FC2ブログ

記事一覧

『戦慄のリンク』Lynn×細⾕佳正×三上哲による日本語吹替版を初お披露目!! Amazonプライムビデオほかにて配信スタート

【ニュース】
劇場公開された『戦慄のリンク』は、2017年ロシアで実際に起きた「⻘いクジラ事件(ブルー・ホエール・チャレンジ)」 をモチーフ に、“Jホラーの父”鶴田法男監督によって映画化されたもの。鶴田監督最新作かつ最高傑作のデジタル配信が、6月 14日(水)よりAmazonプライムビデオほかにてスタート。それに伴い、高い人気と実力を誇る豪華声優陣をキャスティン グした渾身の「日本語吹替版」が、初お披露目となった。

Lynn×細谷佳正×三上哲メインキャストには実力派声優が集結!!
ネットに掲載された小説を通して広がっていく不可解な連続自死事件──「ほん怖」「恐怖コレクター」の鶴田法男監督 が中国に招聘されて手掛けた、誰も予想しえない驚愕の結末を迎えるサスペンス・スリラーの魅力がさらにパワーアップ! 今をときめく実力派声優陣のキャスティングが実現!
ヒロインのシャオノア(スン・イハン)役を担当するは、「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のミオリネ・レンブラン役で熱い注 目を集めている Lynn 。数々の洋画作品のほか「glee/グリー」でレギュラー(マーリー・ローズ役)を務めるなど、洋画吹替えの経験も積んでいる。

シャオノアを助けるマー・ミン(演じるのは台湾の若手スター、フー・モンポー)役は、「クレヨンしんちゃん」野原せまし役、 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オルガ・イツカ役で知られる細谷佳正。DC作品の『ザ・フラッシュ』のフラッシュ (エズラ・ミラー)役、マーベル作品の『シャン・チー/テン・リングスの伝説』のシャン・チー(シム・リウ)役でもお馴染みだ。そしてマーベル作品『ドクター・ストレンジ』ほか数々のベネディクト・カンバーバッジ主演作で、カンバーバッチの吹替えを 務めてきた三上哲も参加。本作では、シャオノアとマー・ミンに意味深なアドバイスを送る心理学者・トン教授(チョウ・ ハオドン)役を務めている。


日本版吹替キャスト&監督コメントが到着


不可解な謎に巻き込まれるヒロイン シャオノア役:Lynn
シャオノアは自らある謎を解こうとしてどんどん巻き込まれていってしまうのですが、当然、怯えていたりビックリするシーンも多く、私自身は台本を読んでいるので何が起こるか分かっているのにも関わらず 怖がってしまうくらい、とにかく奇妙でゾワゾワしました。
アジアのホラーはリアルな描写も多く現実的に想像してしまうので本当に怖いなと感じるのですが、今作も全体に漂う冷たい空気感が大変恐ろしいです。
そしてアフレコ現場に鶴田法男監督が来てくださって直接ディレクションをいただいたので、監督が作られた作品本来の持ち味を、吹替版でもそのままお届けできるかと思います!


シャオノアと共に事件の真相に迫るマー・ミン役:細谷佳正
『戦慄のリンク』は高校時代に観た『リング』を彷彿とさせるものがありました! 現代の『呪い』はVHSじゃなくインターネットなのだなと...! ...VHSと書きながら、何だか自分がとても⻑く生きてきた気がして怖くなりました(笑)! コレも何かの呪いかもしれません! 吹替えを担当したマー・ミンという⻘年は、学校一の変わり者で都市伝説に詳しいキャラクターで、 『とある意味で手が早い人物』です。
その怖さも楽しんでご覧いただけたら嬉しいです!


若きふたりに助言を与える優秀な心理学者・トン教授役:三上哲
トン教授の吹替えをやらせていただきました三上 哲です。この作品は中国映画ですが、監督が日本の鶴田法男監督ということでジャパニーズホラー的なジワジワと恐怖が襲って来る感覚があります。またサスペンスとしても、この先がどうなるのか?というハラハラドキドキ感がある作品になっています。そして最後の結末は......?
ぜひ吹替版でも楽しんでいただければと思います。



2002年の子役時代のドラマ「瀕死体験」以来! 喜多村英梨&鶴田法男監督は21年ぶりの邂逅
ヒロイン、シャオノアの従姉妹で、最初に恐ろしい運命に見舞われるタン・ジン 役を担当するのは、「ガールズ&パンツァー」のダージリン役、「魔法少女まどか ☆マギカ」の美樹さやか役で人気を博す喜多村英梨さん。子役時代の2002 年に、オムニバス・ドラマ「愛と不思議と恐怖の物語 7人の監督がおくる7つの ショートストーリー」の一篇で、鶴田監督が手掛けた「瀕死体験」に出演! 実 に21年ぶりに、再び鶴田監督とのコラボレーションを実現。


吹替版の監修も務めた鶴田法男監督
中国製Jホラーという貴重な映画体験を、日本の多くの皆さんに届けたいという私の思いに超一流声優のLynnさん、細谷佳正さん、三上哲さんらが賛同してくださり、監督としてこれ以上の喜びはありません。また、子役時代に私の作品に出演してくだ さった喜多村英梨さんと再会できて最高の吹替版が完成しました。映画は文化の窓です。内容だけでなくお隣の大国、中国の謎の一部も垣間見える『戦慄のリンク』を、ぜひお楽しみください。










スタッフ
監督:鶴田法男 脚本:ヤン・ヤン 
原作:マ・ボヨン「她死在QQ上」
撮影:神田創 編集:須永弘志 美術:リー・チア 音響効果:大河原将 照明:丸山和志 音楽:小畑貴裕
キャスト
スン・イハン フー・モンポー
シャオ・ハン チャン・ユンイン ウォン・マンディ ハン・チウチ ジョウ・ハオトン 提供:三鷹オスカー/フィールドワークス
アメリカンビスタ 音声:北京語
映倫:G 原題:網路凶鈴 The Perilous Internet Ring 2020年/中国/96分
©2020伊梨大盛伝奇影業有限公司
Amazonプライムビデオほかにて、6/14(水)よりセル&レンタル配信スタート

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ