マイ・カー』)が絶賛コメントを寄せた予告編とポスタービジュアルが解禁

ハリウッド・リポーターが『ヤンヤン 夏の想い出』を 21 世紀の映画ベストワンに選出し、現在第一線で活躍する映画作家たちが口々にその影響力の大きさを語るなど、没後 15 年以上経っても、その存在感が増し続けるエドワード・ヤン。映画史上に屹立する『牯嶺街少年殺人事件』(1991)の直後 1994 年に発表された『エドワード・ヤンの恋愛時代』は、前作と全く異なるアプローチで現代の台北で生き ている男女を描いた、エドワード・ヤン最大の野心作と呼ぶべき青春群像劇の傑作。


舞台は、急速な西洋化と経済発展を遂げる 1990 年代前半の台北。モーリーが経営する会社の状況は良くなく、彼女と婚約者アキンとの仲もうまくいっていない。親友チチは、モーリーの会社で働いているが、モーリーの仕事ぶりに振り回され、恋人ミンとの関係も雲行き が怪しい。モーリーとチチの二人を主軸としつつ、同級生・恋人・姉妹・同僚など 10 人の男女の人間関係を二日半という凝縮された時 間のなかで描いた本作は、急速な成長を遂げている大都市で生きることで、目的を見失っていた登場人物たちが、自らの求めるものを 探してもがき、そして見つけ出していく様が描かれる。彼らの姿は、情報の海の中で自らの求めるものを見失いがちな、現代に生きる 人々の姿と見事に重なり、初公開当時に正当な評価を受けたとは言い難い『エドワード・ヤンの恋愛時代』が、いかに時代を先取りして いたか、2023 年 8 月、明らかになる――。 



解禁となったポスタービジュアルは、モーリーの家のプールサイドで語りあうモーリーとチチ、互いに無いものを補い合う親友同士 の二人の姿に、「私たちの求めるものはどこにあるの?」というキャッチコピーが重なる。



また、同じく解禁となった予告編では、昨年の東 京国際映画祭で本作が上映された際にエドワード・ヤンを「最も敬愛する映画作家の一人」と語った濱口竜介監督が本作に寄せた絶賛 コメントも紹介されている。「エドワード・ヤンは『どうしたら私たちはこの社会で、他者とともに生きていけるのか』という問いを決して投げ出さなかった」と、本作を愛してやまないその理由とともに、「彼の映画にいつまでも敬意と愛を抱かずにおれない」と惜しみない賛辞を おくっている。


濱口竜介監督コメント
必然的に人間性を失わせるこの社会で、人はいったいどう生きていくのか。『恋愛時代』は希望を描き出す。深い絶望の後にしか訪れない希望を。エドワード・ヤンは「どうしたら私たちはこの社会で、他者とともに生きていけるのか」という問いを決して投げ出さなかった。彼の映画にいつまでも敬意と愛を抱かずにおれないのは、そのためだ。
――濱口竜介(映画監督)



監督・脚本:エドワード・ヤン 
出演:ニー・シューチュン、チェン・シァンチー、ワン・ウェイミン、ワン・ポーセン
原題:獨立時代 英題:A Confucian Confusion
1994 年/台湾/1:1.85/5.1ch/129 分 字幕翻訳:樋口裕子 日本語字幕協力:東京国際映画祭 
配給:ビターズ・エンド 
© Kailidoscope Pictures 
8 月 18 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ