FC2ブログ

記事一覧

6月6日6時、悪魔の日!映画『ヴァチカンのエクソシスト』実在した最強の悪魔祓いVS史上最悪な悪魔! 場面写真を一挙解禁



【ニュース】
「悪魔の日」にあたる 6月6日朝6時、「666」の不吉なタイミングで、身の毛がよだつような本編の一部を収めた場面写真が一挙解禁!!
数万回の悪魔祓いを行なった実在のエクソシストと、史上最も邪悪なサタンの壮絶な戦い――
真実の恐怖がここに――
物語の舞台となるのは、1987年7月――サン・セバスチャン修道院。アモルト神父はローマ教皇から直接依頼を受け、憑依されたある少年の悪魔祓い(エクソシズム)に向かう――。変わり果てた姿。絶対に知りえないアモルト自身の過去を話す少年を見て、これは病気ではなく“悪魔”の仕業だと確信。若き相棒のトマース神父とともに本格的な調査に乗り出したアモルトは、ある古い記録に辿り着く。中世ヨーロッパでカトリック教会が異端者の摘発と処罰のために行っていた宗教裁判。その修道院の地下に眠る邪悪な魂――。全てが一つに繋がった時、ヴァチカンの命運を握る、凄惨なエクソシズムが始まる――。



悪魔に取り憑かれた少年、ラッセル・クロウ演じる最強のエクソシスト!場面写真を一挙解禁!!
解禁となったのは、ただならぬ気配が漂う場面写真。邪悪な悪魔に取り憑かれ変わり果てた少年の表情は、本物の悪魔がいかに恐ろしく狂暴な存在なのかを物語る。また、そんな危険な存在に果敢に立ち向かうアモルト神父、彼を慕う若き神父トマース・エスキベルの姿を収めた写真も。




師弟関係をも窺わせる2人がバディとして、最強のサタンを前にどのような戦いを繰り広げるのか――。そしてまた、“エクソシスト版『ダ・ヴィンチ・コード』”と評される本作で、彼らが解き明かしていく謎とは一体どのようなものなのだろうか?!他作品とは一線を画す物語が幕を開ける。
 
監督を務めるのは、ジュリアス・エイヴァリー。監督2作目にして名匠J.J.エイブラムスとタッグを組んだ製作戦争アクション+怪物ホラー『オーヴァーロード』(2018)で頭角を現し、ハリウッド版『GANTZ』の監督にも抜擢されている注目株だ。エイヴァリーは本作について「世の中の98%のことは科学で説明がつくと考えているんです。でも説明がつかないことが2%残っています。その部分をこの映画で探究しています」と、本作で描かれるその2%にあたる本物の悪魔の存在こそが、人々の恐怖心を掻き立てると説明している。


主演は『ビューティフル・マインド』『シンデレラマン』などでも実在の人物を演じてきたアカデミー賞®受賞俳優(『グラディエーター』)の名優、ラッセル・クロウ。これまでも『グラディエーター』『マスター・アンド・コマンダー』などの超大作アクションからミュージカル映画『レ・ミゼラブル』まで様々なジャンルに出演してきたが、ホラー作品に主演するのは本作が初となる。クロウは自身が演じたアモルト神父について「ヴァチカンにはチーフ・エクソシストという職責が本当にあるんです。アモルト神父は36年間その任に当たり、何万回も悪魔祓いを行った実在の人物なんです」と、実在したエクソシストを演じるチャンスに魅力を感じたと話す。プロデューサーを務めたのは、アモルトの残した回顧録に魅了され、アモルトの偉大さを「エクソシスト界のジェームズ・ボンド」と熱弁するマイケル・パトリック・カツマレク。「アモルト神父が残した2 冊の回顧録は、彼が実際に行った何百件もの悪魔祓いの話や実例が詰まった宝箱。彼のビジョンを裏付けてくれる物語はいくらでもあり、映画の中で語ることのできる物語も無限にありました」と語っている。



原題: The Pope’s Exorcist
監督:ジュリアス・エイヴァリー​
ガブリエーレ・アモルト著「An Exorcist Tells His Story」および「An Exorcist: More Stories」に基づく
出演:ラッセル・クロウ(『グラディエーター』『ビューティフル・マインド』)、ダニエル・ゾヴァット(『ドント・ブリーズ』『イット・フォローズ』)、
アレックス・エッソー(『ドクター・スリープ』『セーラ 少女のめざめ』)、フランコ・ネロ(『ジョン・ウィック:チャプター2』『続・荒野の用心棒』)
作品公式サイト:https://www.vatican-exorcist.jp
7月14日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ